お問い合わせ
VR・360度
2020.07.28

100均に売っている100円VRゴーグルを使ってみた【ダイソー500円ゴーグルと比較】

100均に売っている100円VRゴーグルを使ってみた【ダイソー500円ゴーグルと比較】

こんにちは! 広報・メディア担当のたかはしです。

突然ですが VR(Virtual Reality)ってよくわからないし、まだまだ身近な気がしないと思っているそこのアナタ…!

 

実は100円で手に入るVRゴーグルがあるのはご存知ですか?

そう、今や100円ショップで! 100円で! VRゴーグルが手に入る時代なんです…。

 

かくいう私も今年4月に入社するまでほとんどVRに触れたことがなく、生活の中で意識をしたことがなかったのですが、近頃はエンターテイメントジャンルだけでなく、PRツールとして実写VRを活用する企業も増加。

 

Web上では様々なコンテンツが配信されていており、VRゴーグルも100円ショップで手に入る時代になったのです。

 

そこで今回は100円VRゴーグルの使用感をレポートします。せっかくなので以前ダイソーで手に入れた500円のVRゴーグルと比較してみました。

 

 

VRゴーグルってどんな種類があるの?

一口にVRゴーグルと言っても実は様々な種類があります。HMD(ヘッドマウントディスプレイ)と呼ばれる、頭部装着型の本格的なタイプは高画質かつ高い没入感を得られ、価格帯も数万円が相場です。「PlayStationVR」などは有名ですよね。

 

▶︎HMDについて詳しく知りたい方はこの記事もオススメ
4KでVRを楽しむことのできるHMDを紹介!【高画質VRゴーグル】

 

一方、弊社で制作しているVRゴーグルや、今回紹介する100円VRゴーグルは段ボールでできており、価格帯も数百円から。ダイソーで販売されているプラスチック製のVRゴーグルも500円で購入できます。

 

このように手頃な価格で手に入るものも発売されているので、ちょっと試してみたいという方でもVRは気軽に体験できるコンテンツなのです。

100均でVRゴーグルをゲットしました!

早速100円ショップに行き、店員さんに「段ボール製のVRゴーグルはありますか?」と聞いてみると…ありましたありました!
100円ショップに売っているVRゴーグルスマホグッズコーナーにて、シンプルなデザインの段ボールVRゴーグルが販売されていました。早速組み立てていきたいと思います。
100円ショップに売っているVRゴーグル2パッケージの裏面に組み立て方が丁寧に記載してあるので安心です。ハサミやセロハンテープなどの道具は一切必要なし! 簡単に組み立てることができました。

100円ショップに売っているVRゴーグル3
あっという間に完成しました。それでは早速YouTubeアプリからVR動画を選び、ゴーグルを試してみたいと思います。

■100均のVRゴーグルでジェットコースターを体験!

今回選んだ動画はこちら。私は絶叫が大好きなので、富士急ハイランドの人気ジェットコースター「ド・ドドンパ」のVR動画を視聴しました。

 

YouTubeアプリさえ無料ダウンロードしていれば、お使いのスマートフォンで見ることができますよ。

 

スマホでVR動画が見られないという方はこちらを参考にどうぞ。
▶︎スマホでYouTubeVRが見られない時の解決法【原因はこんなところに!?】

100円ショップに売っているVRゴーグル4動画の再生画面を表示して、VRゴーグルにセット!
100円ショップに売っているVRゴーグル5側面はこんな感じです。スマートフォンをセットし、差込口に突起部分を差し込むとしっかりと固定されます! 準備が整ったので、動画を再生っ。
100円VRゴーグルを体験中

しっかり360度見渡すことができ、ドドンパの疾走感を感じました…! そしてこの段ボールVRゴーグルはとても軽量で、腕に負担をかけずに色んな方向を見渡すことができました。
100円ショップに売っているVRゴーグル6
また機能面で嬉しいのが、ゴーグル下部に画面をタップできる操作窓があること。途中で停止や早送りをしたい時に、都度スマートフォンを取り外す必要がないんです。


使用してみて「まずは試してみたい!」という時にピッタリの価格と使いやすさだと感じました。現在はYouTubeをはじめ様々なVR動画を無料で視聴できますが、やはりゴーグルなしで再生してもVRを実感するのは難しいところ。

VR体験の最初の一歩を踏み出しやすいアイテムだなと思いました。

 

■500円VRゴーグルも試してみました

せっかくなので、以前購入したダイソーの500円VRゴーグルでも試してみました!こちらについては以前紹介した記事も合わせてご覧ください。

▶︎ダイソーに売っている500円のVRゴーグルを試してみた【感想】

100円ショップに売っている500円VRゴーグルHMDのようなデザインがかっこいいですね! こちらは組み立てなどは必要なく、スマートフォンをセットして頭に装着すれば、VRを楽しむことができます。

500円VRゴーグルを体験中こちらでも同じくド・ドドンパを体験しました!頭部に装着できるタイプなので、実際にジェットコースターに乗っているかのように両手を挙げてみました(笑)

自分の目の位置に合わせてレンズ位置を調節できたり、やはり100円ゴーグルよりもハイスペックな印象。

 

しっかりと目元にフィットしてくれるので、没入感も高いと感じました。

■100円・500円VRゴーグルのメリット・デメリットまとめ

二つを体験してみて、それぞれのメリット・デメリットをまとめました。

 

100円VRゴーグル

【メリット】
・組み立てが簡単
・軽量で腕への負担が軽い
・画面をタップできる操作窓がある

 

【デメリット】
・密着感はないため、隙間から外光が入る
・レンズとスマートフォンの距離の近さ
・両手が塞がってしまう

 

500円VRゴーグル

【メリット】
・ハンズフリーで視聴できる
・余計な光が入らず、没入感がある
・レンズ位置を調整できる

 

【デメリット】
・再生中に画面をタップできない

はじめてのVRゴーグルは100円ショップでゲットしよう

今回は、100円ショップで販売されている100円のVRゴーグルを体験してみました。実際に試してみて、初めてVRを体験する際に手に取りやすい価格・素材だと感じました。

まだVRを試したことがないけど興味があるという人や、おうち時間を充実させるアイテムとして取り入れてみるのもオススメです。

 

段ボールVRゴーグルはリプロネクストでも制作しており、オリジナルのデザインでのご要望にも対応しておりますので気軽にこちらからご相談ください。