お問い合わせ

SNS広告の特徴や、他の広告媒体との違いを詳しく解説!【初心者向け】

SNS広告の特徴や、他の広告媒体との違いを詳しく解説!【初心者向け】

みなさんはSNSを活用していますか?
近年はプライベートなシーンだけでなく、ビジネスシーンでもSNSの活用が目立ってきていますね。企業でも必ず公式SNSアカウントが存在し、そこで働く個人も、組織と紐づけてSNSを運用していたりします。また、社内コミュニケーションツールとしての活用も増えてきています。

 

プライベートだけでなく、仕事の時間もSNSを閲覧するようになり、ますますSNSというものの重要性が高まっています。
今回は、そんなSNSにおける広告について、初心者の方にもわかりやすく丁寧に解説していきます。

 

SNS広告の特徴を他の広告媒体との違いを交えてご紹介。今後のPR・広報活動の参考にしていただけたら嬉しいです。

 

 

SNS広告とは?

SNS広告イメージ
SNS広告とは、その名の通り、SNS(Social Networksing Service)上で配信される広告のこと。主にInstagramやFacebook、Twitterなどのプラットフォームにて活用されています。

 

例えばInstagramを閲覧していると、友達ではないアカウントの投稿が流れてくる時がありませんか?まさしくあれが、SNS広告なのです。

 

SNS広告は他の広告媒体と異なる特徴をいくつか持っています。これからそのあたりを解説していきます。

SNS広告の特徴と他の広告媒体との違い

前述したとおり、SNS広告は他の広告媒体と違う部分がいくつかあります。違いにも触れながら特徴をお伝えします。

1.緻密なターゲティングが可能

SNS広告の特徴として代表的なものがこちらです。SNSを利用するユーザーは、自分のプロフィールを登録します。したがって、年齢や住所、職業、趣味、好きな音楽…など、非常に細かい情報を基に、ターゲットとしている人に届くように設定することが可能なんです。

2.可視性が高い

他の広告媒体では、その広告が掲載されているモノのメインの場所ではないところに表示されることが多いです。

 

しかし、SNS広告であれば、各ニュースフィードに広告を流すことができます。ユーザーにとっては友達の投稿と別の友達の投稿の間に、広告が入り込むことになるのでほとんどの場合、広告を目にすることになります。

ニュースフィードというメインコンテンツが流れる場に広告が表示されるということが可視性の高さにつながっています。

3.潜在的なニーズへのアプローチに適している

SNS広告はニュースフィードに流れていくというのが、この部分にもつながっています。

 

例えば、Google検索などに連動して表示される「リスティング広告」の場合、すでにユーザーが「検索」というアクションを起こしています。そういったユーザーは既に関連する商品等に対する関心が高い状態になっているので、購入までの一押しをする広告となります。

 

しかし、SNS広告はニュースフィードで流れていく広告なので、配信された人全員が自社商品に興味がある状態ではありません。

ターゲットの潜在的なニーズを刺激することで、新たな層を開拓してくことに向いています。

4.広告自体が拡散される可能性がある

こちらもSNS広告ならではの特徴ですが、SNSには「シェア」や「いいね」機能があります。広告をユーザーが拡散してくれるというケースはこれまで稀でしたが、SNSは気軽に「シェア」や「いいね」ができるので、拡散可能性はかなり高い広告です。

SNS広告を検討する際に注意したいこと

上記のような特徴を持っている、非常に魅力的な広告媒体ですが、SNS広告を検討する際に注意したいことがいくつかあります。

 

1.目的を達成する手段としてSNS広告が最適か考える

これは本当に基本中の基本ですが、目的を達成する手段として果たして本当にSNS広告が最適なのかということを考えるのは必須です。

 

高い効果を見込めるSNS広告とはいえ、戦略もなしにとりあえず出稿してもその後、改善することができません。戦略を練ったうえで、随時改善していくことでその後の広告運用にもつながっていきます。

2.適したSNS広告プラットフォームを選ぶ

SNSプラットフォーム
SNSプラットフォーム(Instagram,Twitter,Facebook…など)によって、登録しているユーザーの属性や、雰囲気は全く違います。

どのSNSプラットフォームに、自社が届けたい層の人がいるのか、どのSNSプラットフォームが自社の商品の雰囲気とマッチするのかということも、非常に重要な観点になってきます。

3.ターゲット・プラットフォームに合わせた広告を投稿する

プラットフォームを選んだら、そこで、どのように投稿したら届けたい人に届き、目的を達成することができるのかという戦略を練る必要があります。それぞれのプラットフォームごとに、#タグや画像投稿のしかた等、様々な工夫やテクニックがあるので、他の投稿を参考にしつつ、いろいろと試しながら精度を高めていきましょう。

まとめ:SNS広告は、潜在ニーズを刺激するさりげない広告

いかがでしたか。
なんとなくやってみるのではなく、SNS広告にはどんな特徴があるのか、そしてそれを踏まえた上で、自社の商品をどのようにPRしていくのかということを考えながら試行錯誤していくことが大切かなと思います。

 

さりげなく、消費者の心を刺激していくSNS広告。
SNSを閲覧する際も、これを出稿した人はどんなことを考えて広告を打っているのかなと考えてみるとまた新たな発見があるかもしれませんね。

Webを活用したプロモーションでお困りごとはありませんか?

まずはお気軽にご相談ください。
お客様の課題に寄り添ったご提案をさせていただきます。

※2営業日以内にご返信いたします

Lipronext編集部
Lipronext編集部
編集部
リプロネクストのサービスに関連するお役立ち情報などを日々配信中。