お問い合わせ

五泉高校でVR授業を実施!【高校生と一緒に作るVRコンテンツ|vol.1】

こんにちは!広報・メディア担当の高橋です。

 

2020年6月9日(火)に、弊社代表の藤田が新潟にある五泉高等学校で商業科目「広告と販売促進」を選択している3年生に向けてVR授業を行いました。

 

高校生に向けての授業は、弊社としても初めてのこと。実は先生から以前ご相談をいただき、高校生と一緒にVRを使って五泉の地場産業であるニットの魅力をPRするプロジェクトを進めているんです!

今回の授業はその事前学習として、VRのこと・VRと広告の関係を知ってもらうべく実施されました。

 

今日はこのプロジェクトのことや、当日の授業の様子についてレポートしたいと思います!!

今後VRコンテンツができるまでの過程を随時レポートしていくので、チェックしていただけたら嬉しいです。

 

 

日本有数のニットの産地・五泉をVRでPR

新潟県・五泉市は日本有数のニットの産地として有名です。五泉高校で商業科目「広告と販売促進」を選択している生徒の皆さんは、これまで五泉の魅力であるニットのPRを様々な形で行ってきました。

昨年度は、ニットの日(2月10日)に合わせて2020年2月8日(土)〜10日(月)に開催された「GOSEN KNIT FES 2020」で高校生が工場見学バスガイドツアーを企画したり、ニットの残糸を使ったノベルティ制作を行ったそう。

 

ですが、今年度は新型コロナウイルスの影響で昨年度実施したバスツアー実施の見通しが立たないことなどもあり、工場見学をVRでプロモーションできないかと弊社にご相談をいただいたのです。

 

この科目を選択している生徒さんの多くは卒業後に就職を予定しています。就職前に「働くって面白い」「VRの仕事があるんだ」ということを知ってもらえたらという思いもあり、一緒にプロジェクトを進めさせていただくことになりました。

 

今後、VRでニット工場を案内するコンテンツを生徒の皆さんと一緒に制作し、地元の方はもちろん、VRというWEBコンテンツを通じて多くの方々に五泉ニットの魅力を届けられたらと思っています。

広告と販売促進×VRの授業を実施

コンテンツを作る前に、まずはVRの理解を深めてもらおう!と授業がスタート。代表・藤田も初授業ということで「めっちゃ緊張する(笑)」と生徒さんを目の前にするまでドキドキの面持ちでした。

 

VRゴーグルを使ってリアルな体験を

生徒さんには段ボールVRゴーグルを配布し、実際にVRを体験してもらいました。普段はスマートフォンはロッカーの中ですが、この授業は特別にスマートフォンOKに。

 

VRを体験したことがある生徒さんは少数でしたが、すぐにゴーグルを組み立ててしまうところやスムーズにコンテンツを閲覧する姿に「さすが現代の子だー…」と関心してしまいました(笑)

最初はVRジェットコースターを体験! 体を傾けたり後ろを振り返ったりしながらスリルを体感してもらえたようです!

 

また、カフェ選びを例に販売促進ツールとしてのVRも体験してもらいました。文字情報+写真のみのホームページと、VRを活用したコンテンツを見比べて、どのように情報が伝わるかを比較。VRを活用すると、よりリアルな店舗体験がweb上でできるということに気づいてもらえたら嬉しいですね!

 


授業の終盤には、VR工場見学撮影で実際に使う360度カメラを紹介しました。撮影時に人が映らないようにするポイントなど、通常のカメラとは異なる撮影時の注意点などをチェック。

これから生徒の皆さんは撮影当日に向けて工場を下見に行き、撮影のポイントや見せ方などを考えていきます。
どんなVRコンテンツができるかワクワクしますね!!

質問は「Slido」で随時受け付け

今回、生徒さんからの質問は匿名チャットツール「slido」を使って随時受け付けました。「いつから社長ですか」という質問や、「なんでVRに興味を持ったんですか」など色々な質問で埋まっていき、面白かったです。

皆さんしっかり質問していくれている……! と嬉しい気持ちになりました!

 

初のVR授業を終えてみて

今回が初めてのVR授業でしたが、弊社としても本当に貴重な経験をさせてもらうことができました。代表の藤田もいつか「そういえば、あんな授業があったな〜」とふとした時に思い出してもらえたら嬉しいと話していました。

 

生徒の皆さんに、広告の一つとしてVRコンテンツがあるということを知ってもらえるのは本当に嬉しいことです。昨年はバスツアーという形で届けていた五泉ニットの魅力がVRでどのように伝えられるのか、一緒に楽しみながら作っていきたいですね。

 

次回皆さんに会うのは撮影の日!どんなコンテンツが生まれるのか!? どんなアイデアが飛び出すのか!?

 

 

続編に乞うご期待!

 

高橋
高橋
広報・メディア
2020年4月入社。大学卒業後にUターンし、地方誌編集、企業広報を経て現在に至る。人の心を動かし、寄り添える広報を目指し奮闘中。お酒と新潟と音楽が好き。