お問い合わせ

LIPRONEXT BLOG

リアル×WEBマーケティング情報に

関する情報をお届けします

VR・360度
2018.09.04

不適切動画で注目される「VR×研修・採用」

最近はニュースでアルバイトスタッフが不適切な動画を撮影するという問題行為が取り上げられています。
定食チェーンの「大戸屋」は1日全店舗を休業して「従業員の再教育」と「店舗の清掃」を実施すると発表しておりました。その代償は1億円と算出されているそうです。

ここまで大きな問題にはならなくても、人手不足からとにかく採用を増やした結果、研修に時間がかかるという悩みは多くの方が抱えているのではないでしょうか?
今回は、注目されている社員・スタッフ研修でVR(バーチャルリアリティ)の活用メリットを紹介していきます。

「VR×研修」3つのメリット

1:言葉よりもリアルが伝わる

VR研修でリアルが伝わる社員・スタッフ研修というと、一同に集めて働くことやマナー研修などを実施するというイメージが強いと思いますが、中々スタッフに理解してもらうことが難しいことがあります。

居酒屋チェーンの「塚田農場」では、アルバイト研修としてVRを活用し、実際に料理として提供している宮崎県の養鶏場の様子をVR体験してもらう取り組みを実施しています。ヒナから成長した鶏が、丁寧な手作業によって高い品質を保つ血抜きを経て、食べ物になる瞬間をその場にいるかのような感覚で学べることで、食材のこだわりや大切さをスタッフが理解することができます。きっと上司の言葉で「宮崎の地鶏は美味しい」と伝えるのとでは、スタッフの気持ちは大きく変わるはずです。

また、当社の建設会社のお客様では、実際に現場で仕事をする前に危険な位置の確認や効率的な仕事の進め方を共有するためにVRで現場のリアルを伝える取り組みもしています。

こういった「リアルを伝えることができる」ということはVRの一つのメリットです。

2:時間と予算の削減

時間と予算の削減先程、紹介した「塚田農場」ですが、時間と予算の部分でも大きなメリットがありました。
VR研修の導入前は、宮崎の養鶏場を見に行くという研修も実施しておりましたが、全国2,000店舗のスタッフでの移動となると費用が億を超える金額になりますが、VR研修では、一度撮影が行い店舗にVRゴーグルがあれば時間や場所を選ばずに何度でも研修を受けることが可能です。

新しいアルバイトが入り宮崎県に研修を行うことは時間も予算もかかる上に一定期間で辞めてしまうかもしれないことを考えると、VR研修ですぐにリアルな研修ができることを考えると、時間とお金の面を考えても大きなメリットだと言えます。

3:採用時に注目される

採用活動でもVRゴーグルの活用を行っている企業も増えてきています。
業界によっては昔の悪いイメージが払拭できずに悩んでいる場合もあり、「知ってもらえれば会社の良さがわかるのに」と頭を悩ましている人事担当者の方もいるのではないでしょうか。

学生の多くはまだVRを体験したことがないため、VRで会社紹介という方法は注目されますし、実際に会社で働いている雰囲気を伝えることができるため、ミスマッチのリスクも軽減できます。

ちなみに採用ではありませんが、最近ではVRオープンキャンパスを実施する大学も増えてきています。

まとめ

人手不足がまだしばらく続く中で、社員・スタッフ研修の重要性がさらに高まっていきます。
伝わる研修/予算・時間を削減した研修/採用数アップなどを改善したい会社は、VRの活用で解決できる可能性があるので、導入メリットがあるかどうか気になる方は、
span style=”font-size: 16px;”>お気軽にご相談くださいね。