お問い合わせ

VRの2画面はどういう映像か?【YouTube VRを録画してみた】

VRの2画面はどういう映像か?【YouTube VRを録画してみた】

近年、「VR」に関する記事やニュース、VRの活用事例など「VR」という言葉を耳にすることが多くなってきましたね。しかし、VRの意味が何となくわかっていても、具体的にどんな仕組みで立体視が実現しているのか理解している人はまだまだ多くないのではないでしょうか。
そこで、今回はそもそものVRの意味や仕組みを、VRの2画面映像とともに分かりやすくご説明したいと思います。

 

『VR』の意味

まず、そもそも『VR』という言葉の意味からおさらいします。VRは「Virtual Reality」の略で、「人工現実感」や「仮想現実」と訳されます。
VRによって「限りなく実体験に近い体験が得られる」ということ意味しており、VRを通して得られるリアルな体験が、あたかも現実であるかのように感じられるということです。ユーザーの五感を刺激することによって、そういった体験をつくりだしているんです。

VRの撮影

出展:MoguLive

VR映像はVR撮影用カメラを使用して撮影を行います。VRカメラには大きく分けて2つの種類があります。一つは「全天球カメラ」。超広角の魚眼レンズを2つ以上使用した」カメラです。2つ以上の映像を撮影し、その映像を自動で縫い合わせる処理を行うことで上下左右360度の映像化が可能になります。そして、もう一つは「半球カメラ」。超広角の魚眼レンズを1つ使用したカメラです。こちらは前半球のように、全方向を一度に撮影することはできないのですが、2つのカメラを使用して撮影後に編集にて調整を行うことで上下左右360度の映像が作成できます。
当然、前半球のカメラの視野は360度ですので、撮影者は物陰に隠れて遠隔で撮影を行う必要があるんです。

VRってどんな仕組み?

さて、VRの意味と、VRの撮影方法についておさらいしましたので、いよいよVRの仕組みについてお話できればと思います。
人間は、右目と左目で見えている範囲や角度が違います。例えば、鼻の頭に人差し指を立ててみてください。そのまま、右目・左目を交互に閉じてみると、鼻の頭に立てた指の位置が大きくズレませんか?
これを「視差」といい、この視差を利用して人間は視覚から立体的に見えたり、距離感をつかんだりしているんです。
VRの技術はこの原理を利用していて、左右の目に別々の映像を見せることで立体的に見せているんです。つまり、VR用の映像では、左目が見る映像と、右目が見る映像は少し違うということなんです。なので、VRを見ていて少しぼやけたりピントが合っていなかったりしていたら、ヘッドセットや左右の動画を少し調整すれば、左右の目が見る映像を変化させることができ、また高い没入感を得られる動画を楽しめるんです。
言葉では少しわかりにくいと思うので、実際に2画面の映像を見てみましょう。

VRの2画面映像


こちらは、新潟アルビレックスBBの五十嵐選手が放った3ポイントシュートのVRモード映像です。いかがでしょうか。
左右の映像で、見える範囲が違いませんか?このように左目と右目に別々の映像を見せることにより、脳が「視差」によって立体のものを見ているかのように認識させているということなんです。

VRのトラッキング機能


さらに、VRの特徴と言えば、自分が見たい方向を向くとその方向を見ることができるという「トラッキング機能」ですよね。これは、頭や首の動きをセンサーが捉えその動きに合わせて適切な映像を見せているんです。「トラッキング機能」にもいろいろな種類があり、ヘッドマウントディスプレイを使用している人の位置を認識する「ポジショントラッキング」、プレイヤーの動き(手や足なども)を認識する「モーショントラッキング」、視線の動きを感知する「アイトラッキング」などなど、VR映像は様々なトラッキング機能を駆使することでまるでVR空間の中に入り込んだかのような体験を演出しているんです。

まとめ

なんとなく「VR」というものがどんなもので、どんな仕組みになっているのか、ということがイメージつきましたでしょうか。次世代移動通信システム「5G」(※5Gとは)が登場することにより、ますますVRの普及・活用が広がっていくと考えられます。VRがどんなものでどんな仕組みなのかということをぜひ多くの人に知ってもらえたらと思っています。
人間の体の仕組みを利用して、現実空間にバーチャル空間を埋め込んでしまうというVRの技術はとても面白くありませんか?
ぜひ、VRの仕組みを理解した上で、様々なVRコンテンツを楽しんでもらえたら嬉しいです。