お問い合わせ

初心者必見! オウンドメディアの作り方【まず最初にやるべきことは】

初心者必見! オウンドメディアの作り方【まず最初にやるべきことは】

集客や採用、ファンづくりを目的に最近「オウンドメディア」に注目する企業が増えてきています。

オウンドメディアを取り入れたいと考えていても、何から始めたらよいかわからない方も多いのではないでしょうか。

この記事では、オウンドメディアを始める前にやるべきことについて紹介していきます。
オウンドメディア初心者の方向けの記事になっているので、導入を考えている方は是非参考にしてください。

 

 

オウンドメディアとは

マーケティング活動におけるメディアの種類には、オウンドメディア、ペイドメディア、アーンドメディアの3つがあり、オウンドメディアとは自社独自のものを企業自ら運営・発信するメディアのことを指します。

 

例として、自社のホームページ・ブログなどのWeb媒体や、フリーマガジンなどの紙媒体があり、特にWeb媒体を使ったオウンドメディアは導入する企業が増えているマーケティング方法になります。

 

それではなぜ、Webを使ったオウンドメディアを始める企業が増えてきたのでしょうか。
大きな利点としては、自社の運営するサイトが資産となることが挙げられます。

例えばペイドメディアは、費用をかけて一時的な集客を得ることができますが、オウンドメディアは低コストでコンテンツを配信でき、独自性のある情報を多くの人に提供することでコンテンツが資産化し、継続的なアクセスを期待することができます。

 

また、自社で運営しているため情報のコントロールがしやすく、サイトの管理がしやすいのも特徴です。

オウンドメディアを始める上でやるべきこと

コンテンツを多くの人に見てもらうためには、質の高いものをユーザーへ提供していくことが大切になります。そのために必要なことにはどのようなものが挙げられるでしょうか。

ここでは、導入前にやるべき大切なポイントを5つ紹介していきます。

1.目的、ターゲットを決める

どんな媒体でも作る目的とターゲットが存在します。
例えば旅行雑誌は、旅行先について知ってもらう目的で旅行を考えている方へ観光地などを紹介することが一般的です。

何のために作るのか、どんな人に見てもらうのか、と目的とターゲットを曖昧にしたまま進めてしまうとゴールが分からなくなり、「何のために作っているのか?」と疑問の出る原因になるので、それぞれを明確にして制作をスムーズに進められるようにしましょう。

2.コンテンツのジャンルを決める

次に、どのようなジャンルのコンテンツをユーザーへ届けるのか考えていきます。
コンテンツのジャンルを決めることにより、どのようなメディアなのかということをユーザーに届けやすくなると同時に、制作も進めやすくなります。

 

例えば、1で決めた目的が「採用」であれば、職員インタビューや社内の様子を届けるようなコンテンツが必要になるでしょうし、「集客・売り上げアップ」が目的であればサービスや商品に関連する記事が望ましいでしょう。このように、1の目的・ターゲットを決めた上でコンテンツのジャンルを決めていくとスムーズに進められるでしょう。

3.制作体制はどうするか

コンテンツの制作をどのようにして行うかも最初に決めておきましょう。
制作体制としては、社内での制作やプロのライターに依頼するなど方法は様々ですが、いずれにしても継続してコンテンツを更新し続けることが必要です。

 

社内で当番制にした場合、オウンドメディアについてのノウハウを蓄積できるとともに予算の面でもメリットが大きいですが、そのための人員の確保も必要となります。

 

一方で、ライターに依頼する方法はプロに制作を依頼することでクオリティ面の安心感がありますが、スケジュール管理やコスト面、また社内にノウハウが溜まりにくいなどの点もあるので、社内の状況に合わせて慎重に決めることが求められます。

4.集客方法を考える

記事を作成して公開しても、立ち上げた当初は誰もオウンドメディアを知らないため、アクセスを集めることは難しいです。そこで集客のための対策が必要になります。

 

オススメなのは費用をかけずに始められるSEO対策です。コンテンツのジャンルに添ったキーワードを設定し、そのキーワードに合わせてユーザーが求める情報を届けることで、検索結果で上位表示されユーザーに見つけてもらいやすくなります。

 

また、広告媒体やSNSの活用も拡散力があり、ユーザーにオウンドメディアについて周知するきっかけとなるので上手に活用していくことで集客を図ることが期待できます。

5.効果測定の方法を決める

オウンドメディア分析のイメージ

最後に、コンテンツを制作した後の改善に役立てるために効果測定の方法を決めておくことが大切です。

コンバージョン(最終的な成果)の状況、サイトへのアクセス数やユーザーの動きについても、アクセス解析機能やチャネル分析(ユーザーがサイトへたどり着くまでの経路)を活用するなどして、目的に合わせた方法を選びましょう。

 

オウンドメディアを始めるということは同時に分析をして改善をすることが重要になってくるので、ユーザーの反応を確認しながら進めていきましょう。

まとめ:まずは目的を明確にしてオウンドメディア制作を始めよう

いかがでしたでしょうか。今回はオウンドメディアを始める際に最初に知っておいてほしいことを紹介しました。

 

初心者の方でも必要なことを理解し進めていくことで、着実にユーザーを集めていくことができます。

 

制作時はユーザー目線になることを忘れずに、目的を明確にした上で進めてみてください。

 

今回の記事がオウンドメディアを初めて導入する方の参考になれば幸いです。

Webを活用したプロモーションでお困りごとはありませんか?

まずはお気軽にご相談ください。
お客様の課題に寄り添ったご提案をさせていただきます。

※2営業日以内にご返信いたします

Lipronext編集部
Lipronext編集部
編集部
リプロネクストのサービスに関連するお役立ち情報などを日々配信中。