お問い合わせ
VR・360度
2020.05.10

VRライブ配信サービスを5つ紹介【令和は自宅でライブに参加する時代】

昨今、成長著しいコンテンツ、VR。そのVRを使ってライブ配信を提供しているサービスをご存じでしょうか。

 

「VRライブ配信サービスって?」「どのようなサービスがあるの?」この記事ではそんな疑問にお答えします!

 

自宅でライブの雰囲気を楽しめたら嬉しいですよね。この記事では、具体的なVRライブ配信サービスを5つご紹介。あなたの気になるサービスも見つかるかもしれません。ぜひご一読ください。

 

VRライブを配信しているサービス5選

ここではいくつかあるVRライブ配信サービスの中でもおすすめの5つをご紹介します。

 

・VR SQUARE

・cluster

・RECO Lab.

・idogaVR

・REALIVE360

 

現実のライブ映像を配信するサービスやバーチャル世界でのライブ映像を配信するサービスまで紹介しています。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

1.VR SQUARE

 

おすすめのVRライブ配信サービス一つ目は、VR SQUARE。VRSQUAREは、スポーツや音楽また舞台などのコンテンツをVRで体験できるサービスです。

 

 

具体的にはAKB48の公演や、福岡PayPayドームで開催されるプロ野球の試合観戦などが視聴できます。市販のVRゴーグルやスマートフォンの「スマホモード」で再生することで、立体的な映像を体験できます。

 

 

無料のコンテンツから有料のコンテンツまで、比較的種類も豊富でVRを楽しみやすいサービスです。

 

■公式サイトはこちら

2.cluster

 

おすすめのVRライブ配信サービス二つ目は、clusterです。VRの空間内でバーチャルなイベントを開催および参加できるサービスです。

2020年3月5日のアップデートでスマートフォンアプリでの利用も可能となり、手軽にclusterを利用できるようになりました。

 

 

clusterの特徴は誰でも簡単にVRライブ空間を作成できることです。現実世界だとライブの開催はコストが非常にかかりますが、clusterだと設営コストがほとんどゼロなのでとても手軽ですね。

 

■公式サイトはこちら

 

3.RECO Lab.

 

おすすめのVRライブ配信サービス三つ目は、RECO Lab.です。RECO Lab.とは、株式会社レコチョクの次世代のサービスや音楽マーケットの創造に向けた研究開発機関です。

音楽やスポーツ、演劇などのライブ配信にVR技術を用いた没入感をプラスすることで、ライブ会場にいるかのような現場の臨場感を味わえます。

 

 

ITイベントを中心にデモ公演を開催しており、リアルタイム配信が可能なVRライブストリーミングで提供できるよう研究を重ねています。

 

■公式サイトはこちら

4.idogaVR

 

おすすめのVRライブ配信サービス四つ目は、idogaVRです。idogaVRは、パノラマ映像の360VRでVRコンテンツを提供するサービスです。

高精細映像配信テクノロジーである「パノラマ超エンジン」を使うことで、高画質なVR映像の配信を実現し、画質に関してストレスなく視聴可能です。

 

 

生配信まで実施しているため、自宅でライブ会場さながらの臨場感を体験できますよ。

 

■公式サイトはこちら

5.REALIVE360

 

おすすめのVRライブ配信サービス五つ目は、REALIVE360です。REALIVE360はリアルにライブを体験できる新型のVRプラットフォームです。ライブ感を演出するためにいくつもの機能が搭載されています。

 

・4K/8Kの高画質映像:高画質により一層の没入感を演出します。

・マルチアングル複数のアングルから自分が観たいアングルで映像を楽しめます。観客席はもちろんのこと、ステージの上からのアングルも観れますよ。

・立体音響:アングルや視線に応じたリアルな音の聞こえ方を再現しています。視覚と連動しており、聞こえ方が変化します。

 

■公式サイトはこちら

 

まとめ:VRを使って自宅でライブに参加しよう

 

この記事では、VRライブ配信サービスについてご紹介しました。まるで現場にいるかのような没入感を得るVRサービス。そのVRを使うことで家にいながらライブを非常にリアルに体験できるようになりました。

 

また、バーチャル世界の中でライブが開催できるようなプラットフォームも存在しています。VRを使ったライブ配信サービスは世の中の知名度はまだそれほど高くありませんが、今後さらに技術が進歩することで、VRがもっと身近なコンテンツになりそうですね。