ブログ

新潟で住宅購入を検討している人は「画像」を求めている!?〜Google検索のタブからわかる〜

これは住宅業界に関係ない方も自社がWeb広告でどういう部分に力を入れていくことが良いのかのヒントになると思います。っそれはGoogle検索一つの仕組みについてです。突然ですが、こちらの2つの検索は何が違うでしょうか?

検索キーワードの違い
キーワードで検索表示が変わる

当然検索キーワードが違うので表示される会社やお店も違うのですが、2点注目して欲しいことがあります。
1つ目は「新潟 注文住宅」と検索しておりますが、こちらは企業の広告や純粋な検索順位が表示されているのに対して、「新潟駅 居酒屋」はホットペッパーの広告に次に地図が表示されています。細かい説明は2点目もご覧いただいてから行います。

2点目はGoogleのタブの部分です

「新潟 注文住宅」の検索タブは、画像 → ショッピング → 地図 → ニュース → もっと見るとなっています。
「新潟駅 居酒屋」の検索タブは、地図 → 画像 → ショッピング → ニュース → もっと見るとなっております。

この2つ違いはユーザー(検索した方)がどちらの情報をより必要としているかの違いです。
「新潟 注文住宅」というキーワードだと地図をみたいという人よりもニュースをみたいという人よりも画像をみたいという人が多いというこです。

「どんな家にしようかなぁ」

「どんな間取りにしようかなぁ」

「こんなキッチンが良いなぁ」

と思って検索している人が多いんですね。


これが、「新潟駅 ラーメン」だとラーメンの画像を見たい人よりも行くお店を探しているため、地図で「ラーメン食べたいから近くにないかな?」という感じです。

Googleからすると「Googleをもっと使ってほしい」と思っているので、ユーザーが見たいものはよりみやすいようにキーワードごとにタブを変更しています。(本当は「ニュース」が見たいのに右側にあるとクリックしにくいですからね。)

これはスマートフォンでも全くおなじタブが表示されています。


新潟の住宅会社の方々は、出来る限り情報をWEB上に掲載することでお客様に見てもらえ、集客につながる可能性が高まります。
もし、写真撮影は行っているけれど、WEB上に掲載していないものがあれば、集客ツールとして掲載していくことがおすすめです。

 

リプロネクスト公式|LINE@

リプロネクストの最新情報を配信しています。

友だち追加

関連記事

ページ上部へ戻る