ブログ

実際のところGoogleストリートビューは集客につながっているのか?

当社は店舗に集客する業種であれば、基本的にはGoogleストリートビュー(室内版)、Googleマイビジネスへの登録は間違いなく行ったほうが良いと思っています。これがランニングコストがかかったり、毎日のように作業時間がかかるものであれば、費用対効果をしっかりと見極めないといけないですが、ストリートビューや月額費用0円ですし、マイビジネスは最初に登録してしまえばその後に難しい作業などはありません。また、より効果を出そうと思えばマイビジネスは写真の追加、口コミ数を増やす、投稿機能を活用するなどもできます。

Googleマイビジネスとは?

Googleストリートビュー(室内版)とは?

でも、実際に導入するならやっぱり集客効果が知りたいという方もいると思いますので、参考になりそうな情報と事例を集めてみました。

Googleが調査したデータ


Googleが調査したデータではGoogleストリートビュー(室内版)を導入したレストランやホテルは予約率が2倍に上がったそうです。2倍っていうのはあまりにわかりやすいデータ過ぎて私も怪しい(笑)と思いましたが、しっかり第三者が調査して表されたデータのようです。

Googleストリートビュー(室内版)を掲載することでユーザーの関心度が高まり、文字情報のみで構成されているページに比べて、予約数が2倍になりました。また、18~34歳のユーザーでは、Googleストリートビューを見た後に予約する可能性が130%高くなっています。Googleが地域のビジネスへの関心度の向上にバーチャルツアーが与える効果を把握するため、ホテルとレストランの予約に焦点を当て、20157月に実施した1,201名を対象にアンケートしたものです。

ページビュー数の増加

 


九州地方にある喫茶店の事例ではストリートビュー掲載前後で特に大きな変化がありました。導入前にはPV数が月に約900前後だったのですが、ストリートビュー導入後にはなんと16倍の15,000PVになったそうです!

 

外観がすごくキレイで目立つので、「中はどんな雰囲気なんだろう?」と思っている方が多くいたのだと思います。
私も気になるお店があったらすぐに入らずに口コミや写真をついつい見ちゃいます。

 

費用対効果で考えてみる

「上記のような喫茶店は特別な事例でしょ?」「やっぱり掲載しても効果がなかったら嫌だ」という方もいると思いますし、実際に目に見えて効果が現れる事例ばかりではありません。そもそもお店に来て「Googleストリートビューを見てきました!」って人はいないと思います。
当社としてはそういう方がいると紹介が楽なのですが…
(みなさんお店を予約する時には「ストリートビューを見て来ました!」と言ってください)

では実際に費用とその効果を計算してみたいと思います。当社がGoogleストリートビュー(室内版)の導入をお手伝いした場合には1店舗50,000円〜(店舗がサイズによります)です。例えば、居酒屋で考えてみると費用がかかるのは最初の50,000円だけでその後のランニングコストは一切かかりません。

導入した居酒屋の店内の売りは個室だとします。カップルでの利用や落ち着いた雰囲気で飲みたい方にはぴったりです。
こういった方がストリートビューの導入によって月に1組増えたとします。

・月に1組(2名)×@4,000円(平均飲み代)=8,000円

・1年間で12組×@8,000円=96,000円

ものすごく簡単な計算で原価も無視していますが、売上だけ考えれば1年で元がとれます。また、これからピークを迎える送別会や歓迎会など会社のイベントでの予約であればたった1件決まっただけでも20名×@4,000=80,000円です。

そしてなんと言ってもランニングコストが不要なので、これが2年目も3年目も続くと考えるとチャンスはどんどん広がります。
他にも、名刺やチラシへの掲載やSNSで拡散できたりなどお店によって活用方法が色々あります。

 

お店の集客を増やしたいけど、何をしたら良いの?という方は是非、ご参考にしてみてください。

 

リプロネクスト公式LINE@の友だち登録もお願いします。
友だち追加

関連記事

ページ上部へ戻る