お問い合わせ

社長ブログ

リプロネクストの社長ブログ

やる気のある人とスキルを持っている人のどちらを評価するか?

最近は、会社の組織づくりについて考えているので、一つ考えを整理する上で紹介していきます。

 

やる気のある人とスキルを持っている人のどちらを評価するか?

 

これは、結構話題になるテーマだと思います。

ちなみに私は小学校から高校までサッカーを10年やっていましたが、この時にすごく感じていました。

才能はあるけれど練習をしない人と、下手だけど練習を一生懸命する人はどちらが報われるべきか?です。

おそらく、小さい頃でよくあるパターンは、基本的には練習の有無に関係なくサッカーが上手い選手が試合に出て、引退試合とか最後の試合の残り何分かで下手だけど練習を一生懸命頑張った選手を試合に出すことです。

 

仕事でも基本的には同じだと思っています。

効率的に成果が出せる人といつも残業してるけど成果が出ない人で考えると一目瞭然だと思います。

ただ、仕事の場合が学校の部活と違うのは、結果が出るまでに1年など短い期間ではないということです。

 

中学校の部活であれば、体格の差を考えると試合に出られるのは2年生か3年生だと考えると才能と努力の差を埋めるのは難しいかもしれませんが、仕事で言うと3年とか5年で勝負しても良いですし、10年とか20年で勝負をすることもできます。

また、サッカーと違って結果を出すために優秀な人が自分の周りにいれば、自分が点を取らなくても監督的な立場で勝負することもできます。

 

何を言いたいかというと、短期でみたら努力をしなくても結果を出した人が評価されると思いますが、やる気があって努力ができる人の方が成長するので、仕事の場合は最終的に結果を出す資質があると思っています。

 

こういう考えなので、私が一緒に働きたいと思う人は優秀な能力がある人よりもポジティブでスピード感があって周りに気を使える人です。

 

 

学生でも社会人経験が短くても大丈夫で、ベンチャーで頑張ってみたいという人がいれば、まずはお茶でもしましょう。

 

割と今のリプロネクストは、成長スピードがあってポジションも空いているので個人的にはおもしろいと思うので。業種的には、セールスディレクター/メディア運用/WEBデザイナー/広報が積極募集です。