NEXT BLOG

Googleを名乗る営業電話の9割はウソ!?

Googleストリートビュー(室内版)/旧インドアビューについて、最近「県外の会社から営業電話がきたんですが、これって本当ですか??」という質問を頂くことが増えてきたので、その質問の回答を紹介していきます。

Googleから直接電話がきた

大前提として、サービスの販売する過程でGoogleの社員を名乗ることはできません。


フォトグラファーまたは代理店は、Google に雇用されているかのような誤解を招く表現をしてはいけません。お客様には完全に独立した事業体として偽りなく自己紹介し、Google に掲載する写真の撮影サービスという限定的な業務を行うことを伝えます。

その上で、Googleから直接電話がきて「ウェブについて一度会ってお話を・・・」という方の話を伺うとその全てがGoogleの社員ではなく、サービスを販売するために名乗っている会社でした。
※これは直接話を伺ったことがある方の話なので、Googleの社員から電話が来ることもゼロとは言い切れませんが。

その場合には、電話番号や部署名を聞いてみることをオススメします。ここで携帯番号以外教えてくれない場合は怪しいと思うべきです。

モデル店舗に選ばれた

これもすごくよく聞く内容ですが、「あなたの施設はGoogleストリートビューのモデル店舗に選ばれました」というものです。モデル店舗と言っても無料で公開してくれるわけではなく、◯万円引きという記載があるだけなので、実際には営業トークの一つです。
そのため、こういった内容はGoogle側から発信しているわけでもモデル店舗に選ばれたということもありません。

公開が義務付けられているのか?

よく伺う内容で「2020年までに全てのインドアビューを撮影することを義務付けていて、早めにしないとGoogleのアカウントから削除される」ということも聞いたことがありますが、これも完全なる間違いです。

確かにGoogleCMなどを見てもGoogleストリートビュー(室内版)の推奨はしているかもしれませんが、公開しないならといってアカウントを削除することはありえません。

Googleストリートビュー(室内版)が紹介されているCM

普通に考えたら、Google側が横暴な方法をとったらみんなGoogleの検索エンジンを使わなくなるため、メリットが何一つありませんが、営業を行う会社もプロなので、他にも不安を煽ることはよくあるそうなので注意が必要です。

Googleストリートビュー(室内版)を導入しようと思った場合

では、説明を受けてGoogleストリートビュー(室内版)が良いと思ったらすぐに契約しても大丈夫かというと1点注意があります。それは、1本の電話だけですぐに振込をしないことです。

実際に営業の電話が来てサービスを良いと思ったとしたら必ず「支払いは撮影後でも良いですか?」と確認することが大切です。それは、万が一撮影時にトラブルがあった場合に取り返しがつかなくなるからです。
「撮影ポイント数が少なくて見せたい部分を公開してもらえなかった」「編集の質が悪かった」「いつまで経っても公開されない」など何か問題が起きた時に困ってしまいます。

最後に

色々と書いてみてイメージの悪い内容でしたが、サービスの内容は本当に良いモノだと思っています!
今回の記事で伝えたかった部分は、サービスに関係なく営業の電話では少しでも怪しいと思ったら一度同じ悩みを抱えている人がいないか検索してみることが大切だということです。後悔しないように注意が必要ですね!

リプロネクスト公式|LINE@登録はこちらから

リプロネクストではLINE@をやっています!
LINE@では以下の事を行っています。

・定期的な情報配信
・サービスに関する個別のお問い合わせ
・採用/インターンに関する個別のお問い合わせ

↓登録はコチラから↓
友だち追加

個別メッセージも受け付けています。是非、お気軽にお問い合わせください。
※個別メッセージは他の友だちには送信されませんのでご安心ください。

関連記事

ページ上部へ戻る