お問い合わせ

5G×VRで何が起こるか?【場所を選ばずリアル体験ができる時代へ】

5G×VRで何が起こるか?【場所を選ばずリアル体験ができる時代へ】

「5Gで今の生活がどう変わるの?」「5G×VRの活用事例を知りたい」

このように考えている方もいるのではないでしょうか?

5GやVRは革新的な技術で世の中を変えると言われていますが、実際にどのような体験ができるのかよく分かりませんよね。

 

この記事では、5Gの導入によってVRの楽しみ方がどのように変わるのかをご紹介します。

5G、VRについてや、5G×VRを使った事例などもご紹介しています。

ぜひご一読ください。

 

5G・VRってなに?

2020年から本格導入されると話題の5G。

また2016年あたりから少しずつ普及してきたVR。

それぞれ革新的な技術とされていますが、一体どのようなものなのでしょうか。

それぞれ分けてご紹介します。

 

5Gとは?

5Gとは第5世代移動通信システムのことを言い、2020年に商用として本格的に普及が始まります。

5Gは今までの4Gとは何が異なるのでしょうか。

5Gは高速大容量低遅延化多数同時接続の3つを実現します。

 

高速大容量

通信速度が大幅に改善され従来の通信速度の20倍の速度でインターネット利用ができます。

4Gでは、1分かかるようなデータダウンロードも3秒で完了するスピードです。

高画質な映像の閲覧や、動画の視聴がストレスなくでき、快適な生活を提供するでしょう。

 

低遅延化

インターネットを介しての遅延速度が1msと、従来より10分の1の速度改善を実現してくれます。

遠く離れた場所での通信や、遠隔での操作がよりリアルタイムにでき、医療の遠隔操作や自動運転など命に関わる作業に対しても信頼性の向上に貢献します

 

多数同時接続

多くのモノをインターネットに繋げるだけの大容量さを兼ね備えています。

従来の10倍以上という100万デバイス/km2の量がインターネットに接続でき、あらゆるものがインターネットに繋がるIoTの普及に拍車をかけるでしょう。

 

下記の記事では5Gでできること、および1G〜4Gまでの変化なども詳しく取り上げているので、ぜひ参考にしてください。

 

■参考記事:5Gで何が変わるのか?【1G〜4Gまでの変化も一挙紹介】

 

VRとは?

VRとはVirtual Realityの略称で、ヘッドマウントディスプレイと呼ばれるゴーグルを装着することで、まるで現実世界のような仮想体験を可能とします。頭の動きや傾きが映像とリンクすることで、没入感を得られます。また頭の動きのみならず身体の動きをも表現できるVR機器も発売され、よりリアルな体験が可能です。

 

今後VR技術の進化により、現実と仮想空間が高度に融合した世界観が広がっていくことが予想されます。

 

5G×VRで実現すること3選

5GとVRの相性は非常によく、今後いろいろなシーンで利用されることが期待されます。

ここでは実際に5G×VRで実現することを3つご紹介します。

 

・360度映像

・VRライブストリーミング

・体験シェアサービス

 

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

1.360度映像

 

5G×VRで実現すること一つ目は、360度映像です。360度映像とは、写真や動画を360度映し出すことで、その場にいるかのような体験をVRを通して実現します。

 

360映像は、辺り一面を映し出す必要があるため高画質な映像が必要です。そのため容量サイズが大きくなり、従来では映像の視聴やアップロードに大変な時間がかかったり、フリーズやエラーが出たりすることもしばしば。

 

しかし5Gの導入によって、見事に解決でき360度映像が通常の写真のように楽しめるようになります。

 

2.VRライブストリーミング

5G×VRで実現すること二つ目は、VRライブストリーミングです。

VRライブストリーミングとはライブ映像とVRの機能を掛け合わせ、ライブ映像がその場で実施されているような体験ができるもの。

実際スポーツや音楽LIVEなどで実験的に導入されています。

スポーツでは野球のソフトバンクがオープン戦の開幕試合をVRライブ配信することを発表しています。

 

バックネット裏、一塁側内野席、ライト側外野席の3つの視点を好きなように切り替えながら試合を楽しめ、臨場感のある映像を体験できます。

 

▷詳しくはこちら

 

 

音楽ライブのVRライブでは1列目の観客の目線で360度から有名人のアーティストの観戦、応援ができます。

宇多田ヒカルやユーミンがライブをVRで配信しており注目です。

5G×VRによって現地に足を運ばないとできなかった体験を、場所を選ばずリアル体験ができる時代に今後なっていくでしょう。

 

3.体験シェアサービス

5G×VRで実現すること三つ目は、体験シェアサービスです。

体験シェアサービスとはVRを使った仮想現実内であたかも現実世界のように体験をシェアすることをいいます。

 

触覚はもちろんのこと、匂いまでも連携したコミュニケーションVRの開発が進めらています。

より多くの感覚をシェアでき、実際に現地に行かずともその場の雰囲気や体験が可能です。

そのため、家にいながらみなさんがVR内のコミュニティーで体験をシェアする未来も遠くはないでしょう。

 

まとめ:5G×VRのコンテンツに注目を

 

この記事では5Gの導入によってVRコンテンツがどのように変わるのかをご紹介しました。

5Gの高速大容量・低遅延化・多数同時接続によって、VR技術がより盛り上がりを見せるでしょう。

360度映像、VRライブストリーミング、体験シェアサービスが可能になり、私たちの日常生活により浸透していきそうですね。

 

これまで想像もできなかった社会が、未来に実現していくと思うとワクワクしてきませんか? 今後も5G×VRの動きに注目です!