NEXT BLOG

Googleに表示される「保存」とは何か?

Googleで企業・店名を検索すると「保存」という表示がでますが、これは何ができる機能かご存知でしょうか?
今回はGoogleマイビジネスの「保存」についての紹介と企業・お店が活用するメリットを紹介していきます。

Googleマイビジネス「保存」の表示場所

Googleマイビジネスの「保存」はGoogle検索でお店・企業名を入力した後に表示されます。

この「電話」「経路案内」「ウェブサイト」については使ったことがあるという方も多いと思いますが、簡単に説明をします。

電話:すぐにお店・企業に電話することが可能です。
経路案内:Googleマップからお店・企業に向かうことが可能です。
ウェブサイト:お店・企業のウェブサイトに移動します。

「保存」機能をタップ

「保存」をタップすると、お気に入り、行きたい場所、スター付きの場所とデフォルトで表示され、それぞれ選択することが可能です。
また、「+新しいリスト」から他の言葉のカテゴリをオリジナルで追加することが可能です。

試しに「お気に入り」で保存

実際に追加してみると「わたしの好きな場所」というリストが表示されます。試しに弊社の登録だけをしておりますが、他のお店・企業も保存するとリストが増えていく仕組みになっています。

ここまで目を通してもらった方の多くは「保存は何の意味があるの?」と思った方も多いと思うので、「保存」機能のメリットをユーザー側、ビジネスオーナー側のそれぞれで紹介していきます。

Googleマイビジネス「保存」メリット:ユーザー側

簡単に言うとSNSのフォロー機能がGoogle上で出来るというイメージです。
例えば、カフェ好きの人が、良いと思ったカフェを保存するとします。保存することで、「この辺りにカフェあったかな?」と思った時にGoogleマップを開くと保存したカフェを一覧で見ることができます。

また、過去に行ったことやカフェの店名を知らない場合でも、Google側がお気に入りの情報や過去に行ったお店の情報からあなたにお気に入りの情報をおすすめしてくれます。

近い将来は「新潟市 カフェ」などのキーワードでいちいち検索しなくてもGoogleマップを開けば自分にあった情報が表示される便利なサービスになっていきます。

Googleマイビジネス「保存」メリット:ビジネスオーナー側

機能はわかったけれど、お店や企業が「保存」を増やす努力をした方が良いのか?という問いには間違いなくYESと答えます。

その理由は、ユーザー側がGoogleマップをSNSとして利用するということは、企業側もSNSと考えてフォロワーを集めることで集客・認知度アップにつながるからです。

現在、お店に来てくれているお客様に対しては「保存」(フォロー)してもらうことで、Googleマイビジネスの投稿をした時の情報が届く可能性が高くなります

また、「保存」の件数が多いビジネスオーナーは新規顧客の集客につながる可能性も高まります。これはGoogleが公式で発表したことではありませんが、過去のGoogleの動きを考えると人気店の露出が増えるという流れは今後も止まらないでしょう。

人気店の露出は消費者も求めているので、Googleとしても検索順位の上位表示などの露出を増やす傾向があり、その人気店かどうかの判断を「保存」数を影響するということは充分に考えられます。

他店・他社が実施する前に取り組むことで効果大

ここまで読んでくださった方であれば、積極的に試してみようという方が多いと思いますが、今回のGoogleマイビジネスの「保存」機能に関わらずに新しいサービスについてはまずやってみるということをおすすめしています。

忙しいや、やることが増えるということはわかりますが、「周りがはじめてから」「事例が増えてから」という姿勢だと、取り組み始めた時には他社も当然動いているので大きな効果を期待することは難しく、効果が現れにくいから力を入れずにまた事例を探す…という悪循環になってしまう可能性があります。

全てのことに手を出すことは難しいとは思いますが、今回のGoogleサービスはリリース後の改善スピードも早いのでまずやってみることがおすすめです。また新たな動きが出たら紹介もしていきます。

リプロネクスト公式|LINE@登録はこちらから

リプロネクストではLINE@をやっています!
LINE@では以下の事を行っています。

・定期的な情報配信
・サービスに関する個別のお問い合わせ
・採用/インターンに関する個別のお問い合わせ

↓登録はコチラから↓
友だち追加

個別メッセージも受け付けています。是非、お気軽にお問い合わせください。
※個別メッセージは他の友だちには送信されませんのでご安心ください。

関連記事

ページ上部へ戻る