お問い合わせ
Google
2020.03.20

Google Mapsのおもしろい使い方を10個紹介【基本〜応用編まで全部知っていますか?】

地図アプリとして多くの方が利用しているGoogleマップ。Googleマップには目的地までのルートを表示するだけでなく、様々な機能が備わっています。

 

この記事ではGoogleマップの便利な使い方10選を紹介します。多くの人が知らない面白い機能が多いので、この記事でGoogleマップの様々な使い方をマスターしましょう。

 

Googleマップとは?

Googleマップはスマホやタブレット、パソコンで利用可能な地図アプリです。

多くの人はスマートフォンのアプリとしてGoogleマップをダウンロードし、歩きながら周辺情報の確認をしたり、ナビゲーション機能を利用して、目的地までの行き方を調べたりするのが一般的な使い方となっています。

Googleマップの面白い使い方を紹介!

Googleマップには地図機能を活用した様々な面白い使い方があります。ここではGoogleマップの面白い使い方10選を紹介します。

1.電車やバスの運行状況を追跡する

Googleマップの新機能として公共交通機関の運行状況を追跡できるようになりました。Googleマップのアプリを開き、目的地を入力。その後経路のボタンをタップし、公共交通機関を選択すると次の電車やバスの到着時間が分かります。

さらに電車やバスに乗っている際には乗換駅や降車駅になると通知が届くため、乗り過ごしを防ぐこともできます。

2.自宅や職場などを登録できる

Googleマップは目的地までのルートを選択する際に、現在地から目的地までのルートを表示します。

目的地については住所や施設名を入力したり、目的地を地図上でタップする必要があり面倒に感じることもあると思います。

そこで、Googleマップにあらかじめ自宅や職場などよく通う場所を登録しておけば、目的地入力の手間を減らすことができます。この機能を利用するにはGoogleマップへのログインが必要となるため利用方法には注意しましょう。

3.ストリートビューで探索する

目的地の周辺の建物や道の様子を確認したいという場合はGoogleマップからストリートビューを開くことができます。ストリートビューとは世界中の道路沿いの風景をパノラマ映像で確認することができるサービスです。ルートできだけでなく、周囲の風景も確認できるということで、特に初めての場所に行く際には安心です。

4.道路の混雑情況を調べる

道路の渋滞情報も取得することが可能です。地図表示切り替えボタンから交通状況を見ることができるんです。リアルタイムの混雑状況がわかりやすいように道路に色づけされていますね。ちなみに、緑:混雑していない、黄:少し混雑している、赤:渋滞しているの3種類に分けることができます。

5.タクシーを呼ぶ

 GoogleマップからはUberもしくは、全国タクシーの配車をすることができます。これはGoogleマップで目的地を検索して、それぞれのタクシー会社のアプリを開くことで、目的地がの設定が継続されるという仕組みになっています。この機能を利用すれば手間のかかる目的地の入力を省くことができ、ユーザーにはうれしい機能です。

6.施設の混雑状況を調べる

Googleマップでは自分が行きたいお店の混雑状況だけでなく、混雑する時間まで確認することができます。操作方法は行きたい施設をタップし詳細情報を確認するだけ。また、観光地などは平均の滞在時間まで表示されるため、かなり有益な情報を得ることができます。

7.お気に入りの場所や行ってみたい場所のリストを作成する

お気に入りの場所や自分が行ってみたい場所を地図上に保存しておき、後から確認できるのもGoogleマップの便利な機能の1つ。保存方法も簡単で気になった場所をタップして、保存ボタンを押すだけです。さらに自分の行きたい場所をリスト化しておけば、思い立った時にすぐにルートを表示させることができます。

8.近くで開催されるイベントをチェックできる

Google Mapsアプリの「スポット」から「イベント予定」をチェックすることができます。「今週どこにお出かけしようかな〜」と悩んだらわざわざ検索する必要がなく、Google Mapsを開けばすぐに良いところが見つかるかもしれません。

9.リアルタイムの現在地を送信する

リアルタイムの現在地を送信する機能は待ち合わせの際等に便利な機能で、相手に自分がどこにいるのか知らせることができます。リアルタイムの現在地送信機能を利用するには事前に相手のGmailアドレスをGoogleコンタクトに登録する必要があります。Googleコンタクトに追加しておけば、後はアイコンボタンから現在地の共有をタップ。ユーザーの設定を行い、場所をシェアすることができます。

10.ARで目的地まで間違わずに行ける

地図アプリを使っているのに道を間違ってしまうってことはありませんか?そんな方向音痴の方には大助かりの機能が「ライブビュー」です。現在値から経路案内をしてライブビュー使うことで周辺の建物から目的地までを案内をしてくれます。

Googleマップを最大限に活用しましょう!

Googleマップのおもしろい使い方を10個紹介しましたがいかがだったでしょうか?
全部使ったことがある方は、Googleマップマスターですね!!

 

Googleマップは、日々新しい機能がアップデートされているので、アプリを開いて見た目が変わっていたり「New」と記載してあったりしたら、是非触ってみてくださいね。