お問い合わせ

インドアビューは自分で撮影できる?料金相場や活用方法5選

インドアビュー活用方法5選【初期費用のみでこれだけ使える】

店舗や会社の紹介をインターネットで行う時代。雰囲気を感じ取ってもらうために、Googleストリートビュー(インドアビュー)の導入を考える方もいるのではないでしょうか。

 

しかし、

「インドアビューを導入するメリットとは?」

「インドアビュー についてわからないことが多すぎる…」

などの疑問もあるかと思います。

 

この記事では、インドアビューを導入するメリットと、よくある質問、導入事例をまとめてご紹介します。

 

インドアビューの導入について疑問を解消したい方はぜひ、参考にしてください。

 

インドアビュー(Googleストリートビュー)とは?

インドアビューはWeb上で施設内を360度見渡し、空間の雰囲気を感じとれるサービスです。

 

撮影ポイント内を自由に移動できるため、実際にその施設に行ったかのような体験が可能に。

 

Google検索から確認ができる他に、HPの埋め込みやQRコードの掲載、イベント会場で施設内を紹介したりと幅広く活用できます。

インドアビューを導入するメリット

では、インドアビューを導入するメリットはどのようなものがあるのでしょうか。ここでは3つのメリットをご紹介します。

  • リアルな情報を提供できる
  • 活用方法が様々
  • 安心感に繋がる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.リアルな情報を提供できる

施設内を360度見渡せるインドアビューは、まるでその場所にいるかのような体験が可能。そのため施設のリアルな情報を、ユーザーにそのまま提供できるのです。

 

また、インドアビューはGoogleマイビジネスに連動して表示されます。

 

Googleマイビジネスとは、GoogleマップやGoogleの検索結果に表示される情報のこと。検索結果画面に表示されるのでユーザーの目に留まりやすくなり、初めての方にも興味を促すきっかけになるでしょう。

 

そのため、リアルな雰囲気を多くの人に見てもらえる可能性が高まります。

2.活用方法が様々

インドアビューの活用方法は様々です。主な活用方法は下記の通り。

  • Googleサービスへの掲載
  • 自社のHP
  • SNSで発信
  • QRコードの発行
  • イベント

インターネットから情報を得る人が多い中、企業も自社サイトを所有していることが常識になっています。サイトにインドアビューを埋め込めば、訪問したユーザーに施設や店舗の雰囲気をすぐに見てもらえます。

 

また、QRコードの発行も可能。チラシやパンフレットなどの紙媒体にQRコードを掲載すれば、対象ユーザーに合わせたアプローチができます。

 

このように、インターネットから紙媒体まで幅広く活用できるのです。

3.安心感に繋がる

初めて訪れる場所は誰でも勇気が入ります。周辺情報や雰囲気など、事前に情報を知っておきたいところ。

 

インドアビューなら、「ここはどんな雰囲気だろう…」というようなユーザーに対して、安心感を届けられます。

 

その場にいるかのようにぐるりと見渡せるので、HPの情報だけでは伝わりにくい雰囲気も届けられるでしょう。

 

また、「実際のイメージと違った…」というようなギャップを防ぐためにも空間に目が行きやすくなり、店舗であれば従業員の意識向上も期待できます。

インドアビューの活用方法5選

続いて、インドアビューの活用方法をご紹介します。活用方法は下記の5つ。

  • Googleサービスへの掲載
  • ホームページに埋め込み
  • SNSでの発信・拡散
  • QRコードの発行&紙媒体への掲載
  • 提案ツールとして活用

それでは詳しく見ていきます。

1.Googleサービスへの掲載

Googleサービスへの掲載 イメージ

インドアビューの導入=掲載される内容ですが、Google検索・GoogleマップなどのGoogleサービスに、インドアビューが公開されます。

 

特にGoogle検索から空間の雰囲気を見る方が多い傾向が。そのため、掲載しておくだけで継続的な効果が期待できます。

2.ホームページに埋め込み

インドアビューは、iframe(アイフレーム)を使用してHPへの埋め込みが可能です。

 

専門的な知識がなくても簡単に施設内の紹介ができるので、写真や文字だけでは伝えづらい雰囲気を紹介するにはおすすめ。

 

弊社にお問い合わせをいただく場合も、「Webサイトのリニューアルと同時にインドアビューをHPに掲載したい」とういうお問い合わせが多いです。

他社とは違うプロモーションをしたいという方におすすめです。

3.SNSでの拡散

SNSでの拡散 イメージ

インドアビューに掲載したことを、SNSで発信できます。

 

既にSNSでお客様との繋がりのある店舗であれば、シェアしてもらうことも可能。また、初めて店舗を知った方であれば、直接施設内の雰囲気を知ってもらえるので、魅力を最大限に伝えられるでしょう。

4.QRコードの発行&紙媒体への掲載

QRコードの発行&紙媒体への掲載 イメージ

インドアビューはQRコードを発行して、名刺や店内のポップ、パンフレットなどに掲載できます。

 

お店であれば取引先に素早くお店の情報を伝えられますし、大学などの施設であれば、パンフレットに各施設のQRコードを掲載し、伝えたい情報をリアルに届けられます。

5.提案ツールとして活用

パソコン画面やプロジェクター投影を使用してインドアビューデータを表示すれば、イベントや提案ツールとして活用できます。

 

採用活動/オープンキャンパス/工場紹介など、文字や写真だけでは伝えにくい情報をリアルに届けることが可能に。

 

施設は持ち運びができないので、データとしてや提案ツールとしてなど幅広い活用ができます。

インドアビューは自分で撮影できる?必要な道具は?

インドアビューの撮影を自分で行う方もいます。

 

撮影・掲載自体は、スマートフォンアプリがあれば誰でも可能です。

 

では「会社に依頼するのと自分でやるのでは何が違うの?」気になるところですが、大きな違いは「画質」です。スマートフォンで撮影すると写真が重なってしまったり、画質が暗くなってしまうことがあります。

 

弊社でも「自分でやってみたけど、時間もかかり画質も悪いのでプロに依頼したい」というご相談をいただきます。

 

とはいえ、「画質よりもまずは自分で試したい!」という場合は挑戦するのもおすすめです。

インドアビューを自作する流れ

「インドアビューを自分で作りたい!」という方に向けて、ここでは自作する流れをご紹介します。

まず、制作するには下記のものが必要です。

  • 360度撮影できるカメラ
  • 三脚
  • スマートフォン
  • Googleストリートビューアプリ

これらを用意できたら、早速撮影していきます。

1.カメラで撮影する

インドアビューの撮影は、360度カメラを使用します。

 

カメラの種類は様々ですが、初めての方はTHETAシリーズがおすすめ。

 

手軽で使いやすく、価格もリーズナブルなのが特徴のカメラです。また、より格安で済ませたい場合は、レンタルも可能です。

 

撮影は、カメラとスマートフォンをWi-Fiで接続し、三脚で固定。Googleストリートビューアプリを使ってカメラを操作し、撮影していきます。

2.編集する

撮影した映像を、Googleストリートビューアプリで編集します。

編集で行うのは主に2つ。

  • ぼかしを入れる
  • 撮影地点の設定を行う

プライバシー保護のために、人物の顔にぼかしを入れます。ぼかしを入れ終わったら、Googleマップに登録した場所情報と先ほど撮影した画像を紐付けます。

3.公開する

Googleストリートビューアプリの「Googleマップに公開する」を選択します。選択後、Googleの審査が通ればインドアビューの公開は完了です。

 

Googleのポリシーに反した場合は公開されないこともあるので、事前にチェックしておきましょう。

 

▶︎▶︎Googleストリートビューのポリシーについてはこちら

インドアビューを認定パートナーに依頼するメリット

認定パートナーとは、Googleインドアビュー(ストリートビュー)のチェック項目をクリアした個人、または法人のことを指します。

 

ここでは、認定パートナーにインドアビューを依頼するメリットを3つご紹介します。

  • 作成技術が高い
  • コストを削減できる
  • 短時間で制作できる

それぞれの詳細が次の通りです。

1.作成技術が高い

認定パートナーのいる代理店は、インドアビュー専用のカメラや編集技術、知識のノウハウをもっています。

 

パノラマ画像のズレなく、スムーズに移動できるインドアビューを制作するには、高い技術が必要です。

 

より高品質なインドアビューを制作したい場合は、認定パートナーに依頼すると良いでしょう。

2.コストを削減できる

一般の方がインドアビューを制作すると、カメラの導入や撮影、編集にコストがかかります。

 

撮影費用はかかりますが、一度依頼して撮影すればランニングコスト(月額費用)や更新料はかかりません。

 

長期的な利用を考えると、自作するよりもコストを抑えて高品質なインドアビューを制作できます。

3.短時間で制作できる

インドアビューの専門知識やノウハウを持つ認定パートナーは、短時間で撮影できます。

 

撮影スペースの規模によって前後しますが、比較的短時間で撮影できるので、「すぐにインドアビューを導入したい」とお考えの場合におすすめです。

インドアビューの初期費用や制作料金はいくら?

インドアビューはランニングコストや年間更新料がかかりません。撮影と編集を行い掲載すれば、半永久的にご使用いただけます。

Googleストリートビュー価格表

・価格は全て税込表示です。
・室内は1〜3メートル間隔、屋外は3~5メートルおきに撮影します。

インドアビューの導入事例

それでは、実際のインドアビューを導入した企業の事例を見てみましょう。

ここでご紹介するものは全て弊社で撮影した事例になります。様々な施設で撮影したものを紹介しますので、それぞれチェックしてください。

  • LAND(飲食店)
  • 専修大学(大学)
  • アオーレ長岡(複合施設)
  • ノモトホームズ(ハウスメーカー)
  • L&Bヨシダ税理士法人 (税理士法人)

1.LAND(飲食店)

2018年に新しくオープンした新潟県三条市にあるカフェ「LAND(ランド)」は、築100年以上のクリニックをリフォームしたお店です。どこか異国の世界を感じられる店内の雰囲気も、インドアビューでは十分に伝えられます。

 

▶︎▶︎LAND(ランド)の事例紹介はこちら

2.専修大学(大学)

専修大学は、東京都千代田区・神奈川県川崎市にキャンパスを構える私立大学です。リアルなオープンキャンパスが難しい中でも、インドアビューを導入することで、自宅からキャンパス内を見ることができます。

 

インドアビューでは16階全てのフロアを見ることができますので、詳しく見たい方は下記のリンクから体験してくださいね。

 

▶︎▶︎専修大学の事例紹介はこちら

3.アオーレ長岡(複合施設)

新潟県長岡市にあるシティホールプラザ アオーレ長岡は、プロバスケットボールチーム「新潟アルビレックスBB」の試合会場になったり、イベントが実施されるなど、多くの方に愛されている施設です。

 

インドアビューからは会場の広さがリアルに感じられるので、イベント前などにチェックすることで気持ちが高まりそうです。

 

下記リンクからは、ホールのインドアビューも見ることができます。ぜひそちらも体験してください。

 

▶︎▶︎アオーレ長岡の事例紹介はこちら

4.ノモトホームズ(ハウスメーカー)

「ノモトホームズ」は、新潟県新潟市にある工務店です。一人ひとりに合わせた設計・施工方法を行うことを大切にしており、温かみのある空間からはその雰囲気が伝わってきます。

 

インドアビューでは、木で作られた空間を360度体験できます。

 

2階、3階と他のフロアも見ることができるので、そちらも合わせてご覧ください。

 

▶︎▶︎ノモトホームズの事例紹介はこちら

5.L&Bヨシダ税理士法人 (税理士法人)

「L&Bヨシダ税理士法人 新潟オフィス」は新潟市にある税理士法人で、創業50年の実績と丁寧な対応が強みの税理士事務所です。

 

税理士事務所を探す際には「安心感」を求める方も多いのではないでしょうか。

 

空間を360度見渡せるインドアビューなら顧客先に安心感を伝えられるだけでなく、オフィスを公開することで採用強化にも繋がります。

 

▶︎▶︎L&Bヨシダ税理士法人の事例紹介はこちら

インドアビューの制作に関してよくある質問

インドアビューを初めて導入する際は、疑問点や不安も多いでしょう。

ここでは、インドアビューの制作に関する質問と回答をご紹介します。インドアビューを安心して制作するためにもぜひ、参考にしてください。

Q.撮影費用が無料と言われたのですが本当でしょうか?

インドアビューの撮影はGoogleの社員ではなく、資格を取得している会社が行うので、完全無料ということはありません。

 

「無料で撮影します」という話があっても、実際には撮影は無料だけど掲載費用は有料、もしくはインドアビューは無料だけど他のサイトの登録が必要ということもあります。

 

もし、営業で「無料で撮影します」という話があったら、「サービス全て無料ですか?」「オプションに入る必要はありますか?」と確認しましょう。

Q.認定パートナーに依頼した場合、撮影時間はどれくらいかかりますか?

通常は1時間前後で終了します。

 

店舗・施設の規模によっても前後するので、詳しくはこちらからお問い合わせください。

Q.Googleマップに掲載されるまでに、何日くらいかかりますか?

撮影が終了してから約1週間ほどで掲載できます。

※撮影のボリュームによって変動します。

Q.企業や店舗は必ずインドアビューを掲載しなければいけませんか?

Googleとしては、インドアビューの掲載をすることを推奨はしていますが、強制することはなく、Google社員が無理やり契約させようとすることはありません。

 

基本的には、Googleストリートビューの資格を取得している代理店がお店・会社に紹介することになります。

 

しかし、一部の会社がインドアビューを活用して利益を上げるために、全国のお店・会社に電話をかけることもあるので注意が必要です。

Q.自社ホームページに掲載することはできますか?

可能です。

 

インドアビューは埋め込み機能があり、撮影した場所を好きな角度に調整して掲載できます。また、ホームページ以外にもSNSでの拡散やQRコードを発行して紙媒体に掲載するなど、活用方法も多数あります。

Q.インドアビューの著作権は誰に付与されますか?

撮影をご希望されたビジネスオーナー様が持つことが可能です。

ただし、Googleサービスに掲載されるため掲載制限を行うことはできません。また、当社ホームページでも紹介させていただく場合がございます。

Q.スマートフォンやタブレットからもインドアビューを見れますか?

パソコン・スマートフォン・タブレット上で確認できます。
※Googleの仕様により、スマートフォンの場合に一部の機能が使えない可能性があります。

Q.そもそもインドアビューの効果はあるのですか?

インドアビューに対するネガティブな意見を見るとサービスに対するものは少なく、営業に対するものがほとんどです。

 

・営業がしつこい

・説明もなく買わされた など

 

反対に、弊社アンケートでは8割以上の方がインドアビューを導入して良かったと答えていただいています。

まとめ

インドアビューは施設内を360度表示できるので、施設や店舗内を紹介する際に最適なサービスです。導入の際は、費用や掲載時のメリットを理解した上で活用しましょう。

 

弊社では、インドアビューの撮影から公開、導入後のサポートまで行っています。疑問点やご相談などありましたらお気軽にこちらからお問い合わせください。

Lipronext編集部
Lipronext編集部
編集部
リプロネクストのサービスに関連するお役立ち情報などを日々配信中。