お問い合わせ

VRで英語を学ぶ方法5選【自宅で体験型学習が可能】

VRで英語を学ぶ方法5選【自宅で体験型学習が可能】

英語を話せるようになりたい!そう思ったことはありませんか?でも、いくら勉強していても話せない…。読めるし、書けるけど、話せない…。そんな人は、リアルな場面で英語を活用する経験が足りていないだけかもしれません。
英語学習にVRを取り入れることで実際の場面で英語に触れることになるので、より英語学習の効率が上がります。相手の動作やしぐさと関連付けて覚えることが大切なんです。
そこで今回は、VRで英語を学ぶ方法を5つご紹介します!

VRを使って実際の場面の中で活用する経験を積む

どうしても聞くだけ・話すだけだと、ほかに何も関連付けられていないので記憶として定着しにくいです。たとえその時に話せるようになっても、実際の場面で覚えたセンテンスが出てこなかったりすると思います。
VRで実際の場面と関連付けて学んでみましょう!

1.バイリンガール英会話Chika「VR英会話!」


こちらはお手軽、YouTubeのVR英会話動画!人気英語YouTuber ChikaちゃんもVRの英会話動画を出しているんです。知っていましたか?
普段の動画だと「配信者」と「視聴者」のような感覚で見ていたと思うのですが、VR動画だと目の前にChikaちゃんがいるような感覚に。受け身で見ているのではなくより主体となって英会話に取り組めると思います。現在5本の動画をアップしているので、ぜひチェックしてみては?
VR英会話プレイリストはこちら

2.「売り場のやさしい英会話VR」

こちらは、日本英語検定協会がリリースしている「売り場のやさしい英会話VR」。2020オリンピックを控え、インバウンドの需要がかなり高まっている中、接客業の方々向けの英語学習用VRコンテンツが登場しました。
しかも、スマホアプリとしてダウンロードし、一部無料で利用できるとのこと。
紙とペンで行う学習とは違い、リアルなシチュエーションで練習することができます。また、発音の波形分析等の機能や、ロールプレイでの実践機能もついています。自分のペースで無理なく学ぶことができそうですね。
公式サイトはこちら

3.AI講師とVR空間で英会話トレーニング「Smart Tutor」

こちらはPlusOne社が開発した「Smart Tutor」というサービス。AIの講師がVR空間で英語のコーチになってくれる、革新的な英語学習システムです。このAI講師が発音や会話の滑らかさやスピーチのペース、アイコンタクトなどを含む8項目を分析し評価してくれます。
発音などそれぞれの講師の感覚に頼っていたことがAIを使うことで、より汎用的な指導を受けられることが期待できますね。

公式サイトはこちら

4.英語だけでなく異文化学習等も可能な「immerse」


こちらは一人称視点でVR空間にいるアバターを操作しながら学習を行うプラットフォームです。音声会話や歩行、顔の向き、物を持つ、投げる等の動作も可能。遠隔地にいても同一のVR空間でコミュニケーションが可能なこの空間で、ネイティブの講師とつながることができます。実際に、日本の高等学校で授業の一部としてこのサービスを導入しているところも。
今後は、異文化体験や、バーチャルツアーを通じた文化体験学習、留学準備等、様々な学習コンテンツも開発していくとのこと。
語学学習だけでなく、異文化の理解を深めるということも大切ですし、VRだからこそリアルに学ぶことができそうですね。

公式サイトはこちら

5.外国語学習アプリ「Mondly」


最後は、全世界で2000万以上ダウンロードされた外国語学習アプリの「Monlfy」。VR空間に自分の話し相手がいて、相手が話しかけてきたことに対して答えていくという形で進んでいきます。また、自分が話したことが認識され、返答もしてくれます。回答例もちゃんとついていて、回答例の正しい発音も聞くことができます。
ちなみに、英語以外にも30か国語が学習可能となっています。英語に疲れたら他の言語にもチャレンジしてみると面白いかもしれません。

GooglePlayはこちら

まとめ:VRで手軽にリアルな学習ができる!

いかがだったでしょうか。VR動画という手軽なものから、実際にネイティブスピーカーとオンライン上で話すことのできるものまであったと思います。
本当に画期的ですよね。これまで独学で英語の勉強をするには、机に向かって紙とペン、たまにCDを流して英語を勉強するしかありませんでした。しかし、こうして英会話教室に通わなくても実際のコミュニケーションがVRで体感できるようになったのは素晴らしいことだと思います。これだけリアルな体験が家で出来るのなら、もはや留学いらず!?
自分の英語習得段階に合わせて、YouTubeからはじめ、VR英会話トレーニング、VR上でのユーザー同士のコミュニケーションと段々と難易度をあげていくと良いのではないかなと感じます。

日本で、机の上で、英語学習をするのではなく、ぜひVRを活用して手軽にリアルな学習をしてみてはいかがでしょうか?