fbpx

NEXT BLOG

WEBマーケティングは3つの手法だけ抑えれば大丈夫

WEBマーケティングは3つの手法だけ抑えれば大丈夫

WEBからの集客は大切だとは知っていながら中小企業だと、「何となくイメージができない」「何からしたら良いのかわからない」「業者に任せっきり」という会社がまだまだ多いようです。
ただ、一方で昔から同じように続けている新聞折込やポスティングなどの効果が低くなってきているのにそのまま続けている会社もいて問題と感じながらも先延ばしにしている会社もいます。

今回は、WEBの活用を行う基本と最低限必要な3つを紹介します。
まだWEBに力を入れていない会社や何とか改善していきたいという会社など、新年度からの事業計画をする上での参考になれば嬉しいです。

WEBマーケティングとは?

WEBマーケティングは、WEBを中心に行われるマーケティング活動のことを指します。ちなみにピーター・F・ドラッカーはマーケティングについて「販売を不要にする」と言っています。これを言い換えるとWEBマーケティングは「物が売れる仕組みをWEB上で行うこと」となります。

WEBマーケティングは3つの手法だけ抑えれば大丈夫

WEBマーケティングは3つの手法だけ抑えれば大丈夫

このWEBマーケティングについての当社の考えてとしては、抑えておくべきことは、「プル型」「プッシュ型」「フォロー型」の3つだと考えています。この3つをそれぞれ抑えることができれば、「販売を不要にする」というマーケティングに近づくことができます。

では、1つずつ説明していきたいと思います。

1:プル型

プル型は、PULL(引き出す)という意味で、WEB上のユーザー(見込み客)が商品を欲しいという行動を起こした際にアプローチする方法です。

【サービス例】

  • SEO(検索順位)対策
  • MEO(地図検索)対策
  • リスティング(検索連動型)広告
  • Googleストリートビュー(インドアビュー) など

【リアル営業なら】

  • 店舗への来店
  • 口コミ
  • セミナー開催
  • ショールーム など

メリットは、ユーザー(見込み客)から行動を起こしてくれるので、つながることができれば高い確立で受注につながることです。

デメリットは、他の企業もプル型での獲得を目指しているので、しっかりと対策を行わないとつながることは難しいです。

2:プッシュ型

プッシュ型は、PUSH(押す)という意味で、広告主側のタイミングでユーザー(見込み客)に情報を伝えてアプローチする方法です。

【サービス例】

  • バナー広告
  • 動画広告
  • メールマガジン など

【リアル営業なら】

  • テレアポ
  • 飛び込み
  • 新聞折込
  • ポスティング など

メリットとしては、広告主のタイミングでアプローチできるので、キャンペーンや新商品など告知のしたいタイミングで実施することが可能なため認知度アップやブランディングとしては効果が高いです。

デメリットは、広く情報を伝えることができる分、コストが高くなってしまう傾向があります。

3:フォロー型

フォロー型は、FOLLOW(支援)するとう意味で、プル型やプッシュ型で接点を持ったお客様とつながりを保ちクロージング(成約)に向かわせる手法です。

【サービス例】

  • リマーケティング(追跡型)広告
  • LINE@やSNS など

【リアル営業なら】

  • ニュースレター
  • 継続的なアポイント

メリットは、プル型やプッシュ型で接点を持った見込み客に継続的な接点を持ち、お客様に育てていく方法のため、費用対効果を上げるためにも重要な方法です。継続的なアプローチを行うことで、会社や商品に対して信用や好感を持っていただくことができる点と、競合がプッシュ型広告でアプローチしてきても他社に流れないようにすることができます。

デメリットは、プル型やプッシュ型と比べて目に見えづらい部分があるので最初の投資と仕組みづくりが重要です。

今のWEB施策がプル型、プッシュ型、フォロー型のどれに当たるか?

まずは、現在行っているWEBマーケティングが、プル型、プッシュ型、フォロー型のどれなのかを整理してみることをおすすめします。

当社に相談に来ていただく方の傾向を分析すると、「今まで、WEBのことは広告代理店などに任せっきり」という会社は、プッシュ型に予算が偏っていることが多い傾向がありました。(一番費用が必要な広告なので…)

もし、WEB施策がどれかに偏っている場合や、やっていない施策がある場合には、WEBマーケティングで見込み客を取りこぼしてしまっていることが考えられます。
例えば、プル型の施策のみ行っている場合にはフォロー型を取り入れるだけでお客様の反応が大きく変わるはずです。(リスティング(検索連動型)広告とリマーケティング(追跡型)広告では2倍以上反応が違うというデータも出ています。)

まとめ

WEBマーケティングのプル型/プッシュ型/フォロー型についてそれぞれの特徴について説明しました。よく「◯◯のWEB媒体に掲載しても効果がなかった」と広告費を払う=すぐに効果を求めるという方がいますが、一度お客様の動線をWEB上で作ってあげることで違った結果がでると思います。

 

今後、WEB集客に力を入れたいという方は、どの部分の改善が必要かの参考にしてみてくださいね。

リプロネクスト公式|LINE@登録はこちらから

リプロネクストではLINE@をやっています!
LINE@では以下の事を行っています。

・定期的な情報配信
・サービスに関する個別のお問い合わせ
・採用/インターンに関する個別のお問い合わせ

↓登録はコチラから↓
友だち追加

個別メッセージも受け付けています。是非、お気軽にお問い合わせください。
※個別メッセージは他の友だちには送信されませんのでご安心ください。

 

関連記事

ページ上部へ戻る