お問い合わせ

VRトラッキングとは?【VRの専門用語紹介】

VRトラッキングとは?【VRの専門用語紹介】

「VRトラッキングって何?」「どのような仕組みでVRは映像と動きが連動しているんだろう」

 

このように感じたことのある方もいるのではないでしょうか。

 

VRに関連する用語ってカタカナばかりの専門用語が多く、イマイチ内容が頭に入ってきませんよね。この記事では現実世界の中に、仮想世界を組み込むための技術であるVRトラッキングについてご紹介します。

 

VRの種類によってトラッキングの仕組みが異なったりするので、VR選びの一つの参考にしていただけたらと思います。ぜひご一読ください。

 

VRトラッキングとは

VRトラッキングとは、頭や手や身体などの動きを感知し追尾する技術のことをいいます。

VR体験を一度経験したことがある方には分かるとは思いますが、自分の頭の動きや手の動きに連動して、VRの映像もその通りに動きますよね。

それはVR機器に搭載されたセンサーによって正確に動きをトラッキングしているためです。

 

これはVRゴーグルの中でも「ヘッドマウントディスプレイ」と呼ばれるものを使用することで体験できます。顔を下げたら映像も下がり、周辺を見渡したら映像もそれに合わせて見渡すことができるんです。

 

感知できる動きや方向によって、3DoFと6DoFに分類される

VR機器のセンサーで感知する動きや方向によって、3DoFと6DoFに分類されます。

DoFとはDegree of Freedomの略称で日本語訳で自由度のことです。

自由度、すなわち感知できる方向が増えるほど、VR内での表現に幅ができます。

3DoF

自由度が3パターンあることを指し「頭の回転や傾き」までを感知してくれます。

頭の上下、左右、傾きに対応しており「Oculus go」や「Gear VR」などが該当します。

6DoF

自由度が6パターンあることを指し「頭の動きのみならず身体の動き」に対応します。

3DoFの要素に加え身体の上下、左右、前後の動きに対応しており、「Oculus Rift」「PSVR」などが該当します。

3DoFのVRよりも価格は高くなりますが、より没入感が高い体験をさせてくれるVR機器です。

VRトラッキングの種類をご紹介

VR機器のセンサーによって感知できる動きや方向があることをご紹介しました。

動きや方向を計測するためにどのような種類のトラッキングがあるのでしょうか。

ここではVRトラッキングの3つの種類をご紹介します。

 

・ヘッドトラッキング

・ポジショントラッキング

・アイトラッキング

 

それぞれ詳しく見ていきましょう。

ヘッドトラッキング

トラッキングの種類一つ目は、ヘッドトラッキングです。

頭に装着するヘッドマウントディンスプレイに搭載されているセンサーにより、頭の動きを追尾でき、360度どこを向いても頭の動きを感知してくれます。

動きに合わせて映像も連動するため、画面の中にいるかのような錯覚に陥ることも。

ポジショントラッキング

トラッキングの種類二つ目は、ポジショントラッキングです。

ヘッドマウントディスプレイの位置を追尾することで、頭の動きのみならず身体の動きも表現できるようになります。

2019年春に発売された「Oculus Quest」は6DoFの世界を味わえるということで注目を集めました。

ヘッドマウントディスプレイに搭載されている赤外線によって空間を把握し、映像に反映させています。

アイトラッキング

トラッキングの種類三つ目は、アイトラッキングです。

装着するVRゴーグルの内側部分にセンサーが搭載されており、目の動きや焦点を捉え映像に動きを反映します。

アイトラッキングを導入することによりVRの欠点、VR酔いの改善が図られています。

ピンボケのような焦点が合わなかった箇所も、アイトラッキングによって改善されるためです。

トラッキングの中でも最先端の機能で、HTC NIPPONの「VIPE Pro」に搭載されています。

まとめ

この記事ではVRトラッキングについてご紹介しました。

VRトラッキングとは、搭載されているセンサーによって動きを検知し追尾すること。追尾するセンサーも年々増えており3DoF、6DoFのVRが登場しています。

 

また、トラッキング方法もヘッドトラッキング、ポジショントラッキング、アイトラッキングといくつかあり、それぞれ特徴があります。

これから更にセンサーが搭載され自由度が増えていくことで、よりVR世界と現実世界の境界がぼやけ、没入感を強く味わえるようになると予想されます。

 

VRの中でのコミュニティー「VRChat」や「VR LIVE」なども盛り上がりを見せており、ますますVRの市場は拡がりを見せるでしょう。

今後のVR技術の発展には目を離せませんね。