お問い合わせ

LIPRONEXT BLOG

リアル×WEBマーケティング情報に

関する情報をお届けします

経営
2018.10.04

スタッフと共有している「何のために働くのか?」について

弊社では10月から初めてインターンの受け入れを行いました。
インターンの仕事は
アルバイトのようにただ作業をお願いするわけではなく、会社としての考え方や目標設定まで共有をして仕事に取り組んでもらっています。
そこで、当社でスタッフと共有している部分を少し紹介したいと思います。
もし、今後当社で働きたい方がいらっしゃれば是非参考にしていただけると嬉しいです!

何のために働くのか?

これは私(藤田)が会社員として働いていた時に大切にしようと決めたことですが、何のために日々の行動をしているか?ということです。

例えば、居酒屋に行った時にスタッフの方の対応はお店によって全く違います。「いらっしゃいませ!」と元気よく案内をしてくれる方もいれば、「はい、こちらで~す」ととりあえずお金を稼ぐために時間が早く終わることを考えているなぁと感じてしまうこともあります。

この2つのお店の違いは何でしょうか?
それは、何のために居酒屋で働くのか?という共有をしているお店と毎日の目標やマニュアルだけを共有しているお店との違いだと思います。

図にするとこんな感じです。
今月の売上目標やその日に顧客を◯名呼ぶことだけを考えて日々の行動だけを共有するのと、何のために日々の行動をするのか?という理念やどういう場所を目指すのか?というビジョンについて共有している会社は本当に強いです。

居酒屋以外でも同じ営業の目標数字が厳しい会社でもただ、「ノルマをこなせ!気合で達成しろ!」というのと「地域に必要なサービスだからもっと工夫して伝えていこう!」という想いを共有するのとでは、気持ちだけでなく行動にも大きな差が出てきます。そして、実際に想いの部分が共有できていると「こうした方法が良いと思うので試してみて良いですか?」と日々の行動は自ら考えて行動もできていきます。

正直、こういう考え方は起業直後のベンチャー企業では「それよりもとにかく売上が大切」と考えている方も多いですし「あまい」と言われることもありますが、当社が継続的に地域に必要とされる会社になるためには間違いなく必要なことです。

「ブラック企業」「働き方改革」「AIに仕事が奪われる」など働くことに対してマイナスのニュースが多い今だからこそ「何のために働くのか?」という部分を大切にして、理想論で終わらせないためにも結果で示していける体質にしていきます。

当社でインターンをしてみたいという方の他にも一緒に働きたいや意見交換をしたいという方がいれば、積極的にお会いしたいと思いますので、お問い合わせからご連絡くださいね。