NEXT BLOG

Googleマップの追加機能でお店選びが変わる

Googleが毎年開催している開発者向けの発表会「Google I/O 2018」で新しいサービスをいくつか発表しました。ネットニュースではGoogle homeが進化していたりAIについてが注目されていたようですが、私としてはARの部分が地方の企業やお店にも影響が大きいと感じています。
※「Google I/O」はGoogle Innovation in the Openの略式でグーグルアイオーと言います。

GoogleマップにAR機能が追加

企業やお店に注目して頂きたい機能はGoogleマップにAR機能が追加されたことです。
Googleマップで目的地を検索した時にスマートフォンの画面上に矢印を表示してくれるため、道に迷わなくなって便利になりますが、それだけでなくお店の情報もGoogleマップにAR表示されます。
例えば、目の前に飲食店があった時にGoogleマップを通してみるとそれがカフェなのかハンバーガーショップなのかもすぐにわかります。

見た目が良いからという理由での来店がなくなる!?

このAR機能があるとそこがどんなお店なのかだけではなく、追加機能でそのお店の口コミや店内の雰囲気もみることができるようになっていくはずです。そのため、今までは見た目の良いお店があった場合にそのまま来店につながったお客様が、見た目が良い時には一度Googleマップから口コミや中の雰囲気をチェックしてから来店するという流れになっていきます。

おすすめ度が点数で表示

さらにGoogleマップの追加機能ではおすすめ度を点数をつけて表示するようになります。
あなたがそのお店に入ることでどれだけ楽しめることができるのか?そしてその理由も説明してくれる機能です。今まではポータルサイトの口コミを見て来店していた人もGoogleマップを見て来店する数が増えていきそうです。さらに、これは全員が同じ点数を表示されるわけではなく機械学習によって個人の趣味嗜好に合わせてお店を紹介してくれるようになっていきます。

今後訪れる変化に備えて

これらのことは実際にGoogleが発表しているため今後数ヶ月以内に実装されるそうです。
実際に普及した場合には企業やお店の集客方法もガラッと変わる可能性があるので、今のうちに少しずつでもGoogleマイビジネス、Googleストリートビューなど対策をしていくことがおすすめです。
全く対策をしない状態で普及してしまうとGoogleマップに自分の会社やお店が表示されない可能性もあるので注意が必要です。

 

リプロネクスト公式|LINE@

リプロネクストの最新情報を配信しています。

友だち追加

関連記事

ページ上部へ戻る