お問い合わせ

VRを導入した社員研修の事例7選【人材教育におすすめな理由】

VRを導入した社員研修の事例7選【人材教育におすすめな理由】

〈最終更新日:2020年12月8日〉

どの業界でも人材不足が叫ばれている中、最近は社員研修にVRを導入する企業が増えています。

VRは仮想世界をまるで現実のように体験できるので、現場のシミュレーションが必要となる社員研修の場面でも活躍します。

この記事では、社員研修にVRを導入するメリットと、VR研修を行っている企業の事例を7つご紹介します。研修時の特徴とともに紹介していきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

 

VR研修とは?

VR研修とは、VR技術を活用して360度映像の中で研修を行うことです。VRの特徴である仮想空間の中でリアルに研修現場を再現することで、スキル向上や研修の効率化が期待でき、今注目を集めている研修方法です。

 

VR研修を導入するメリットがいくつかあるので、次の項目で詳しく紹介していきます。

社員研修にVRを導入するメリット

社員研修にVRを導入すると、どのようなメリットがあるでしょうか。
ここでは3つのメリットをご紹介します。

1.指導人員の削減

専門知識の習得や業務の体験が行われる社員研修では、指導する人員が必要になります。人員を確保することが難しい企業もある中でVRをうまく活用すれば、同じ指導カリキュラムを何度でも使うことができ、効率化を図ることができます。

2.同じ研修を何度でも行える

社員研修は新人社員が加わったときだけでなく、会社内で定期的に行われる場合も考えられます。その際、同じ指導を何度も行うことは難しく、支店、支社が多くある会社では指導内容にズレが生じてしまうこともあります。こういった場合にVR研修は一度制作をすれば何度でも繰り返し使えるので、指導に食い違いが生じにくくなります。

3.コスト削減にも繋がる

機械の操作や、お客様との接客練習などは実際に現場に出ないと体験することができませんでした。しかし、VRではどこでも「擬似体験」を行うことが可能になるので、研修準備時に必要だったコストを抑えることができます。

VRを導入している社員研修事例7選

それでは、VRを導入している社員研修の事例を7つ紹介していきます。様々な業種の事例をピックアップしたので、それぞれチェックしてくださいね。

1.セコム株式会社【警備業】

セコム株式会社VR研修プログラム

出典:セコム株式会社

警備会社「セコム株式会社」は、警備業界初発のVR研修を導入しています。
「煙が充満した空間での避難誘導」といった火事現場を想定した擬似体験を行うことで、社員の危機管理力の向上に繋げています。VR研修導入前は、準備に多くのコストがかかる上、危険性が高く体験できないものでしたが、VRを導入することでリアルに、そして安全に研修を行うことが可能になっています。

 

■セコム株式会社 VRページはこちら

2.東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)【鉄道業】

東日本旅客鉄道株式会社 VR導入事例

出典:https://www.softbank.jp/biz/case/list/jr/

続いて「東日本旅客鉄道株式会社」の事例を紹介します。
VR研修では、鉄道の三大労災と言われる「触車」と「墜落」の2つにスポットを当て、それに関する事故を体験することで事故の危険性を再確認し、社員の安全意識が高まるような研修を行いました。VRコンテンツを導入したことで集合研修を行う必要がなくなり、それぞれの職場で体験することが可能になったので作業の効率も高まっています。

 

■東日本旅客鉄道株式会社 VR研修詳細はこちら

3.株式会社松屋フーズ【飲食業】

株式会社松屋フーズ 接客トレーニングVR

出典:http://tsumikiseisaku.com/result/matsuya.html

有名牛丼チェーン店「松屋」は、新人アルバイト向けの研修にVRを導入しました。
こちらのコンテンツには「判定」機能が搭載しており、トレーを運ぶ動作や挨拶の声、目線などを細かくチェックし、定められた基準にクリアしないと先に進めない仕組みになっています。ナレーションも入っているので動作も迷いが生じにくく、ゲーム感覚で進められるので楽しく覚えられそうです。

 

■株式会社松屋フーズのVR研修詳細はこちら

4.ヒューマンライフケア株式会社【介護事業】

ヒューマンライフケア VR研修

出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000490.000005089.html

こちらの「ヒューマンライフケア株式会社」は介護事業を展開しており、VR研修にも力を入れています。介護スタッフを対象に行なっている研修では、介護現場で事故が発生した場合にしっかり対応ができるように、危険な場所を探す訓練を行うなど、現場での事故予防につなげています。また、利用者の視点を体験できるコンテンツでは、利用者の気持ちが感じられ、現場に出た際の対応力向上に繋げることができます。

 

■ヒューマンライフケア株式会社 VR研修詳細はこちら

5.株式会社インフィニットループ【システム開発業】


ゲーム開発、アプリケーション開発を行う「株式会社インフィニットループ」は「VR社会人研修システム」を開発しました。
名刺交換や挨拶などのマナー研修をVR内で行うことができるシステムです。こちらはVR機器があればどこからでも研修を受けることができるので、講師は会社から、受講者は自宅からというように場所を問わずに実施できます。また、リアルタイムで指導を受けることが可能なため、その場で悩みを解決できたりと、マナーの理解を深めることができそうです。

6.凸版印刷株式会社【印刷業】


こちらの「凸版印刷株式会社」では「巻き込まれ体感機 for VR」を開発し、従業員の安全教育を行なっています。
従業員の安全意識向上のために開発されたこちらは、VR映像と連動して機械に巻き込まれた体験をすることで、災害時の危機感を体感することができます。短期間で安全作業の大切さを学ぶことが可能となり、従業員一人ひとりの安全意識が高まったことで事故発生予防につなげています。

7.株式会社興和【建設業】

株式会社興和 VR研修

最後に「株式会社興和」を紹介します。
こちらは、弊社リプロネクストが制作を担当させていただきました。若手社員への事前研修としてVRコンテンツを活用しており、事前にどういった場所で作業するかを知ることで従業員の意識向上に役立てています。以前遠方の現場で研修を行なっていたことで交通費・時間がかかっていましたが、VRを活用してコストを削減したことで、研修の効率化に成功しました。

 

■株式会社興和 VRページはこちら

まとめ:VRが企業の社員研修を効率化!

今回は、VRを社員研修で活用するメリットと事例についてご紹介しました。
リアルな体験ができるVR研修を導入することで、作業の効率化や研修時に必要だったコストを抑えることが可能になってきます。今までの研修にVRを活用してみてはいかがでしょうか。

 

弊社ではVRの導入を考えている方のご相談も承っております。VRに関する疑問がありましたら、こちらよりお気軽にご相談ください。

Lipronext編集部
Lipronext編集部
編集部
リプロネクストのサービスに関連するお役立ち情報などを日々配信中。