NEXT BLOG

費用効果をあげるなら、広告は攻めよりもまずは守り

あの広告は効果ない この広告は反応があった
とお取引先から伺うことがありますが、その費用対抗は各媒体だけの成果ではないかもしれません。

攻めと守りの広告

広告というと紙媒体の新聞折込、DM、フリーペーパーやインターネット広告、SNS、動画関連、テレビ、ラジオ、新聞など多くありますが、スマートフォンやインターネットが当たり前の時代になった今では、攻めの広告よりも守りの広告が重要となっています。

攻めの広告は、消費者が受け身(何もしなくても情報が入ってくるようなもの)で、新聞折込、DM、フリーペーパー、CMなどは攻めの広告でこのブログをご覧いただいている皆さまの企業でも行っていると思います。

守りの広告は、消費者が能動的(検索・電話などの行動)をした場合に活用されるもので、HPの改善、Google広告、口コミ対策などはこちらに該当します。

この2つの広告はどちらも大切ですが、攻めの広告には力を入れているけれど、守りの広告には全く力を入れていないという企業は費用をかけている分の効果を期待することは難しいです。例えば、せっかくテレビCMやフリーペーパーへの掲載を行ったにも関わらず、企業名でGoogle検索しても電話番号が表示されないやHPが見にくいという場合は、たったそれだけでお客様との接点を逃していることになります。

費用面でも大きな違い

また、攻めと守りの広告は費用面でも大きく違いがでます。
攻めの広告は、消費者の方が望んでいない状態にも関わらず、自社のブランドや商品を見てもらうための方法なのでそれだけ費用もかかります。フリーペーパーを開いてみると住宅・不動産会社の広告だけで10社入っていることも珍しくありません。それだけ企業が入っている中でさらに目立とうとすると他社よりもさらに広告費を払わないといけないため、資金力のある企業が基本的には勝つという構図です。

それに比べ、守りの広告は自社・自社の商品に興味がある、または興味がありそうな消費者に向けてアプローチしているため、価格の競争が起きにくいです。例えば、基本的なところで言うと、無料のツールGoogleマイビジネスの登録で企業の情報、商品の写真、口コミが見れるようになるかどうかだけでも大きな差です。

また、当社サービスの一つ、一度登録すれば、半永久的に活用できるGooglストリートビュー(室内版)も攻めの広告で毎月・毎回の費用が発生するものと比べると集客するビジネスであれば必須事項だと考えています。

まずは守りを固めてみては?

間違えてほしくないのは事業を拡大していく上では攻めの広告は必ず必要です。
ただ、攻めの広告の費用対効果を上げていくには、まずは守りの広告の見直しと改善を行ってから攻めの広告を活用するという流れが大切だということです。

前々回のブログでも少し触れましたが、スポーツでも攻撃ができても守りが上手くいかないと勝ち続けるのが難しいのと一緒で、広告についてもまずは守りを強化することで、攻めにもチャレンジができると思うので、まずは守りの広告を改善するのがおすすめです。

リプロネクスト公式|LINE@登録はこちらから

リプロネクストではLINE@をやっています!
LINE@では以下の事を行っています。

・定期的な情報配信
・サービスに関する個別のお問い合わせ
・採用/インターンに関する個別のお問い合わせ

↓登録はコチラから↓
友だち追加

個別メッセージも受け付けています。是非、お気軽にお問い合わせください。
※個別メッセージは他の友だちには送信されませんのでご安心ください。

関連記事

ページ上部へ戻る