お問い合わせ

社長ブログ

リプロネクストの社長ブログ

入社希望の方に知っておいてほしいこと


ブログをご覧いただいてありがとうございます。
新潟・東京で「リアルを届けるWebマーケティング企業」のリプロネクスト代表(5期目)の藤田が事業拡大を目指す上で気づいたことをまとめているブログです。
是非、ご覧いただいてTwitterもチェックいただけると嬉しいです。


 

ありがたいことに今年の春頃から本格的に求人募集をかけて数十人以上の方から応募をいただくことができました。

まだまだ、知名度の低いベンチャー企業にこれだけ興味を持っていただけるのは本当に嬉しく思います。

 

ありがとうございます。

 

一方で、周りから見たリプロネクストと実際の現状としては多少のギャップがあるかなと思っているので、ここは知っておいてほしいということを紹介していきたいと思います。

2021年は組織づくり元年

リプロネクストは2017年に創業をしたので、今年で5年目の会社です。ただ、最初の2年間は僕が1人で行っており、そこから少しずつ今の社員が入ってくれたので入社数ヶ月〜2年以内の人がほとんどです。

 

そして、2021年のスタート時点では5名の組織が今年は10名を超え、ここから次は30名を目指すところです。よく会社組織は10名・30名・50名の壁があると言いますが、その最初のハードルのやっと10名の組織です。

求められるのは自分で何とかする力

この組織づくりの部分は僕も他の経営者から話を聞かせてもらったり組織論の本を読んだりしていますが、きっと多くの会社がぶつかっている通り失敗もすると思います。

 

会社内で誰もが初めて経験することなので、答えもない中で意思決定して前に進めていかないといけません。

 

この壁にぶつかりながら行動するのは「周りの人に嫌われたくない」という思いが先行して課題を後回しにしていては、後により大きな壁となって前に立ちはだかるので、目の前の課題に逃げずに自分で何とかする力が必要です。

 

 

10人・30人・50人など組織の壁は中々経験ができないことでもあるので、この課題をある意味おもしろがれるような人だと、今リプロネクストに入るのは色々経験ができるのでチャンスだと思います。

リーダーやマネジメント層に興味がある人へ

これから数人規模の会社が数十名を目指す上で、間違いなくリーダーなどマネジメントの役職をつけないといけないです。

 

きっと、ベンチャーで働きたい人は「結果を出せばチャンスが広がる」と思っていると思いますし、会社としても成果主義にしていかないとこれから生き残るのは難しいと感じています。

 

ただ、多少良い結果程度だと今いる社員からは「自分の方が長く働いているのに何であの人が?」と思われることは事前に分かってほしいです。(おそらく今の社員は良い人なのでみんなそんなことは口にはしないですが。)

 

僕も会社の知名度がより低く・苦しい状況を乗り越えてくれている社員には感謝しかないので、これまでの経験が良いからと役職をつけるかはかなり慎重になるのが本音です。

 

社員、これから入社する人、さらに先に入社する人、全員に言えることですが、誰が見ても「あの人がリーダーだ」と言えるくらいの姿勢・結果を残すことを意識してほしいです。リーダーになる人は、上から降ってくるものではなく、自然と認められて選ばれるのが理想かなと思っています。

さいごに

リプロネクストはおもしろい会社だと思います。

 

今いる社員はみんな目の前の仕事をおもしろがっていて、挑戦する機会があり、その結果としてお客様から仕事をいただけて成長していく流れができつつあります。

 

 

この流れを人数が増えた時も続けることができれば、新潟(地方)でもどんどん挑戦していこうという雰囲気をつくることができると思いますし、そんな組織をつくっていきます。

 

ベンチャーが生き残って成長していく段階で厳しさは求めますが、個人・会社の成長と合わせて働く環境も良くしていくことを約束します。

 

 

是非、興味を持ってくれたら定期的に15分面談なども行っていますので、Wantedly/Twitter/問い合わせからご連絡ください!