NEXT BLOG

新潟市のインバウンド向け補助金の紹介

新潟市のインバウンド向けに販路拡大をしたい方向けの補助金を紹介します。

その他、補助金に興味ある方はこちら

外国人観光客受入整備補助金

【概要】
新潟市では、東アジア・東南アジアを中心に海外からの観光客誘致活動に取組んでおります。本市を訪れた外国人観光客の市内での宿泊や買い物等の利便性の向上を図るため、市内の宿泊施設、商業施設、交通事業者等が、多言語表記案内看板の作成・設置、フロアガイド等の印刷物の作成、それらに伴う翻訳を行う際の費用に対し、補助金を支給する制度を設けています。ぜひご活用ください。
【補助対象者】
新潟市内に以下の店舗、施設を有する方
・宿泊施設
・飲食店
・百貨店、家電量販店、大型ショッピングセンター、スーパーマーケット、その他商業施設
・交通事業者
・旅行業者
・その他、適当と認められる企業、団体
【補助金の額】
全体で60万円

補助率2分の1 上限20万円
出典:新潟市ホームページより
【終期】
平成32年3月31日

簡単に言うと外国人を呼ぶためのツールを制作する場合には支援しますという内容です。おそらく新潟市内で外国人観光客が来てくれて助かっているというお店はまだまだ少ないと思います。ですが、これから2019年のラグビーのワールドカップや2020年の東京オリンピックがあることで、東京に行った後に地方の温泉でゆっくりしたいということや何度か首都圏には行っているから地方にも行ってみようという流れが来ます。

実際に新潟県知事は世界の富裕層にプライベートジェットで日本に来てもらい、広大な土地と便が少ない新潟空港を経由して観光してほしいという誘致活動もされているようです。

また、最近では新潟にとっては嬉しいニュースもありました。
ジープラスメディア、外国人目線の観光地トップ10を発表 1位新潟、2位別府


もし、何となくでも「インバウンド対策したい」「外国人の受入はいずれはやらないといけない」という場合には、補助金の予算もあるため早めに動き出すことがおすすめです。外国人が増えてきてやっと動き出そうと思うと使える補助金がないということもありますからね。

何をしたら良いかわからないという方は是非ご相談ください

最後は当社のPRになりますが、インバウンド対策として何をしたら良いかわからないという方にはGoogleストリートビュー(室内版)をおすすめしております。これは世界共通のGoogleサービス内でお店や施設の情報を発信することができるため、お店選び・施設選びをしていただく際や外国人の方が不安に思っていることを解消することができるツールです。

ちなみにGoogleのこちらのCMは皆さんご覧になったことはあるでしょうか?

「いい感じのカフェ」と検索してカフェを探すという内容ですが、このCMの20秒当りのシーンがGoogleストリートビュー(室内版)です。

新潟市内の事業者の方であれば「外国人観光客受入整備補助金」を活用して2分の1の費用で導入することができます。(業種によっては審査に通らない場合もあります)

インバウンド対策としてはもちろんですが、新潟市内に在住の方の集客としてもご活用いただけますので、Googleストリートビュー(室内版)やインバウンド集客についてもご興味ある方はお気軽にご相談ください。

リプロネクスト公式|LINE@

リプロネクストの最新情報を配信しています。

友だち追加

関連記事

ページ上部へ戻る