お問い合わせ

社長ブログ

リプロネクストの社長ブログ

リスクをとるすすめ【お金か時間をかけて勝負する】

生後3ヶ月の娘が1週間便秘になったり、寝る前に泣き続けたりなど子育てに日々奮闘している藤田です。

 

子育てと働くバランスがとれている人は、本当に尊敬するようになりました。

 


 

さて、子育て以外にも介護や心身の調子などで限られた時間の中でパフォーマンスを出さないといけない人は多いと思います。私たちも年間3倍の成長を一つの目標として動いているので、時間は1分1秒大切にしています。

 

でも、これはみんな共通に思いながらも目標通りの成果をあげられる人とそうでない人の違いはなんでしょうか?

 

答えはいくつかあると思いますが、私は成果を上げるためのリスクをとっているかどうかだと思っています。

 

例えば、リプロネクストはインターネット広告に関する仕事をしていますが、よくある質問として「どの広告を行えば成果が出ますか?」と聞かれます。

 

これは言い換えると「失敗しないで大きな成果をあげられますか?」ということですが、こうやって客観的に文字として見ると「そんな考え甘くない?」と思うかもしれませんが、結構な頻度でこのような質問を受けます。

 

そして、結論としては「時間をかけるかお金をかけるかだと思います」という話をしています。

 

すでに成果が出ている分野については、すぐに成功事例が共有されてみんな真似をするので後発の人は少しの成果しか出ません。(例えるなら、5年前にYouTuberを始めていれば競合は少ないですが、今始めると競合も多いですし、さらに5年後に始めたらニッチな分野も減っているはずです)

何かに挑戦するのにすぐに成果をあげようと思うならお金をかけて、徐々に成果をあげたいと思うなら時間をかけるしかありません。

 

どちらにしろ大きな成果をあげるにはリスクを取る必要があります。

 

では、リスクがあるなら挑戦しない方が良いか?というと、リスクを全くとらないで日々を過ごしていることは長期的には一番リスクがあるかもしれません。

リスクをとる人は、短期的にみると時間やお金を損するかもしれませんが、その経験を活かして次の挑戦は成功確率が上がるかもしれません。

反対にリスクを取ったことがない人は、短期的には時間もお金も損はしないですが、何か壁にぶつかった時には経験がないのでできることが限られてしまいます。

 

 

ちなみにリプロネクストでは、どうリスクをとっているかと言うと、事前に判断の基準をつくっています。会社設立して2年目から年間3倍の成長で5年目100倍の成長を目指しているので「できるかどうかわからない」という場合には、目標を達成できるかどうかで判断しています。

 

実現するには、まだまだハードルはかなりあるんですが、リスクをとることが中長期での成果を左右すると思うので必ず目標達成できるよう進めていきます。