お問い合わせ

注目のコンテンツマーケティングとは?【価値を届けてファンを生む】

注目のコンテンツマーケティングとは?【価値を届けてファンを生む】

日々情報が溢れる現代社会の中で、ターゲットとなるユーザーへ情報をどのように届けるかというのは多くの企業が抱える課題です。
そんな中、注目されているマーケティング方法に「コンテンツマーケティング」があります。

今回の記事では、コンテンツマーケティングのメリット・デメリットに触れた上で、活用事例をご紹介します。

 

 

コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングとは、ユーザーにとって有益な情報を発信することで自社を知ってもらい、ファンを集めていくマーケティング方法です。代表的な情報発信サービスとしてはブログやSNSが挙げられます。

一時的なコミュニケーションではなく長期的な関係を築くことができるので、最終的に自社のサービスや商品のファンになってもらうことに繋がります。
それでは、コンテンツマーケティングのメリット、デメリットを3つずつ紹介していきます。

コンテンツマーケティングのメリット

1.ユーザーとの接点が広がる

顧客は大きく分けて、自分の求めているものが明確な「顕在層」と、求めていることがわからない「潜在層」に分類されます。一般的なWeb広告では、商品やサービスを求めている顕在層に対してのアプローチが多いですが、コンテンツマーケティングはターゲットユーザーが興味を持ちそうなコンテンツを発信していくので、顕在層と潜在層の二つの層にアプローチすること可能になります。顕在層よりも圧倒的に存在数の多い潜在層へ向けてコンテンツを提示することで接点が広がり、自社の認知度を高めることができます。

2.コンテンツが資産となる

自社で制作したコンテンツは会社の資産となります。
広告は配信期間が終わるとそこで終了してしまいますが、コンテンツは継続して発信を行うことでWeb上に残り続けるので、会社の資産として溜まっていきます。
また、質の良い記事は検索結果上位に表示されやすくなるため、長期的なアクセスが期待できます。

3.コンテンツが拡散されることがある

現代はSNSの普及により、情報が拡散されやすい時代です。
誰もが簡単に情報をシェアすることができるので、良質なコンテンツを制作した場合は多くのユーザーに届く可能性があります。その結果、ファンを増やすことができ、認知度を高めることができます。

コンテンツマーケティングのデメリット

1.運営に時間がかかる

コンテンツの制作を始める前は、ターゲットとなるユーザー設定や企画を行い、完成した後も内容チェックをするなど、企画から公開まで時間がかかります。さらに、定期的にコンテンツを更新していく必要があるので、制作に関わる人員含め長期的な運用体制の構築が必要となります。

2.即効性がない

コンテンツマーケティングは即効性の高いものではありません。Web広告とは異なり、すぐに効果は感じにくいものなのでアクセスが継続するまでは根気強くコンテンツを増やし、分析・改良を繰り返しながら運用していく必要があります。

3.広告費以外のコストがかかる

コンテンツマーケティングは、広告費の必要はなく、運営も社内で行う場合はコストを抑えることができます。しかし、社内で行う場合は他の業務についての調整も行う必要があるので、運用前には社内で取り組むのか、社外の方に依頼するのかと体制を整える必要があります。どちらも時間とコストがかかるので、事前に確認することが大切です。

コンテンツマーケティングの事例5選

それでは、コンテンツマーケティングの運用事例を5つご紹介します。どんな形でコンテンツマーケティングに取り組んでいるのか参考にしてみましょう。

1.株式会社LIG【記事コンテンツ】

株式会社LIGブログページ
株式会社LIGは、東京都に本社を構えるWeb制作会社です。
運営しているブログは10年以上続けており、認知度もかなり高いものになっています。業務に関する記事だけでなく、スタッフの日常を伺えるような記事やエンターテイメント色の強い面白記事もあり様々。クリックしたくなるようなインパクトのあるタイトル・アイキャッチをつけることで、コンテンツの魅力を高めています。

 

■LIGのブログページはこちら

2.ナイル株式会社【メールマガジン】

ナイル株式会社ブログページ
Webコンサルティング事業を行っているナイル株式会社は、SEOやサイト運営、マーケティングのノウハウといった情報を届けています。また、月に1回最新のSEOニュースをまとめた「SEOレポート」をメールで配信するなど、役立つ情報を定期的に配信しているのも特徴です。メールマガジンとブログを合わせ行うことで効果的な運営をしています。

 

■ナイル株式会社 ナイルのSEO相談室ページはこちら

3.株式会社キャリアデザインセンター【記事コンテンツ】

type トップページ

こちらの株式会社キャリアデザインセンターは、キャリア転職サイト「type」を運営しています。
転職やキャリアアップを考えるユーザーに向けて、IT企業の制作事例や、著名人のインタビューなどのコンテンツが公開されています。中でも「転職ノウハウ」コーナーでは採用担当者のインタビュー動画を掲載しており、転職希望者が知りたい情報を配信することで利用者に寄り添ったコンテンツ展開を行っています。

 

■株式会社キャリアデザインセンター type ページはこちら

4.WEST【動画コンテンツ】


アウトドア専門店WESTは、動画コンテンツを活用しています。
動画では、おすすめ商品の紹介や、アウトドア講座などを配信しており、アウトドア初心者でも見やすい内容になっています。近年動画コンテンツの需要が高まっていますが、動画コンテンツを配信する企業はまだ少ないので、今後に注目したいコンテンツです。

 

■WEST YouTube公式チャンネルはこちら

5.株式会社リプロネクスト【記事コンテンツ】

株式会社リプロネクストブログページ

弊社リプロネクストでは、Web事業やマーケティングに関する記事に加え、スタッフが定期的に更新する「スタッフブログ」の配信も行っています。オススメ記事や人気記事の表示も行っているので、注目記事をすぐ見つけることができます。

Webマーケティング活用についての基礎知識や解決方法はもちろん、日常がうかがえるスタッフブログもぜひ覗いてみてくださいね。

■株式会社リプロネクスト ブログページはこちら

まとめ:コンテンツマーケティングについて正しく理解し、効果的に運営しよう!

今回は、コンテンツマーケティングについてご紹介しました。
コンテンツマーケティングの手法を取り入れ、着実に集客やファンづくりに繋げている企業は増えてきています。

これから運用を考えてる方はメリット・デメリットを理解した上で取り組むことが大切です。

今回ご紹介した事例を参考に、商品やサービス・企業の魅力や思いを届ける方法として取り入れてみてはいかがでしょうか。

Lipronext編集部
Lipronext編集部
編集部
リプロネクストのサービスに関連するお役立ち情報などを日々配信中。