お問い合わせ

働き方改革にVRがおすすめ!?【業務効率化にVRが使える理由】

「VRって業務効率化に使えるの?」「VRを業務に取り入れたい」

 

このように悩んでいる方もいるのではないでしょうか。まるで現実の世界にいるかのような映像を楽しめるVRですが、上手く活用することで業務効率化が実現します。

 

この記事では、業務効率化にVRが使える理由についてご紹介します。働き方改革を大きく進めるキッカケになると思います。ぜひご一読ください。

 

働き方改革に必要なこと

労働力不足が叫ばれている中、働き方改革はどの企業でも喫緊のタスクでしょう。しかし働き方改革と言っても、単に労働時間を短縮するだけでは社員の時間的余裕を確保できるとは言えませんし、根本的な働き方改革にはなりません。

では、どうしたらよいのでしょうか?

 

働き方改革をするために必要なことは、業務の仕組みを変えることです。

 

仕組みの一例として、従来から多くの工数がかかっていたタスクをIT技術によって省力化することが挙げられます。特に毎回同じような作業を繰り返す業務では、ITは大いに力を発揮します。

 

IT技術の中でも今注目を集めているのがVR。その場にいるかのような仮想現実や、360映像を活用し業務効率化を図る企業が出てきています。

 

日々の仕事の中で何気なく使っていた時間・業務を、VRの革新的な技術が大きく改善するかもしれません。VRはそのキッカケになる可能性を秘めています。

働き方改革にVRが活用できるポイント

私たちの業務の中に少しずつ浸透しているVR。特に気軽に動かしたり、テストしたりすることができない、不動産や建設業界での活用事例が着々と増えています。ここでは、働き方改革にVRが活用できるポイントを3つご紹介します。

 

1.事前に体験してもらうことでの接客効率の向上に
2.研修の効率化・コストの削減に
3.バーチャル会議活用での移動コストの削減に

 

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.事前に体験してもらうことで接客効率の向上に

活用ポイント一つ目は、事前に体験してもらうことでの接客効率の向上です。

 

例えば、不動産業界。VRを活用することで、実際の体験をその場で模擬的にできてしまいます。そのため新生活や引越しの際に必要な、賃貸物件の内見などにVRが導入されています。

 

実際に内見をすると物件の場所まで移動する必要があるため、一度に内見できる物件数には限界がありました。また悪天候であったり希望物件に前の入居者がまだ住んでいたりすると、内見自体できない場合がありました。

 

しかしVRを活用することで現地に足を運ばずとも、その場でVR内見ができます。一度に多くの物件を見ることができ、内見者および担当者の移動コスト削減に寄与します。

 

その上、VRを導入することで集客率が高まったと言う声もあります。不動産情報サイトであるSUUMOではVRを導入することで反響率が4.7倍にアップしたとの情報も。

 

■参考:VR活用インタビューSUUMO反響率が4.7倍に!?

■参考:VRで業務効率化、”VR利用”が大きく増加し接客時間短縮に成功

2.研修の効率化・コストの削減に


活用ポイント二つ目は、研修の効率化・コストの削減です。

 

人材育成のためには必要不可欠な研修ですが、その実施には多大なコストがかかります。研修のためのプログラムを用意し、参加者を拠点に集めます。遠方からの参加者がいる場合はその交通費や宿泊費もかかりますし、人数が多い場合は何日間かに分けて研修を行う必要があります。

 

しかしVRでの研修にすると、参加者を1つの拠点に集めることなく自宅でトレーニングできます。またVRは何度でも繰り返し研修映像を視聴できるため、内容を反復し、より知識・技術の定着を図れるのです。何より、動画コンテンツとの違いは『実際に業務を疑似体験できる』ということ。インプットと同時に、アウトプットも行えるためより高い効果を得ることができますね。

 

非常に手軽で効果的に方法だと言えるでしょう。

3.バーチャル会議で移動コストの削減

活用ポイント三つ目は、バーチャル会議での移動コストの削減です。

 

モノゴトを決定する際や、定期的な進捗ミーティング、打ち合わせなど、会議の機会って非常に多いですよね。日本全国や、世界中に取引相手がいる場合、大変な移動コストがかかってしまいます。

 

バーチャル会議では、仮想空間内に人が集まることで会議を実現します。どこにいてもインターネットを介すことで接続が可能で、直接会って会議する場合と遜色ない会議を実施できます。

 

 

■参考:VRwaibaoホームページ

■参考:「ほぼ完全なバーチャル勤務を実現」急成長の米不動産企業に迫る

まとめ:業務効率化にVRは使える

この記事では、業務効率化にVRが使える理由についてご紹介しました。

 

リアルな仮想現実を作り出すVRによって、現実世界での業務が仮想世界の中で置き換えられるという、従来では考えられないようなことが起こっています。

 

今回ご紹介した研修・会議のVR化は、どの企業でも活用できそうです。VR技術はめまぐるしく進歩している途中。今後の更なる発展が気になりますね。

 

VR技術の革新がこのまま進めば、私たちがしている業務全てがVR内で完結するような日もいずれ実現するかもしれませんね。