お問い合わせ

VRでおすすめの音ゲー7選【心も体もリズムに乗れる!】

VRでおすすめの音ゲー7選【心も体もリズムに乗れる!】

〈最終更新日:2021年5月6日〉

VRはゲームやアニメなどのエンターテインメント系から、教育や観光などのビジネスシーンまで様々な分野でコンテンツが配信されていますが、エンターテインメント系の人気ジャンルに音ゲーがあります。

 

音ゲーとは「音楽ゲーム」の略で、楽曲やリズムを楽しむ、VRと好相性のゲームです。仮想空間の中に入り、楽曲に合わせて体や腕など全身を動かすのでエクササイズとしても遊べます。

 

現在は世界観や操作方法にこだわったVR音ゲーが数多く配信されており、注目を集めています。

今回の記事では、VRで人気の音ゲーを魅力とともにご紹介します。

 

 

他の音ゲーとは違う! VR音ゲーの魅力

VRを使った音ゲーは、一般の音ゲーと何が違うのでしょうか。

 

まず、没入感が異なります。一般的な音ゲーは目の前の画面に映し出された映像を見ながら音楽に合わせて動きますが、VRの音ゲーは視界が360度覆われたVRゴーグルを装着するので、異空間に入り込んだ感覚でゲームに没頭できます。

また、VR音ゲーの操作は基本的に「音楽に合わせて体を動かす」ことなので、ゲームの種類によっては全身運動にもなり、ストレス発散にもなります。

VRの音ゲーにおすすめ「Oculus quest2」

Oculus quest2

VR音ゲーの魅力についてお伝えしましたが、ここではおすすめのVRヘッドセットをご紹介します。
「Oculus quest(オキュラスクエスト)2」は2020年10月に発売されたVRヘッドマウントディスプレイで、Oculusシリーズの最新モデルです。前回のものと比べて軽量化され、音が全方位から聞こえるサラウンドになっているので立体的な音響を体験できるのが魅力。完全ワイヤレスなので専用アプリをセットし、ヘッドセットを付ければすぐ楽しめるのも嬉しいですね。

下記の記事では実際に体験したレビューをまとめているので、ぜひ参考にしてください。

 

■関連記事: 「Oculus Quest2」体験レビュー【Oculus Questと比較も!】

■Oculus quest2 公式ホームページはこちら

VRで人気の音ゲー7選

では早速、VRで人気の音ゲーを7つ紹介します。お気に入りを見つけて楽しんでくださいね!

1.Beat Saber


「Beat Saber」は、前方から流れてくるブロックをプレイヤーが持つ二本の剣で切って点数を獲得していくVRゲーム。発売から1か月で10万本を売り上げたという人気の音ゲーです。

 

ステージではブロックを切る向きにルールがあったり、壁を回避しなければならないなど、全身を使ってのゲームになるのでスタイリッシュな音ゲーを楽しみたい場合は最適です。Oculus QuestやPlayStation VRでプレイすることが可能です。

 

■Beat Saber 公式サイトはこちら

2.SEIYA

こちらのVR音ゲー「SEIYA」は、楽曲に合わせて飛んでくる歌詞や星をパンチしてメロディを奏でていくVRリズムアクションゲーム。楽曲プレイ中は手元のコントローラーをパンチする操作のみで、細かなボタン操作がなく初心者の方もすぐにプレイすることができます。

テンションが上がる楽曲と派手な演出で爽快なプレイができますよ。HTC ViveとOculus Riftに対応しています。

 

■SEIYA 公式サイトはこちら

3.Airtone

「Airtone(エアトーン)」は日本発のVRリズムアクションゲームで、レーンに流れてくるマーカーに合わせてコントローラーを振ったり、なぞったりして楽しむゲームです。

空を飛んでいるような疾走感のある映像と、ストーリー性のある世界観が特徴。プレイヤーはメインキャラクター「ネオン」の相棒のロボットとなり、ゲームの中でリズムを集めます。プレイ環境はHTC ViveとOculus Riftに対応しています。

 

■Airtone 公式サイトはこちら

4.Audioshield

こちらは音楽に合わせて前方から向かってくる弾を、弾の色に合わせた盾で受け止めていくリズムゲーム「Audioshield」。弾の色にあわせて腕を動かしたり、迫ってくる壁の回避で体を屈めたりするので頭を使いながら全身運動ができます。

 

こちらのVRゲームは、収録曲以外にもパソコンに保存してある楽曲や、YouTubeにアップロードされている曲でプレイできる機能が搭載されており、自分の好きな曲で音ゲーを楽しむことが可能。

HTC ViveやOculus Rift版がリリースされていましたが、2020年4月に日本語対応になり、Quest版もリリースされました。

 

■Audioshield 購入ページはこちら

5.SOUNDART

「SOUNDART」は2020年4月にリリースされたVRリズムアクションゲームです。

 

好きな楽曲を取り込んでプレイできることの他に、プレイヤーアバターをゲーム内に投影したり、プレイ動画の配信中にコメントをゲーム内に投影することができるなど多彩な機能があります。

自分の好みに合わせてゲーム画面を設定できるのが一番の魅力ですね。グラフィックにも凝っているので、映像も一緒に楽しみたいという方におすすめです。HTC ViveとOculus Riftで楽しむことができます。

 

■SOUNDART 購入ページはこちら

6.BEAT ARENA

こちらの「BEAT ARENA」は、VRで初めて音楽シリーズ「BEMANI」の楽曲をプレイできるとして2021年3月21日に発売されたVR音ゲー。

手前から流れてくるノーツに合わせて、タイミングよくコントローラーをタップしながら楽曲を演奏していきます。現在配信されている楽曲は4種類。今後のアップデートで順次追加されるとのことです。

 

ライブでは好きなアバターに切り替えたり、フレンドとセッションすることも可能なので、お気に入りの形でライブを盛り上げましょう!Oculus Quest、Oculus Quest 2に対応しています。

 

■BEAT ARENA 公式サイトはこちら

7.初音ミクVR

「初音ミクVR」は、バーチャルシンガー「初音ミク」の楽曲をVRで楽しむことができるVR音楽ゲームです。

操作方法はシンプルで、手前からくるノーツを楽曲に合わせてコントローラーでタップ。リズムよく操作し、高得点を目指しましょう!また、楽曲によって難易度が異なるので好きなレベルに合わせたプレイが可能です。

 

さらに「MVモード」では好きな楽曲を8つセレクトし、視聴することもできます。様々な遊び方が楽しめるのが嬉しいですね。対応プラットフォームは、Oculus Quest 2です。

 

■初音ミクVR 公式サイトはこちら

■初音ミクVR 購入ページはこちら

まとめ:VR音ゲーは、楽曲と空間の両方が楽しめる!

VRの音ゲーはこれまでの音ゲーと違い、自分が画面の中の世界に入ったような感覚でプレイすることができます。臨場感のある空間の中で音楽に合わせて体を動かすので、普段より没頭して楽しめそうです。

 

外出が難しい中でもお家の中で運動ができて、ストレス発散にもなるので今の時代にはぴったりのコンテンツかもしれませんね。VRの世界に入り込んで、楽曲と共に異空間を楽しんでみてはいかがでしょうか。

Lipronext編集部
Lipronext編集部
編集部
リプロネクストのサービスに関連するお役立ち情報などを日々配信中。

Webを活用した集客・採用・広報でお困りごとはありませんか?

まずはお気軽にご相談ください。
お客様の課題に寄り添ったご提案をさせていただきます。

※2営業日以内にご返信いたします