お問い合わせ

社長ブログ

リプロネクストの社長ブログ

地方移住が加速した時のメリット・デメリット

新型コロナでリモートワークが普及して「自宅で仕事するなら東京にいる必要なくない?」という人が急増しているようです。特に若い人は、お金も大切だけどそれ以上に自分の生き方を大切にしている傾向があるので、地方移住が加速するのではないか?というニュースが出ていました。

 

“地方に転職したい” 都市部の若者に意識広がる コロナ影響か

 

個人の生き方だけで考えると、幸せは人それぞれなので、僕がどう思っても関係ないので触れませんが、私たちも含めた新潟や地方企業にとっては間違いなく多くの影響があります。

メリット:首都圏の会社へのアプローチが効率的になる

まずリモートワークが増えることでリプロネクストにとってメリットとして考えられるのが、首都圏や県外の会社へのアプローチがしやすくなることです。

現在でも、リプロネクストには北海道から沖縄まで日本全国(たまーに海外)から問い合わせが来ていますが、打ち合わせが必要な時にお客様に合わせるとどうしても新幹線や飛行機で移動しなければいけませんでした。

交通費と時間を考えると結構大変でしたが、リモートワークが普及するとどの会社でもオンライン会議が当たり前になるので打ち合わせの効率がものすごくアップします。

単純計算ですが1件1時間の打ち合わせなら8件ならいけますからね。

 

新潟に会社がありながら全国のお客様と取引をしていく流れは今後加速できると思っています。

デメリット:採用活動が難しくなる

一方で採用面では難しいこともあると感じています。

新潟に住みたい若者は増えるかもしれませんが、勤務している会社は東京ということが当たり前に起きると、地元の企業は採用活動での競合が一気に全国の企業になります。

リプロネクストとしても、これから会社の規模を拡大していくことを間違いなく優秀な人と一緒に働く必要があるので真剣に考えています。

 

 

コロナで間違いなく大きな変化があるので少しでもプラスに変えることができるよう突き進みます。