NEXT BLOG

【企業イベントで必見】オリジナル一眼VRゴーグルの制作ができる会社

企業がイベントで配布するノベルティグッズとしてVRゴーグルが注目されているので、今回は「オリジナル一眼VRゴーグル」の制作ができる会社をまとめてみました。

一眼VRゴーグルの特徴

高品質なPSVRや話題のOculus goなど一般的なVRゴーグルは目の部分にレンズが2つついている二眼VRゴーグルがほとんどです。
それに対して一眼VRゴーグルは、目の部分のレンズ一体型になっています。この2つのタイプのVRゴーグルの大きな特徴としては、年齢制限がありかなしかという部分です。二眼VRゴーグルは一眼と比べて没入感(リアリティ)が高まりますが、年齢制限(商品によって異なる)があります。
そのため、子供も参加するような企業向けイベントでは、一眼VRゴーグルを推奨しています。

オリジナル一眼VRゴーグルの制作ができる会社のまとめ

ハコスコ

https://hacosco.com/vr-goggle/

素材:ダンボール製
ノベルティ用VRゴーグルで認知度No.1と言えばハコスコだと思います。
大手企業での事例が多数あり安心感があります。

HOMiDO

https://homido.store/products/detail/12

素材:紙製
「フランス生まれの広角レンズVRゴーグルストア」というだけあり、フランスブランドです。
紙で制作しているため軽く企業側としては持ち運びも楽なのが良いですね。

小松印刷株式会社

https://www.komatsuprinting.co.jp/products/vr/

素材:紙製
サービスページには「待ってました、この価格!すべての人にVRを。」と紹介しているだけあり、素材も紙製でコストカットの意識が徹底されています。
一眼VRゴーグルをとにかく安くという企業に良いですね。

販促大王

http://www.ima-gine.co.jp/products/187148/

素材:プラスチック
オリジナルプリントはできなく企業のオリジナルにするには名入れだけになりますが、10個単位での発注も可能なので小ロットで名入れしたいという企業には合うと思います。

リプロネクスト

https://lipronext.com/vrgoggles/

最後に当社商品の紹介です。
中小企業でも導入できる価格設定と良い商品をつくりたいという思いからダンボール会社と共同で低価格・高品質のオリジナル一眼VRゴーグルを制作しています。
サンプルも無料配布しているので、まずは手にとってもらえると良さが伝わると自信を持っておすすめしています。

リプロネクスト公式|LINE@登録はこちらから

リプロネクストではLINE@をやっています!
LINE@では以下の事を行っています。

・定期的な情報配信
・サービスに関する個別のお問い合わせ
・採用/インターンに関する個別のお問い合わせ

↓登録はコチラから↓
友だち追加

個別メッセージも受け付けています。是非、お気軽にお問い合わせください。
※個別メッセージは他の友だちには送信されませんのでご安心ください。

関連記事

ページ上部へ戻る