お問い合わせ

LIPRONEXT BLOG

リアル×WEBマーケティング情報に

関する情報をお届けします

Webサイト
2019.03.01

フロー型とストック型Web広告とは?メリット・デメリット紹介

Web広告の費用単価が上がってきている、だからと言ってフリーペーパーや新聞折込などの紙媒体は効果が下がってきているからどうすれば良いんだ?と思っている方もいると思います。

今回は、Web広告のフロー型とストック型の2つの手法を使い分ける重要さとその方法を紹介したいと思います。
もし、Web広告についてどう進めていけば良いかわからないという方は、お気軽にご相談ください。

Web広告のフロー型とストック型とは?

フロー広告とストック広告を簡単に紹介していきます。

フロー型

日本語に訳すと「流れ」となりますが、Web広告に当てはめてみるとフロー型は資産にならない広告と言えます。
例えば、広告費を払わないと掲載されないポータルサイトへの掲載/リスティング広告/Facebook広告/instagram広告などがあげられます。(SNSに関しては、投稿が残りますが、一時的に見られるものがほとんどのためフロー型としています)

ストック型

日本語に訳すと「たくわえ」となりますが、Web広告で考えるとストック型は資産になる広告と言えます。例えば、自社サイトのブログ更新やGoogleマイビジネスやGoogleストリートビュー(インドアビュー)などがあげられます。

これらは、費用か時間をかければかける程、Web上に資産として増加していき、商品を欲しいと思った人がGoogleで検索をした際にブログやお店の情報がヒットすれば大きな集客効果が期待できます。

フロー型とストック型のメリット・デメリット

一見広告費をかけ続けなければならないフロー型広告に比べて、ストック型広告は資産になるため、ストック型のWeb広告だけをやれば良いのでは?と感じてしまうかもしれませんが、それぞれメリットとデメリットが存在します。

フロー型広告のメリット

・多くの人の目に留まる

・時間がかからない

フロー型広告のデメリット

・多くの広告費が必要

・媒体(サービス)によって結果が左右される

・専門的な知識が必要

 

短期間で告知したいイベントやブランド・認知力の向上を行いたい場合には、フロー型広告を活用すると効果が期待できます。


ストック型広告のメリット

・広告費を抑えることができる

・半永久的な効果が期待できる

ストック型広告のデメリット

・時間がかかる

・ブログなどは継続的な運用が必要

 

中長期のWeb広告として考えるとストック型は大きな効果を発揮しますが、短期間で成果を出したい場合には向いていません。また、ブログを継続的に運営していこうと思うと手間もかかります。

導入した8割が「やって良かった」と回答した
手間なしランニングコストなしのストック型広告「Googleストリートビュー(インドアビュー)」

フロー型×ストック型を使い分けることが強い

Web広告の結論としては、フロー型とストック型のそれぞれの良い特徴を理解した上で使い分けることがおすすめです。

ストック型のWeb広告について自社で出来ることを整理してコツコツと積み重ねながらフロー型広告を同時並行して行っていくというイメージです。
ストック型は時間がかかるので、成果が出るまでの期間はフロー型広告を行い少しずつ移行していくことが理想的だと思います。

もし、既に会社のブログは毎日更新してGoogleマイビジネスやGoogleストリートビュー(インドアビュー)も活用しているという会社であれば、更新内容の見直しを進めながらイベントやキャンペーン時にフロー型を活用してはいかがでしょうか。


Webマーケティング/Web広告というと次々と新しいサービスが出て流れについていくのが大変と感じるかもしれませんが、大きく分けるとフロー型とストック型のどちらかに当てはまると考えれば整理しやすくなるのでおすすめです。