お問い合わせ

LIPRONEXT BLOG

リアルを届けるWEBマーケティングの

情報を紹介します

VR・360度
2019.10.28

MMD VRとは?【アニメ好きにはたまらないVR動画】

日本の文化といえば、「アニメ」ですよね。海外でも「クール・ジャパン」と高い評価を受けています。
いま、そんなアニメの楽しみ方が様々な進化を遂げているんです!その一つがMMD VRです。今回はMMD VRがどういったものなのか、そしてどんな機能があるのかということをご紹介したいと思います。

 

3DCG製作ソフトMMD(MikuMikuDance)とは?

 

『MikuMikuDance』(みくみくだんす)は、「樋口M」こと樋口優氏が個人で開発し、自身のウェブサイト「VPVP(Vocaloid Promotion Video Project)exit」で無償公開しているフリーの3DCGムービー製作ツールです。
YouTubeにもMMDで制作された動画が多数投稿されており、大変盛り上がっているんです。その魅力は何と言っても、アニメキャラクターが動き、踊っている姿をすぐ近くで見ることができるということ。アニメキャラクターが目の前で自分だけのためにライブをしてくれているような気分を味わうことができるんです。

鑑賞ソフトMMD(MocuMocuDance)とは?

MMD(=『MocuMocuDance』)とは、Oculus RiftまたはHTC Vive (Steam VR)を用いて「MikuMikuDance(3DCG製作ソフト)」のモデルデータやモーションデータファイルを再生表示して観賞するアプリケーションです。これを使用することで、3DCGムービーをより楽しむことができるんです。「MikuMikuDance」の本格VR視聴用サービスと考えるとイメージしやすいかもしれません。

MMD(MocuMocuDance)の機能


ここからは、MMD(MocuMocuDance)のすごい機能をご紹介していきます。
実は、ただキャラクターが動いてるところをVRで鑑賞できるだけではなないんです。もっとアニメキャラクターを身近に感じれるような機能がたくさんついています。

 

①キャラクターに触れられる

出展:Vrai

LeapMotionを使用することによって、自分の手の動きを画面上に表示しキャラクターを触ることが可能。髪や服を触ると、本当に触っているかのように自然に揺らめくんです。これは本当に自分がアニメの世界にいるんだと勘違いしてしまうほどリアルで、面白い機能だと思います。

 

②キャラクターの視点になれる。キャラクターの手を動かせる

出展:Vrai

さらには、自分の①にキャラクターをロードすることで、そのキャラクターの視点を体感することもできるんです。なので、アニメの世界の街並みをそのキャラクターの視点に立って歩き回ることや、さらにLeapMotionを使用することでそのキャラクターの手を自分の手かのように動かすこもなんかも可能。
キャラクターの世界にいるだけではなく、そのキャラクターになり切ることもできてしまうんですね。

 

③好きな大きさ、好きなポーズをとらせられる

また、ボーンを回転操作し自由にポーズをとらせることも可能。サイズも変えられるので、ペットのように小さくしたり、見上げるほど大きくすることも。
人それぞれ、そのキャラクターを躍らせてみたり、ディスプレイしてみたりと様々な楽しみ方ができそうです。

YouTubeで手軽に見れるMMD(MikuMikuDance)VR人気動画のご紹介

MocuMocuDanceのソフトが無くてもMMDで製作された動画を手軽にYouTubeで見ることができます。最後に、手軽に視聴できるMMD動画を少しだけご紹介します。

【初音ミク】Decade feat.Hatsune Miku【Original 360 MV】


こちらは初音ミクちゃんが、自分だけの特設ステージで歌とダンスを披露してくれているような動画です。動きも滑らかでリアル。表情の細部までこだわって制作された動画なんだなと感じます。

360 3D 4K | MMD 気まぐれメルシィ 【VR】艦これVer


アニメ「艦隊これくしょん-艦これ-」のキャラクターがダンスをしています。スカートの揺れ方や髪の毛の揺れなど、本当にリアルですよね。5人が目の前に近寄ってきたとき、思わずドキッとしてしまいますね。

【5KVR】【VR180】モザイクロール(side A)【VRMMD】【Sour式初音ミク】


こちらも初音ミクちゃんですが、少し質感が違いますね。そして高画質で美しい映像。さらに黒&絶妙な光の使い方でとてもかっこいいです。

まとめ:アニメの世界に入れる時代に!

いかがだったでしょうか。アニメの世界に入り、キャラクターに触り、さらにキャラクターの目線でその世界を歩くことができるなんて、アニメ好きからしたらたまらないですよね。