NEXT BLOG

【0からWEB集客】当社WEBサイトPV数公開&実践したこと

【0からWEB集客】当社WEBサイトPV数公開と伸ばす方法

1月は新年のスタートで新たに起業や独立に挑戦する方や会社であれば次年度以降の目標や計画を立てる方も多いと思います。
ネット社会になり、会社やお店を経営する中でWEBマーケティングは無視できない存在になりました。ただ、「WEB集客ってどうしたら良いの?「よくわからないからやっていない」という方も多いと思うので、今回は当社(リプロネクスト)がホームページを持たない状態からWEB集客につながるために継続した方法を紹介します。

ちなみにWEBのルールや環境は日々変化しており、当社のWEBサイトも今年は大きく改善して行こうという中なので、あくまで初めてWEB集客を行う方向けの情報だと思ってください。

WEBマーケティングとは?

WEBマーケティングはインターネットを利用して行うマーケティング活動のことを指します。WEBサイト/WEB広告/SNSなど幅広い印象がありますが、全て数値で管理することが可能なため、PDCAを実施しやすいメリットがあります。

当社の起業当初はPV数0

今回は【0からWEB集客】とういことで、実際に0から始めた(起業した)当社のことを事例として紹介します。(正直、思い切った公開なので恥ずかしい限りです…)

当社の起業当初はPV数0リプロネクストのユーザー数

どうでしょうか?
左側のホームページ開設当初はユーザー数が1日あたり0~5です。まだ、誰も知らないですし、Google検索順位も低いので当たり前ですが、この時は「サイト持っている意味あるの?」という感じでした。

ただ、2018年の春頃からググッと伸びてきて、現在は1日あたりのユーザー数は平日で100~200くらい(BtoBビジネスなので、平日はユーザー数が減ります)で、PV数は月5,000~6,000くらいあります。まだまだ、日々ユーザー数、PV数ともに増えているので、近いうちに月間10,000PVは達成できる予定です。

WEBサイト集客によるメリット

WEBサイト集客によるメリットを紹介します。
それは、広告費をかけずに集客が行えることです。基本的に、集客を行おうと思うとフリーペーパーなどの紙媒体からGoogle広告やポータルサイトへの掲載などで毎月のように大きな広告費がかかります。

このような広告費をかけてメディアに掲載することをペイドメディアといいますが、お金をかければ普段アプローチできない広い層に情報を伝えることができる分、お金をかけられなくなったり他に資金力がある競合がきたりすると集客効果が一気に落ちてしまいます。

それに比べて、自社サイトが見込み客に読んでもらえている状態は、お金をかけずに集客を継続することが可能です。自社サイトで集客+ペイドメディアが実施できれば一番良いですね。

実際に当社はWEBサイトのPV数が伸びると同時にお問い合わせの数も増やすことができてきました。(これからまだまだ伸ばしていきたいですが。)

WEBサイトのPV数を伸ばす方法

当社でWEBサイトのPV数を伸ばすために行ったことはたった2つです。
※正確には細かい部分も意識して行っていますが、初めてWEB集客するならあとで改善すれば大丈夫です。

記事を更新する

更新回数が多いWEBサイトは検索順位の向上につながります。多くの方は100記事更新してから効果が実感できると言っていますが、基本的には毎日更新がおすすめです。

お客様の目線で書く

記事の更新は絶対ですが、お昼に◯◯を食べたとか、休日にゴルフに行ったなどの情報を更新してもお客様からすると見たい記事ではありません。
あくまでお客様が見て喜ぶ情報などが良いので、お客様の声/よくある質問/お得情報などがおすすめです。

ただ、「お客様の目線でなければいけない」と思うと手が止まってしまう可能性があるので、まずは毎日記事を更新して毎日更新がなれてきたらお客様の目線で書くということでも問題はないと思います。

効果が出てきたらあとでリライト(過去の記事を書き直す)することもおすすめです。

まとめ

WEB集客は広告費をかけずに集客ができるので、実際に当社でも意識して行っています。そして、基本的なポイントは記事を更新する、お客様目線で書くということでも効果があります。

是非、起業・創業した方やこれからWEB集客に力を入れていきたい方は参考にしてみてくださいね。

リプロネクスト公式|LINE@登録はこちらから

リプロネクストではLINE@をやっています!
LINE@では以下の事を行っています。

・定期的な情報配信
・サービスに関する個別のお問い合わせ
・採用/インターンに関する個別のお問い合わせ

↓登録はコチラから↓
友だち追加

個別メッセージも受け付けています。是非、お気軽にお問い合わせください。
※個別メッセージは他の友だちには送信されませんのでご安心ください。

 

関連記事

ページ上部へ戻る