お問い合わせ

社長ブログ

リプロネクストの社長ブログ

全部頑張ったら良いじゃん


ブログをご覧いただいてありがとうございます。
新潟・東京で「リアルを届けるWebマーケティング企業」のリプロネクスト代表(5期目)の藤田が事業拡大を目指す上で気づいたことをまとめているブログです。
是非、ご覧いただいてTwitterもチェックいただけると嬉しいです。


自分たちでコントロールができない世の中で、誰かのせいにしたくなる気持ちもありますよね。

 

僕も昨年は新型コロナウイルスの影響で、首都圏の仕事が延期・停止したことで3〜6月の売上がかなり落ち込んで、まずは社員と取引先に迷惑をかけないよう1年分のお金を銀行から借りたときには「新型コロナさえなければ・・・」と何度も思いました。

 

ただ、起きてしまったのは仕方がないし、僕よりも大変な思いをしている飲食店や会社は多数あるので、目の前のことに集中しながら生きています。

必死に生きている人が周りにいると感じてしまうのが、そこそこにやろうとしている人が気になったりします。

 

最近だとSNSやYouTubeでもいかに稼ぐかとか兼業・副業のススメみたいなことを目にして、兼業・副業については賛成ですしリプロネクストでもダメと言ったことはありません。

 

ただ、気になるのはたまにいる人で、

「会社員として収入を確保して自分のビジネスをやる」

「会社員として頑張るなんてカッコ悪い」

とか言う人には賛成ができません。

 

経営者の中でも

「家庭を大切にしているようではダメだ」

と言う人がいて、結構モヤモヤしていています。

 

個人的には、

全部頑張ったら良いじゃん

と思っています。

 

 

きっと、会社員として頑張らないとで個人の収入あげた方が良いよという人の中には、自分の中で10の力があるときに会社で働くことに8をつかってしまうと自分のビジネスに2しかつかえないから、会社の仕事を2とかにして自分のビジネスを8にした方が良いという思考なのかもしれません。

 

経営者でも同じく「家庭を大切にしていてはダメ」というのは、家に時間をつかうことは仕事にとってマイナスという考えなのかもしれません。

 

一方で冷静になって考えてみると何かに全力な人って何にでも全力で、反対に愚痴を言っている人っていつでも愚痴を言っていないですか?

 

仕事量が多い、取引先が協力してくれない、スキルがない、経験がないとか言いたい気持ちはわかるけど仕方ないです。

 

僕の考えは目の前のことを前向きにやろうと思っているので、仕事はもちろんですが人に会う時にも家族と過ごすにも愚痴は言わないよう意識しています。(家族からは仕事ばかりと思われているかもですが・・・)

 

会社での仕事も全力でやればスキルが身につくし、信用も得ることができます。家族と過ごす=マイナスということはなくて、どうせ一緒にいるならその場を全力で楽しむ。

 

スマホやSNSが出てきたことで、周りと比べて自分は・・・と思うのもわかりますが、まずは目の前のことを全部頑張ったら良いじゃん。

 

独り言でした