NEXT BLOG

新潟の大学・専門学校でストリートビューが活用されている学校紹介

大学や専門学校のオープンキャンパスに参加する平均は3~4校と言われる中でWEB上で学校の雰囲気を伝えることができるストリートビューは重宝されつつあります。
今回は、新潟県内の大学・専門学校でGoogleストリートビュー(室内版)を
導入している学校の一覧と、これから検討されている学校に向けて活用方法などを紹介していきます。

大学

新潟大学

新潟県立大学


長岡造形大学

新潟医療福祉大学

新潟国際情報大学

日本歯科大学 新潟生命歯学部

新潟明倫短期大学

専門学校

新潟看護医療専門学校 村上校

悠久山栄養調理専門学校

晴麗看護学校

大学・専門学校のGoogleストリートビュー(室内版)導入メリット

1:入学希望者に伝わる
→大学・専門学校での生活を高校生にイメージしてもらうことができます。

2:保護者に伝わる
→親子でオープンキャンパスに一緒に行く方も増えていますが、それだけ保護者も子供のことが心配です。学校生活について安心していただくためにもストリートビューを活用することができます。

3:高校の先生に伝わる
→広報担当の方が高校訪問を行う場合も多いと思いますが、中々高校の先生に大学・専門学校を見ていただく機会は多くありません。ストリートビューを導入することで、高校の先生にも学校の魅力をよりリアルに伝えることができます。

大学・専門学校のGoogleストリートビュー(室内版)活用方法

①パンフレットにQRコード掲載
→パンフレットにQRコードを掲載することで、自宅に帰ったあとにも学校の雰囲気を体験していただけます。家族や友人と相談する時にも具体的なイメージが湧いた状態で話すことができます。もちろんホームページへの埋込みやSNSでの拡散も可能です。

②合同学校説明会での活用
→合同学校説明では高校生は多くの学校のパンフレット・チラシをもらいブースでの話を聞きます。話を聞いただけでは、実際に入学後のイメージを持っていただくことが難しいですが、ストリートビューをタブレットやTVモニターに写すことで、より具体的な入学後のイメージを伝えることができます。

③高校周りでの提案ツール
→高校周りの際にPCやタブレットがあるだけで、今まで写真や言葉だけでしか伝えることができなかった学校の雰囲気を伝えることができます。

いかがでしたでしょうか?
Googleストリートビュー(室内版)/旧インドアビューは、ただ、撮影して公開というだけではなく、活用方法も幅広くあることが何となくでも伝わっていれば幸いです。

また、価格面でもパンフレットのように毎年制作をしなければならないツールとは異なり、維持費用も特にかかりません。一度撮影したものを複数年の間は、集客、説明会、高校訪問などに幅広く活用することができるため費用対効果としても大きなメリットがあります。

当社は撮影/編集/公開まで全て自社で実施しているため、ノウハウ・品質・価格が強みです。
ご興味ある方は、お気軽にご相談ください

リプロネクスト公式|LINE@登録はこちらから

リプロネクストではLINE@をやっています!
LINE@では以下の事を行っています。

・定期的な情報配信
・サービスに関する個別のお問い合わせ
・採用/インターンに関する個別のお問い合わせ

↓登録はコチラから↓
友だち追加

個別メッセージも受け付けています。是非、お気軽にお問い合わせください。
※個別メッセージは他の友だちには送信されませんのでご安心ください。

関連記事

ページ上部へ戻る