お問い合わせ

Googleストリートビューに表示される画像をお店・会社の正面に変更する方法

Googleストリートビューに表示される画像をお店・会社の正面に変更する方法

「Googleストリートビューでお店・企業を検索すると裏口の駐車場が表示されてしまう」と悩んでいる方も多いと思います。

行ったことのない場所に訪問する際は、ほとんどの方がスマートフォンやパソコンで事前に会社・お店のことを調べると思います。私も初めて伺う会社の場所は当然調べるのですが、Googleマップで検索した時にストリートビューの写真がお店の正面でないと、ほぼ100%道に迷います…

これは会社・お店にも、来店するお客様にもデメリットなことなので、Googleストリートビューで間違っているお店・会社の位置を正面にする方法を2通り紹介していきます。

 

Googleマイビジネスから修正

Googleマイビジネスを登録されている方であれば、こちらの修正方法がおすすめです。

1.Googleマイビジネスにログインする

Googleマイビジネス ホーム画面

2.左側メニューの「情報」をクリック

Googleマイビジネスの情報の修正

3.住所の変更へ

住所の変更

4.住所のピンを正しい位置に変更して適用

住所のピンを正しい位置に変更して適用

たったこれだけで終了です。

注意点としては、すぐに情報が反映されないため後日確認する必要がありますが、手間も少ないのですぐ修正されることをおすすめします。

Google Mapsから修正

おすすめはあくまでGoogleマイビジネスからの修正ですが、Googleマイビジネスはよくわからないという方やすぐに変更届を出したいという方向けの方法です。こちらはGoogleマップから変更依頼を行う方法ですが、オーナー本人からの修正かどうかはGoogleからするとわからないため、修正依頼後から時間がかかることが予測されるので注意が必要です。

1.Google Maps(グーグルマップ)を開く

2.ストリートビューの画像を変更したいビジネス名を検索

3.「情報の修正を提案」へ進む

Googleマップの情報を変更

4.赤いマーカーをドラッグして正しい位置に設定する

5.「地図のマーカーの位置が間違っている」にチェックをして送信

こちらも手順としてはかなり簡単ですが、Googleマイビジネスでマーカーを移動する際には「ピンをドラッグして位置を変更してください」と表示されていたのに対してGoogleマップからの修正では「情報の修正を提案」という、あくまで第三者からの提案というニュアンスが強いため必ず変更できるものではありません。

そもそも会社・お店がストリートビューの画像で存在していない場合

今回はGoogleマップ・ストリートビューの位置が間違っているという内容でしたが、新しくオープンした場合や移転した場合にそもそも会社・お店が既存のGoogleストリートビューに存在していないという場合もあると思います。

せっかくオープン・移転したのに紹介できていないという方は、Googleストリートビュー(インドアビュー)でGoogleストリートビューの360°パノラマ画像を更新することもできますので、こちらからお気軽にご相談ください。

新潟県新潟市Googleストリートビュー認定フォトグラファー

株式会社リプロネクストは、Googleストリートビューの公認資格を取得しております。

 

藤田 献児
藤田 献児
代表取締役
株式会社リプロネクスト 代表取締役
1989年生まれ。大学卒業後、プロスポーツ球団や広告代理店などの経験を経て、2016年年末に新潟にUターン、2017年2月に起業。趣味はフットサル・ラクロス・BBQ。社長ブログも更新中。