お問い合わせ
Webサイト
2020.05.17

WEBサイトの肝はデザインにあり【デザイナーが選ぶ美しいサイト事例5選】

インターネットが普及し、いまや9割近くの企業がWebサイトを開設しているほど重要な入り口となりました。
ビジネスとして効果的に活用するためにも、Webサイトの内容を明確にし、なおかつ見やすいデザインで役立つホームページにしていきたいですね!

 

今回は少しWebデザインについてお話します。

企業のWebサイトとは、内容・コンテンツの充実だけではなく「印象に残るサイトか」「わかりやすいサイトか」「再訪問してもらえるサイトか」など目から入る情報やその時感じた印象がとても大事です。では、どういったデザインが必要なのでしょうか?

 

なぜWEBサイトでデザインが大切なのか

もし、あなたが検索したWebサイトがこんな印象だったらどう思いますか?

 

・食べ物のサイトなのにサイト自体の色が派手すぎた
・迷路のようになっていて探したい内容を探すことができなかった
・問い合わせしたいのにお問い合わせボタンが見つけられなかった

 

など多くのユーザーが全体のデザインを理由に離脱をしてしまうということがあります。見た目のデザインも大事ですが、サイト内を案内する導線も「Webデザイン」です
レイアウト、配色、フォント、プログラムといったページ全体をデザインとして理解し、Webデザインの魅力を高めていきたいものです。

 

1,企業イメージや世界観を伝える

webデザイン

飲食店・医療・ファッション・住宅・士業・学校など様々な企業ジャンルがあります。ジャンルに合わせたターゲットの年齢、性別などをまずは明確にすることが大切です。

 

動画を入れたりどんな人が働いているかなど企業に合わせた世界観を演出することでどんなサイトだったか記憶してもらうことで再訪問もしてもらいやすくなります。見た目の記憶も重要なでデザインの一つですね!

2,他社との差別化を工夫

検索しているユーザーには何か理由があるはずです。そして人の目から入る情報は安心へと変わり今後を左右するとても重要ポイントとなってきます。

 

例えば飲食店。
いつ検索しても何年も変わらない写真が使われていたら、そのお店に足を運んでみたいと思いますか?こういう更新頻度がないサイトこそ離脱率をあげてしまうのです。

 

美味しそうな写真を撮って更新頻度をあげたり、bolgやSNSを使ったPR告知などWebサイトが常に更新され稼働しているという印象があるとどこかで「安心」へと変わりませんか?
そういうった小さい日頃の行動が行えるようなWebデザイン構築が重要となってきます。

 

スタッフが簡単に更新できるサイトか、そういったデザイン立案からもが、今後を左右するスタート地点とも言えます
さらに実際に足を運んでいない段階で「お店の雰囲気がわかるもの」というのはとても大事なキーワード。

 

個室があるか、店内の広さはどれくらいなのかなど伝えるためには「Googleストリートビュー(インドアビュー)」をサイト内に埋め込み表示させることで事前にお店の情報を伝えることができます。

 

Googleストリートビューは、ランニングコストがかからず半永久的に利用することができます
さらに写真や動画投稿同様に店内リニューアルがあったら最新のストリートビューを更新するなど気軽に相談ができ信頼できる企業を探しておくのも大切です。

3,自由度高く表現し、想いを伝える

Webデザインでは

 

・グリットデザイン
・カラムを組み合わせたデザイン
・フルスクリーンデザイン

 

といったデザイン表現があります。
雑誌のようなレイアウトデザインから余白をうまく使ったカード・タイル型のレイアウト、視線の導線が少なくストーリー性のある縦長ランディングページ、全画面を使って動画や写真を見せるデザインなどがあります。

自社製品をPRさせたい、欲しい・使いたい・買いたいと思わせることで再訪問してもらえるWebページが出来上がります。少しコラムのような「企業が伝えたい想い」を添えるだけで共感が生まれ信頼できる企業ページになります

美しいWebサイト事例

それではここからはデザイナーとして個人的に素敵だなと思う素敵なWebサイトのご紹介です!
デザインは肝とはいえ、内容にもかなり充実しているWebサイトをまとめてみました。

1,CRISP SALAD WORKS クリスプ・サラダワークス

店員の笑顔や店内の雰囲気がわかる写真から美味しそうな料理まで温かみを感じさせる美しいデザイン。食材への想いやお客様への配慮、さらにはSNSを使ったお店からの情報発信をこまめに行っております!

 

CRISP SALAD WORKS クリスプ・サラダワークス
ホームページはこちら

2,みるみるクリニック

常日頃健康であることは大前提、もしもの時に頼りになる医療機関。
ページを開くと可愛らしいイラストがお出迎えしてくれて安心を得られ、黄色や青などといった元気と安心を感じる配色になっています。初めての来院の方のためにも文章での説明があり、ユーザに対して親切を心がけているサイトです!

 

みるみるクリニック
ホームページはこちら

3,あおば会計事務所

イラストを用いることで親近感と印象に残りやすいWebサイトになっています。サービス項目には知りたい情報が1ページにまとまっており見たいページへと簡単に直結しています!

 

あおば会計事務所
ホームページはこちら

4,神勝寺 禅と庭のミュージアム

キレイな映像から始まるWebサイトの例として「その場所に行ってみたい」と思わせることができるWebサイトです。
ページをスクロールすると施設の案内や作品などが掲載されています。動画や写真でおしゃれなデザインから誘導するにはこういったデザインがおすすめ!

 

神勝寺 禅と庭のミュージアム
ホームページはこちら

5,株式会社ユニオンネット

Web制作会社ともあり、情報が整理され見やすい色使いと信頼感を伝えるサイトです!オンラインでの打ち合わせも可能で企業とコンタクトが取りやすいページ構成となっています!

 

株式会社ユニオンネット
ホームページはこちら

まとめ:見た目と色使いを含めたWebサイトを作ろう!

いかがでしたでしょうか?企業に合わせたコンセプトのもとWebサイトはデザインされています。フォントや色使い、お店との距離感なども全てデザインで繋がっています。
自社のWebサイトのリニューアルやアイデアに困った際に是非参考にしてみてくださいね!