お問い合わせ

社長ブログ

リプロネクストの社長ブログ

知ったことが頑張れない理由になりかねない


ブログをご覧いただいてありがとうございます。
新潟・東京で「リアルを届けるWebマーケティング企業」のリプロネクスト代表(5期目)の藤田が事業拡大を目指す上で気づいたことをまとめているブログです。
是非、ご覧いただいてTwitterもチェックいただけると嬉しいです。


自由気ままに書く内容ですが、ここをもっと知れば良いのになと思うことがあるのでメモ程度に。

 

 

先日、ある旅館で食事をしたんですが、純粋に「美味しい!」とか言えれば良いのに「この素材をつかうとこれくらいが仕入れ値かな・・・」とかを頭の中で一瞬で考えてしまいました。

 

おそらくスマホで普段から情報を得ていることで、何となく頭に浮かんだだけなんですが、これはいたるところにあるなと感じています。

 

僕は高校時代にサッカー部に所属していて、本当に毎日サッカーのことを考えて、どうすればうまくなるのか?どうしたら大会で勝てるのか?についてずっと考えていました。

お風呂に入る時も練習がない時にもサッカー雑誌を読んだり、録画したW杯の動画を見たりしていてそれが楽しくて仕方なかったんです。

 

ただ、周りの人に言われたのが「プロになれないのになんでそんなに頑張るの?」「受験勉強して良い大学入った方が良くない?」ということでした。

 

メリット面で言ったら真っ当な意見なんですが、エサがないと頑張れないって生きていてもったいないなとも感じます。

 

言い方を変えると常に他人と比べてしまっているのかと思うんですが、人と比べてサッカーが下手、人よりも学歴がない、人よりも収入が少ない、と思うのは全て知りすぎてしまったことでの不幸だなとも思います。

 

子供の時は、メリットなんて考えなくてただ公園で走っているのが楽しかったし、勉強も好きな教科であればどんどんやっていたはずです。

 

それがいつしか親や先生から「勉強しないと良い大学入れないぞ」「あの子はできるのになんでできないんだ?」と周りと比べられたことによって、目の前のことをおもしろがって前向きに取り組む能力を削がれてしまったのかもしれません。

 

自分の今の価値観や常識は、誰か知らない人が決めたことだと認識して、純粋に何をやりたいか?を深堀してみる機会もつくろうかなとこのブログを書きながらぼーっと思ってます。