お問い合わせ

VR関連のベンチャー企業をまとめてみた【提供サービス別10選+1】

VR関連のベンチャー企業をまとめてみた【提供サービス別10選】

VR元年と言われた2016年から3年が経ち、VR関連のニュースを日常でよく聞くようになりました。VRに関するサービスも最近、街中でよく見かけますよね。
そんな、いま盛り上がりを見せているVR業界。VR関連の企業ってどんなものがあるか、気になりませんか?ということで今回は特にVRサービスを提供するベンチャー企業をまとめてみました。ぜひご覧ください。

 

VR関連のベンチャー企業10選+1

出典:THEVRFUND

 

こちらはweb上で公開されている業界MAPです。

また、日本企業バージョンの業界MAPも公開されています。

出典:VRInside

いかがですか?意外と多くの企業がありますね。
今回は、中でも「ベンチャー企業」に絞って10社紹介していきたいと思います。

コンテンツ制作

1.株式会社360Channel


まずは2015年創立の株式会社360Channel。年間500本以上のVRコンテンツ制作・配信を行う国内最大規模のVRコンテンツ制作&配信ベンチャー企業です。
社名にもなっている「360Channel」というプラットフォーム運営を行っていますが、新たに「VR PARTNERS」というサービスもリリース。これまでに蓄積したノウハウを活かし、VR映像企画から撮影・編集、配信、マーケティングプロモーション、効果測定までをワンストップで提供してくれます。
また、VR情報メディア「VRTIMES」も運営。VRに関するあらゆるニーズに応え得る企業ですね。

 

■公式サイトはこちら

2.株式会社カヤック


1998年創業の株式会社カヤック。自らを「面白法人」と名乗っている、面白い会社。自分たちが面白がり、周囲からも面白いと思われ、そして、誰かの人生を面白くしようという意味が込められているそう。そんな「面白法人カヤック」は、ゲーム事業等に力を入れている会社ですが、企画から実装、演出までを担う、「VR部」なるVRに特化した特殊部隊が存在
ミュージックビデオや、VR面接コンテンツ、VRゲーム、VRプロモーションコンテンツ…など、あらゆる分野のVRコンテンツ制作の実績があるんです。

 

■公式サイトはこちら

プラットフォーム運営

3.ナーブ株式会社


続いては、VRプラットフォーム事業のパイオニアともいえる企業、「ナーブ株式会社」。
得意としているのはライフスタイル領域におけるVRプラットフォームです。2015年に創業したナーブは、不動産や旅行、観光や物流といった領域で事業展開を進めています。
2017年には「VR内見™」をリリース。ナーブ株式会社が特に力を入れている事業で、その物件に実際に行かなくても物件のリアルな魅力を確認することが出来るんです。住宅関連会社にとって、販売促進の強力な味方ですね。

 

■公式サイトはこちら

4.InstaVR


こちらは、世界50,000社以上に導入されているVRアプリ作成ツールです。不動産、旅行、教育、オフィス案内、360度動画メディアなどのVRアプリを素早く簡単に作成し、ウェブ、iOS/Androidアプリ、その他のVRプラットフォームにワンクリックで配信することが出来るんです。
しかもソフトウェアのインストールやプログラム不要。専門知識や編集工程も不要。誰でも簡単にVRアプリやコンテンツを制作・配信できるんです。
事例には、コンテンツ制作における、制作スピードを133倍高速化・制作コスト99%削減という驚きの数字が。(株式会社日建ハウジングシステム 導入事例)
メディアにも多数掲載され、今注目の企業です。

 

■公式サイトはこちら

5.クラスター株式会社


こちらは、VRイベントプラットフォームを運営する「クラスター株式会社」。クラスターが提供するVR空間上で毎日様々なイベントが開催されています。ただ、イベントをVRで見学するだけではなく、アバターを用いて実際にイベントに”参加”することが出来るんです。
創業は2015年7月。肉体や空間といった「物理的制約」から解放し、もっと人々を自由に、そして、もっと人間の創造力を加速させたい。という思いからこういったサービスをスタート。創業者の熱い想いにも胸を打たれます。

 

■公式サイトはこちら

VRシステム開発

6.株式会社シーエスレポーターズ

続いては、最先端のデジタルプロモーションを提供する「株式会社シーエスレポーターズ」。2002年に設立し、新潟を本社に構えています。また、東京、フィリピンにもオフィス・制作スタジオを持っており、高品質でリーズナブルなサービスを提供しています。
さらには、先端コンテンツを活用した日本アニメのデジタルグッズ販売と技術研究を行う専門チーム「Gugenka」を組織。アニメ・漫画などの2次元の世界と私たちの3次元の世界を繋ぐサービスも提供しているんです。

 

■公式サイトはこちら

7.株式会社クロスデバイス


1998年設立の「株式会社クロスデバイス」。お客さんとコミュニケーションをとりながら、お客さんに対して最適な提案をしてくれます。競輪選手になったかのような体験のできるVRコンテンツの制作や、24時間対応の360度映像録画配信システム、VR映像等を活用したwebサイトなどのコーポレートツール作成などの実績があります。
VRコンテンツだけではなく、システム設計やweb制作、デザインなどあらゆる視点を組み合わせた提案・実装が強み

 

■公式サイトはこちら

VR関連ニュースメディア運営

8.株式会社Mogura


次は、VR専門ニュースメディア「MoguraVRNEWS」を運営する「株式会社Mogura」。年間800万人以上のユーザーを誇る日本最大級のVRニュースメディアなんです。2016年に設立されたこちらの会社は、「VRやARを社会に広げて、より豊かな”体験”を世界にあふれさせたい」という想いのもと運営されています。世界各地のVRに関する最新情報が毎日数本投稿されており、その投稿からも想いが感じられます。

 

■公式サイトはこちら

9.株式会社Timingood


こちらは、VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア「VRInside」を運営する「株式会社Timingood」。
VR関連の最新情報だけでなく、レビュー記事やレポート記事など、ニュースだけではない様々な情報が投稿されています。VR関連の仕事をしているビジネスマンにとっては必須の情報収集ツールになっていますね。

 

■公式サイトはこちら

 

コンテンツ&デバイス開発

10.株式会社ハコスコ

VR関連の企業としてもっとも知名度があるのが「株式会社ハコスコ」だと思います。
簡易生VRゴーグルやVRコンテンツを制作する他に、最近ではVRコンテンツのプラットフォームを狙った事業展開などもしています。

 

■公式サイトはこちら

11.株式会社リプロネクスト


最後は、私たちの紹介をさせてください。新潟にて2017年に設立した「株式会社リプロネクスト」。「リアルを届ける」「地方を挑戦する雰囲気に変えていく」という想いで事業を行っています。VRコンテンツ制作から、オリジナルVRゴーグル作成までを扱う、数少ない企業です。VRゴーグルに関しては無料サンプル配布も行っています。詳しくは、他のページもご覧ください。

 

■トップページはこちら

まとめ:VR関連ベンチャー企業はどこも勢いがある!

様々なベンチャー企業がありましたね。VR業界はクリエイティビティが求められる業界。どの企業も、革新的な組織づくりを行っていたり、クリエイター魂を持っていたり、面白く勢いのある会社ばかりなので、ぜひ調べてみてください。
VR業界をともに盛り上げていけたらと思います!