fbpx

NEXT BLOG

Googleマイビジネスの店名は正式名称に【ガイドライン違反が増加しています】

MEO(地図エンジン最適化)が集客できると話題になってきていますが、行き過ぎた対策はGoogleのガイドライン違反になり最悪情報が削除されてしまう可能性があります。

今回は、MEO対策で多い、ガイドラインの違反についてと、MEO対策おすすめの方法を紹介していきます。

Googleマイビジネスの店名は正式名称に【ガイドライン違反が増加しています】

MEO(地図エンジン最適化)とは?
MEO(Map Engine Optimization)は、主にGoogleマップを対象とした地図検索で自分のビジネス情報を上位表示をさせるための対策です。

Google検索・Googleマップで「地域名+業種名」で検索した際に赤枠の場所に上位表示されることにより、認知拡大・集客効果が大きく変わります。

MEO対策でで多いガイドライン違反

Googleマイビジネスの名称に検索ワードを入れると一時的に上位表示されるため、MEO業者の中でもかなりの割合でお店の名前にサービス名や地域名を入れている場合があります。

名古屋駅近くの整体+店名

こういった、地域名+サービス名をGoogleマイビジネスの名前として登録すると、検索した際に上位表示される傾向がありますが、決して真似はしないでください。

Googleのガイドラインの違反対象となっておりますので、しばらくすると削除されてしまう可能性があります。
以下、Googleマイビジネスガイドラインより抜粋

ビジネスの名称には、実際に店舗、ウェブサイト、事務用品などで継続的に使用し、顧客に認知されているものを使用します。正確なビジネス名を入力すると、ユーザーがオンラインで検索するときにお客様のビジネスを見つけやすくなります。

ビジネス名に不要な情報を含めることはできません。含めると、リスティングが停止される可能性があります。ビジネス名に含めることができる情報とできない情報については、以下の例をご覧ください。

  • マーケティング タグライン
  • 不可: 「グーグル銀行日本一便利」、「グーグル薬品気合いだ!
  • 可能: 「グーグル銀行」、「グーグル薬品」
  • 店舗コード
  • 不可: 「UPS ストア – 2872」
  • 可能: 「UPS ストア」
  • 商標または登録商標のマーク
  • 不可: 「バーガーキング®」
  • 可能: 「バーガーキング」
  • すべて大文字の表記(頭字語を除く)と不必要なスペース
  • 不可: 「S U B W A Y」
  • 可能: 「Subway」、「KFC」、「GU」、「IKEA」
  • 営業時間情報(営業中または準備中など)
  • 不可: 「ベストピザ 24 時間営業」、「グーグル アウトレット(準備中)」
  • 可能: 「ベストピザ」、「グーグル アウトレット」
  • 電話番号、ウェブサイトの URL(実際のお店やサービスで継続的に使用し、認知されている場合を除く)
  • 不可: 「エアポート ダイレクト 0120-123-1111」、「com」
  • 可能: 「エアポート ダイレクト」、「1-800-Got-Junk」
  • 特殊文字(%&$@/”など)または無関係の法的用語(実際の店名またはサービス名の一部である場合を除く)
  • 不可: 「Shell Pay@Pump」、「Re/Max, LLC」、「LAZ Parking Ltd」
  • 可能: 「Shell」、「Re/Max」、「LAZ Parking」、「Toys”R”Us」、「H&M」、「J.Maxx」
  • 取り扱っているサービスまたは商品の情報(実際の店名またはサービス名の一部、もしくは事業内の部門(「部門」参照)を特定するのに必要な情報である場合を除く)。サービス情報はカテゴリで表すのが最も効果的です(「カテゴリ」参照)。
  • 不可: 「Verizon Wireless 4G LTE」、「Midas 高級オートサービス」
  • 可能: 「Verizon Wireless」、「Midas」、「Best Buy モバイル」、「Advance Auto Parts」、「JCPenney 写真スタジオ」
  • 地域市区町村番地名などの所在地情報(実際のビジネスで継続的に使用し、認知されている場合を除く)。名前に所在地や道順を含めることはできません。
  • 不可: 「グーグルホテル(中央高速八王子インターすぐ)」、「グーグル銀行 ATM – 銀座 7 丁目、地下駐車場あり」、「神田駅前そば」
  • 可能: 「グーグルホテル八王子」、「グーグル銀行 ATM」、「かんだやぶそば」、「カリフォルニア大学バークレー校」
  • 出店先情報 お店やサービスが別の事業体の中にあることを示す情報(上部事業体と同じ組織か否かは問わない)
  • 不可: 「グーグル銀行 ATM(エキュート東京)」、「アップルストア グーグル ショッピング センター」、「グーズバー – 銀座三越」、「グーオート タイヤ部門(グーオート)」「グー買取センター(グーグルデンキ内)」
  • 可能: 「グーグル銀行 ATM」、「アップルストア」、「グーズバー」、「グーオート タイヤ部門」、「グー買取センター」

自分で出来るMEO対策

簡単なMEO対策はありませんが、地域名やサービス名を明確に記入する方法は他にもあります。

1:説明を活用

Googleマイビジネスはビジネスの説明を入れることができ、Googleのガイドラインとしても積極的に活用することをおすすめしています。

公開するコンテンツでは、お客様のビジネスの特長をアピールします。この欄を使用して、お客様のビジネスの目的、沿革、提供しているサービスや商品に関する情報を入力してください。

2:口コミ増加

「地域名+サービス名」で調べてみると口コミが多いところが上位に表示される傾向があります。来店してくれたお客様に口コミカードなどを配布してどんどん口コミをためていきましょう。
Googleの口コミは、他のポータルサイトとは異なり、お金を払えば口コミ評価がよるわけではないため、最近ではお店選びでGoogle の口コミを利用する人が増えています。

3:普段からGoogleマイビジネスを活用する

とても基本的なことですが、Googleとしてはユーザーの利便性を考えて、利用者の多いお店や会社を上位表示したいと思っています。

口コミが多いことに加えて、基本的な情報が入っていて写真も定期的に追加しているようなお店・会社はGoogleとしても人気があると認識してさらに上位表示をしていきます。

さいごに

Googleマイビジネスは細かいガイドラインがあり、「いつの間にか違反していた」ということがないように注意が必要です。

MEO対策については、小さな改善と活用ができているかで大きな差が生まれます。

もし、MEO対策について興味があるという方は、お気軽にご質問ください。

 

もし、この記事がおもしろかったという方は、TwitterなどSNSでシェアしていただけると嬉しいです。

 

関連記事

ページ上部へ戻る