NEXT BLOG

VR研修の素材撮影に佐渡に行ってきました

佐渡にはじめて仕事で行ってきました。
仕事内容は工事会社様からの依頼で佐渡の現場をVR教材として研修として活用したいということでの依頼でした。
当社としては、VRは住宅会社/結婚式場/観光分野でのご利用を中心として進めていたため研修としてのご相談ははじめての案件でした。

撮影は想像以上に過酷

いくら工事現場と言っても現場に足を踏み入れたことがない素人が入るなら大丈夫だろうと安易に考えていたのですが、行ってみると想像以上の現場でした。

今まで伺った中で一番大変でしたが、今後工事現場の依頼も受けられるという自信と度胸ができました。

実際には行けない場所にVRを活用

この現場は会社内で共有しようと思っても実際に大人数で行くことは難しく、また、新入社員への説明にもいきなり現場での説明は危険もあるので、こういう現場でこそVRが力を発揮します。
実際にその場に行かなくともイメージを掴むことができるので心構えはもちろんですが、これから何をやらないといけないのか?どこが特に危険か?を共有することが可能です。

 

今回の現場は工事前の状態を撮影しましたが、今後は工事をしていく中で定期的にお伺いすることで完成までの一連の流れを追加していく予定です。
社内の研修は時間もお金もかかるのでVRで大幅にコストダウンすることができますので、ご興味ある方はお気軽にご相談ください。

リプロネクスト公式|LINE@

リプロネクストの最新情報を配信しています。

友だち追加

関連記事

ページ上部へ戻る