ブログ

平昌オリンピックのVR/360°動画アプリを体験

盛り上がっている平昌オリンピックですが、実は今回のオリンピックをVRで体験できることはご存知でしょうか?今回体験してみたのでその紹介をしたいと思います。

提供元はインテル

インテルは国際オリンピック委員会とスポンサー契約を結んでおり、2024年までオリンピックパートナーとなっています。そのため、インテルはオリンピックの試合中継で最新技術を提供、高速通信規格5Gやドローン、VR映像配信技術の「True VR」を用いた試合中継を実施することになっています。
2024年までのパートナーのため、東京オリンピックもインテルがVR映像を提供する予定ということですね。

体験は…「今後に期待」

では実際に体験した感想ですが、率直に言うと「イマイチ」という感じでした。
アプリはコチラからインストールができます。もちろん無料です。


インストール後の画面

日本ではNHKが提供しているようです。この画面を開いた時には結構期待していました…

アプリを開くとこんな画面が表示されます。

上のカテゴリから各競技別に視聴を選ぶことができます。
また、「ハイライト」と「見逃し配信」を選ぶことができるので、短時間かじっくり体感するかを選ぶことができます。

ここまでの操作性に関しては全く悪くなく、いよいよどんなVR/360°体験ができるのか期待して、まず360°画面(VRゴーグルなしで視聴可能)でスピードスケートを見てみました。

360°動画


思ったよりも画質が荒い…
上は実際にスマートフォンで表示された画面で、場所はアイスリンクの外側や上からなど多方面から見ることができるのでスピード感は感じることができます。画質がもう少し良ければ面白そうなのに…

VR動画


それならばとVRゴーグルを付けてみましたが、さらに1つ残念なことがありました。

そもそも360°見れないじゃん!

首を左右に振っても視野は180°以上は動きません。おそらく360°カメラで撮影していないのではないかと思いますが、VRの良さはその場にいるような体感ができることなので、個人的には観客の盛り上がり具合やコーチの緊張感なども含めて感じたいです。

アプリをインストールしていない方向けに動画も撮影


この視野角じゃわざわざ画面を触ったり、VRゴーグルをつけたいと思えないので少し期待はずれでしたが、今後に期待です。


東京オリンピックの時にはVR/360°動画で競技の紹介はもちろんですが、全国各地の観光地もVR/360°動画で紹介をして日本中が盛り上がるオリンピックになってほしいですね。そして当社としても新潟のPRとしても関わっていけるように頑張ります!

リプロネクスト公式|LINE@

リプロネクストの最新情報を配信しています。
お気軽にご登録ください。メッセージをもらえると返信もあるかも!?

友だち追加

関連記事

ページ上部へ戻る