お問い合わせ

社長ブログ

リプロネクストの社長ブログ

経営・戦略
2019.08.30

マーケティングの最初にやるべきことは事例をつくること

7月頃から会社に問い合わせが増えてきてありがたいことに日々の仕事終わらない状態になっています。(スタッフが増えてきているので仕事を振り分けるのでサービスの質は落とさないようにします!)

最近、あった問い合わせの一つに「YouTubeにアップされているVR動画を拝見しました。このイメージを変えたVRコンテンツを制作したいのですが可能でしょうか?」という内容が来ました。

まだ、仕事が決まったわけではありませんが、全国展開をしている会社で受けることができればかなり大きな案件です。

今回言いたいのは、「仕事の問い合わせが来て嬉しい!」ということではなく、このお客様にご覧いただいたVR動画は、起業して半年くらいで制作したものでした。今見ると、VR動画のクオリティも低く、改善したいことは多々ありますが、それでもこのVR動画をご覧いただいて問い合わせをいただいたことは大きいです。

マーケティングのスタートは事例をつくること

実は、このVR動画は無料で制作したものです。

起業当初なので、取引先はほとんどいなくお金もなかったですが、時間だけはありました。

当然、食べていくために日銭を稼がないといけないため、新規営業としてテレアポや飛び込み営業も行っておりましたが、実績が何もない会社に仕事依頼をしてくれるところは少なく、朝~夕方前営業活動、夜にはホテルでアルバイトという生活を送っていました。

これから起業する人におすすめしたいのは、有料でも無料でも何でも良いから事例をつくることです。

事例をつくれば、その業界の人たちには提案ができますし、WEBサイトにも実績があることを紹介することができます。また、無料で制作した会社から他の仕事の相談をしてもらえるかもしれません。

今回、問い合わせをいただいたポイントは、お客様は実績に対してそれが有料か無料かは関係がなく、この仕事ができる会社に依頼をしたいと思ったということです。

最初は、すぐに仕事が決まらずに大変ですが継続することで、事例をつくる → 事例として紹介する → 問い合わせがくる → 事例ができる → 事例が増える という好循環がうまれていきます。

問い合わせが増えていますが、目標としているところまではまだまだ遠いので満足せず日々改善して突き進みます。