NEXT BLOG

地方の方が動きが早いこと

東京と地方を比べると情報の早さは圧倒的に東京の方が進んでいます。しかし、地方の方が進んでいるところもあります。

それは人口の減少です。


先日発表されたニュースでは2045年まで東京都以外の人口は減るという予測が発表されました。減少率が50%近くという都道府県も有る中で特に新潟県は人口が200万人以上いるので現象人数では全国的にも多いです。
通常であれば、人口減少とともに経済の縮小が進むので危機感を煽るニュースも多いですが、これは逆に考えるとチャンスでもあると考えています。
この少子高齢化や人口減少は東京以外では早かれ遅かれ直面する問題です。その直面する問題がほかの都市よりも早く来る(というか既に来ている)新潟で少しでも打開策や成功事例ができたら他の都市や海外へ展開できるとも考えられます。

このことは、新潟県内の住宅会社様との打ち合わせで実感しました。新潟県内は人口減少に伴い空き家問題があるため、最近は中古住宅を購入してリノベーションをして住むという需要が増えています。先日グループ会社(埼玉県の住宅会社)の代表に話したところ、「まだこの辺りの地域は人口が増えているからリフォームの需要は特に変わっていない」と話していました。

ITWEB関係は圧倒的に首都圏の方がスピードは早いですが、住宅も含めて少子高齢化の対策に対しては新潟の方が次の動きに出ています。(というか変化しないという生き残れないという危機感が強いです)


当社としても中小企業・店舗のサポートをしながらチャンスだと思い地方の課題に対して前向きに取り組んでいきます。

 

リプロネクスト公式|LINE@

リプロネクストの最新情報を配信しています。
友だち追加

関連記事

ページ上部へ戻る