お問い合わせ

VRを活用したマーケティングやプロモーションの最新事例をご紹介!【厳選5選】

「VR」と聞くと、どのような活用場面を想像するでしょうか。
ゲームやエンタメでの活用をイメージする方が多いと思いますが、実はビジネスシーンでも効果的に活用できます。最近では、マーケティングやプロモーション活動でVRを活用する企業も増えているなど、需要の高まっているコンテンツです。

 

今回の記事では、VRをマーケティングやプロモーションで活用するメリットと、活用事例についてご紹介します。VRを活用してのマーケティング活動を考えている企業の方や広告担当者様は、是非参考にしていただけたらと思います。

 

 

VRをマーケティングやプロモーションで活用するメリット

VRゴーグル 装着イメージ
VRとは「バーチャルリアリティー」の略で、まるでその場にいるかのようなリアルな体験を360度行うことができるコンテンツです。専用のVRゴーグルを装着することで、臨場感と没入感を一層高めることができます。

 

ここでは、VRがマーケティングやプロモーションで活用されているメリットを2つご紹介します。

1.リアルな「体験」を届けることができる

1つ目のメリットは、仮想世界をまるで現実世界にいるかのように「体験」できる点です。

擬似体験ができるというのはVRならではの利点。

 

リアルな「体験」が重要となる業種として、例えば不動産業界や観光業界が挙げられます。不動産業界ではお部屋の内装紹介にVRを活用することで、利用者はそこで暮らす時のイメージがしやすくなり、安心感を得ることができます。観光業界でも同様に、観光を考えているお客様は、観光地のVR映像などからそこでの過ごし方を体験できるので、期待を高めることにつながります。

 

このように、リアルな体験が可能になると安心感や期待感といったポジティブな要因をお客様に提供することができます。

2.一般の人が立ち入れないような場所での体験も広くできる

2つ目のメリットは、普段は訪れることができない場所での体験も可能になる点です。
例えば、好きなアーティストのコンサートへ行った際に「ステージから見た景色はどんな感じだろう?」と考えた経験はないでしょうか。VRではそういった普段は見ることができない場所も体験することができます。

 

アーティスト目線で観客席を眺めたり、動物と至近距離で触れ合えたり……。普段は見ることができないからこそ、VRで気軽に体験できるのは嬉しいですよね。
また、VR動画で撮影すると繰り返し見ることもできるので、臨場感のある体験を何度も行うことが可能になります。

YouTubeで「VR」と検索するとたくさんのVR動画が公開されているので、気になる方は体験してみてくださいね!

 

■関連記事:VR動画を視聴できるアプリ5選

VRを活用したマーケティングやプロモーションの最新事例

VRを活用することで、ユーザーにリアルな体験を提供することができます。
ユーザーが主体となり、自由に体験することが可能となるのでより強く記憶に残ることになります。

 

それでは、VRを活用したマーケティングやプロモーションの事例を紹介していきます。
今回は様々な業種の事例5つを厳選しましたので、ぜひチェックしてくださいね!

1.IKEA VRサービス

IKEA

出典:STEAM

世界各地にお店を構える有名な家具量販店「IKEA」は、バーチャル空間でIKEAのキッチンを歩いて回れる無料VRアプリ「IKEA VR Experience」を公開しています。
世界各国で利用可能なこちらは、3種類のモデルキッチンを自由に歩き回る体験ができるというもの。

 

家具の位置を調節したり、引き出しを開けるといった操作ができます。
また、体験する目線の高さを約100センチの子供サイズから、195センチの大人サイズまで調整することができるので、小さいお子様がいる家庭は、子供目線を体験することで購入時のリスクを軽減することができます。

 

■IKEA VR ExperienceサービスURLはこちら

2.株式会社宅都ホールディングス VR内見サービス

こちらの「株式会社宅都ホールディングス」は、住まいや暮らしに関する事業を展開する不動産会社です。事業では内見や接客場面にVRを活用するなど、幅広くVRを取り入れています。

 

繁忙期には学生向けに、現地に行かずに360度不動産VRで内見を行うサービスを提供したところ、多くの申し込みを得ることに成功しています。現地での内覧を行っていた時より作業効率化が上がり、利用者の方は現地まで行く負担が軽減し、お互いにメリットを増やすことができています。

3.新潟アルビレックスBB VR動画

こちらは、新潟県長岡市にあるBリーグ、「新潟アルビレックスBB」の五十嵐圭選手のスリーポイントの瞬間をVR・360度動画で撮影したものです。

 

バスケットゴールの裏側に小型360度カメラを設置して撮影することで、シュートの瞬間を間近でみることができます。シュートの瞬間は臨場感たっぷりで、何度も見返したくなる迫力があります。角度によって見え方が違うので、ぜひ様々な角度から楽しんでくださいね。VRコンテンツは、このようなスポーツ業界の場面でも効果的に活用することができます。

 

■新潟アルビレックスBB 紹介ページはこちら

4.江崎グリコ株式会社 VR動画

続いては、「江崎グリコ株式会社」が提供している360度VR動画です。
女優の綾瀬はるかさんが出演しているこちらの動画は、部屋のいろいろなところから綾瀬さんが登場し、応援してくれる内容になっています。

 

映像には3人の綾瀬さんが登場するという斬新なもので、360度VRの特徴を十分に活かした動画になっています。思いのこもった応援メッセージは何度も見返したくなりますね。綾瀬さんの明るさと、甘いお菓子のイメージが上手く組み合わさっているPR動画になっています。

5.専修大学 VRバーチャルツアー

最後に、VRを活用したバーチャルツアーの事例を紹介します。
専修大学は東京都千代田区と神奈川県川崎市にキャンパスを構える私立大学です。バーチャルツアーでは16階全てのフロアを体験することができるので、入学を考えている学生は、自宅からオープンキャンパスとして活用することができます。

 

まるでその場にいるかのように感じられるので、学校生活がイメージしやすくなりますね。フロアを事前に把握することで、入学前の不安解消にもつながりそうです。

 

■専修大学 紹介ページはこちら

まとめ:VRを活用して効果的にマーケティングやプロモーションを行おう!

今回はVRを活用したマーケティングやプロモーションの事例をご紹介しました。
VRを活用することでリアルな体験が可能になり、お客様に対してメリットを感じる部分が増えるのと同時に、企業側も自社・商品の魅力を詳細に伝えることができます。

これから5Gの時代に変わっていくことで、ますますVRの活用場面が増え、VRが身近なものになっていくと思われます。これからの時代に合わせて、企業PRにVRを導入してみてはいかがでしょうか。

 

弊社では、VR・360度コンテンツに関する事業を行なっております。今回の記事でVRに興味を抱いた方、疑問点などがある方はこちらからお気軽にご相談ください。また、弊社で制作いたしましたコンテンツについてはこちらからご覧いただければと思います。

 

■VRに関するお問い合わせはこちら
■リプロネクストの実写VRコンテンツ制作実績はこちら
■リプロネクストの実写VRコンテンツ制作についてはこちら

Lipronext編集部
Lipronext編集部
編集部
リプロネクストのサービスに関連するお役立ち情報などを日々配信中。