お問い合わせ

SNS広告のデメリットとは?【SNS広告には高い専門性が必要!?】

SNS広告のデメリットとは?【SNS広告には高い専門性が必要!?】

若手を中心に多くの人が利用しているSNS。そんなSNSには企業も注目をしており、FacebookやTwitterで広告運用をしている会社も多くなっています。

 

しかし、SNS広告が他の媒体と比較した際にデメリットとなる点もあります。この記事ではSNS広告のデメリットを紹介していきます。

SNS広告を運用する方はデメリットを理解した上で広告配信を実施しましょう。 

 

SNS広告のメリットを徹底解説!【今後はSNS広告が主流に!?】

 

SNS広告とは?

SNS広告はFacebookやTwitterのタイムラインやプロフィール欄に表示される広告のことです。ユーザーが広告をクリックすると自身のホームページやランディングページに移動。そこから物販やメルマガ登録などをユーザーに訴求することが可能となります。

 

SNS広告は細かいターゲティングが可能となる点や広告が拡散されて多くの人にリーチできるというメリットがある半面、リーチできる年齢層が限定されたり、利用するSNSの特徴を把握していなければ期待したような効果を得られない可能性もあります。

 

しかし、ターゲットの属性を理解し、広告運用の注意点を押さえておけば効果的な広告手段であることは間違いありません。SNS広告を運用する場合には、SNS広告のデメリットや注意点を押さえてから運用をすることが重要となるのです。

SNS広告のデメリット3つ紹介

SNS広告の運用をするにはデメリットを正確に理解しておくことが重要です。ここではSNSのユーザー属性とリーチできる年齢層、 それぞれの媒体の特徴について解説していきます。

 

1.ユーザー属性を見極める必要がある 

SNS広告を運用する際のデメリットの1つ目はユーザー属性を見極める必要がある点です。SNSは媒体によってアクティブユーザーの属性が違うため、自分がリーチしたいターゲットが明確でなければ期待した効果を見込むことができません。

「3月のソーシャルメディア最新動向まとめ」によると媒体毎の利用者の違いは明らかです。

 

Facebookを利用している人は40代が最も多く、次いで50代、30代の利用者の順番になっています。それに対してInstagramを確認すると、利用者が最も多いのは20代となっており、Facebookとは利用者層が異なることが分かります。

そのため、20代の人に向けた商品を販売したい場合はFacebookで広告運用をしても期待した効果が得られない可能性も考えられるのです。

上記以外にもLINEやTwitterなどSNSには数多くの種類があります。それぞれの媒体を利用する前にユーザーの属性を見極めることは重要でしょう。

 

2.高めの年齢層にはリーチしにくい 

SNS広告の2つ目のデメリットは高めの年齢層にはリーチしにくいということです。SNSの利用者で平均年齢が比較的高いのはFacebookですが、Facebookでも60代以上の利用者となるとその数は大きく減少します。60代の利用者は約30%にしかなりません。

高齢者の中にはネットを利用することへの抵抗感がある方や、使い方が分からずにSNSを活用していないという方が数多くいらっしゃいます。そのため高齢者に対して商品を販売したいという場合はSNS広告は向いていない可能性が高いです。

 

高齢者にリーチする媒体としては依然として新聞や雑誌、DMなどの紙媒体が有力な手段となっており、年齢に応じて媒体を変更するのも有力な手段と言えるのではないでしょうか。

 

3.各SNSの特徴を把握したうえで運用する必要がある 

SNS広告には媒体によって特徴があり、その特徴を把握した上で広告運用をする必要があります。

 

例としてInstagramを考えてみると、Instagramの広告は画像が大きく表示されます。そのため、ユーザーに対して文章で説明する広告は向いてないです。Instagramと相性がいいのはきれいな肌の写真が撮れている美容案連などの商品。写真と相性の良い商品はクリック率も上がるため、費用対効果も高まります。

 

逆にTwitterは画像1枚に対して140文字以内でユーザーに訴求することができ、文字が中心の広告と言えます。ある程度文章で説明してからユーザーに関心を持ってもらう商品との相性が良いです。

 

上記以外のSNSサービスであるFacebookやLINEでもそれぞれで特徴が異なるため、宣伝する商品と媒体の特徴に相関性があるのか十分に検討した上でどのSNSを利用するのか検討しましょう。

SNS広告のデメリットを理解した上で効果的な広告運用をしよう

この記事ではSNS広告とはどのようなものかについてや、SNS広告のデメリットについて解説しました。SNS広告のデメリットとしては、媒体によってユーザーの属性や特徴が異なること、高めの年齢層にはリーチしにくいことなどが挙げられます。

 

しかし、デメリットを理解した上でSNS広告を運用することができれば、大きな効果を期待できることは間違いありません。SNS広告のデメリットを理解し、効果的な広告運用を実施するようにしましょう。この記事がこれからSNS広告を運用したいと考えている方の参考になれば幸いです。