お問い合わせ

社長ブログ

リプロネクストの社長ブログ

コンサルの方と契約した理由

今月から会社でコンサルの方と契約をしましたので、なぜ契約したか?について共有していきたいと思います。(ちなみにコンサルと契約したのは社員も知らない情報なので、このブログを読んでくれた人だけの情報です…笑)

 

コンサルタントはWikipediaを見ると、

コンサルティングを行うことを業としている個人もしくは法人のこと。 コンサルと省略されることもある。 企業の財務諸表を読んで改善点を経営者に指摘または指導し、業績を上げるための改善を手伝う人、経営者にアドバイスをする人、もしくは法人のことである。

 

とありますが、要は経営者のサポートをする人ですが、周りの経営者と話していると「コンサルは怪しい」とか「コンサルに頼んだのに会社の業績上がらない」などコンサルについてマイナスのイメージを持つ人が多いように感じます。

 

1つ自分の考えを表すとそもそも外部の人に仕事をお願いする時に「お金を払っているんだから成果を出せ」という態度の人は、広告でもコンサルでも結果は出ないです。それで結果が出るなら全ての会社がお金を払っているはずなので。

コンサルに依頼した理由は2つ

全ての結果は自分の責任だと思っていますが、それでもコンサルの方に依頼する理由は2つです。

1.起業して3年が過ぎてブレーキを踏まないように

最初の理由は起業して3年間を振り返ってみて、どこかで自分の中に慣れを感じている気がしたからです。起業当初はお金も経験もなくて「とにかく行動するしかない」と思ってがむしゃらに仕事をしていました。

 

その行動力は、成功か失敗するか全く見えていない状態は、何も動かないと会社は当然続けられないし、自分の生活もギリギリの状態だったので必死でした。

 

では、今が必死じゃないか?というとそんなことはなくて、今も会社の売上を確保できるか?社員のマネジメントがうまくいくのか?今後も会社を継続できるか?と考えると不安で夜中に目が覚める時もあります。

 

でも、「それって本当の危機感なのか?」とも考えるようになりました。

 

言葉では焦っていると言いながらも今日1日本当にやりきっているのか?と考えてみると、どこかで「何とかなるだろう」とか「目標は達成できら良いな」という甘い気持ちが見え隠れしている気もしました。

 

改めて自分は「社会を変えていきたい」と思うようになったので、その気持を行動に移すためにコンサルの方にお願いすることで前に進めると思っています。

2.いつか一緒に仕事してみたいと思っていた

もう1つの理由は、今回コンサルをお願いする人は起業当初に色々と相談をしてもらった方で当時から「いつかこの人と一緒に仕事したいな」と思っていました。

 

今は転職をして違う違う仕事をしているのですが、それでも「コンサルお願いできないですか?」と相談をして今回の相談が実現しました。

 

4年前から考えていたことなので、一緒に仕事ができることが本当に嬉しいです。

リプロネクストはまだまだ成長します

これまで経営者としては、自分1人でどうしても自分の能力や気持ちに会社の動きが左右されていましたが、今後はコンサルの方と一緒に日々改善をしていくので、ここからアクセル全開で突き進みます。

 

今月中には事務所の移転もありますし、採用活動でも一緒に働きたいと思った方がいましたし、社内でも組織づくりに着手しています。

 

もし、少しでもリプロネクストに興味いただいた方は、今後の採用2~3名は創業メンバーという気持ちで迎え入れるので是非、気軽にお声がけください!これからますますおもしろくなるのでチャンスだと思います!

 

採用フォーム