お問い合わせ

VRライブを実現できるプラットフォーム5選【誰もがライブ開催者に!】

VRライブを実現できるプラットフォーム5選【誰もがライブ開催者に!】

近年ますますの発展を続けているVR。

VR空間の中でゲームやイベントができたりと、エンターテイメントとしての幅が広がっています。

 

そんなVR技術を活用した「VRライブ」をご存知でしょうか。
本格的な機器がないと開催が難しいと思っている方も多いかと思いますが、スマートフォンがあれば開催できるライブもあるんです!

 

今回の記事では、VRライブを開催できる配信サービスをご紹介します。
VRライブをやってみたいと考えている方や、VRに興味がある方はぜひ参考にしていただけると嬉しいです。

 

 

 

VRライブとは

「VRライブ」とは、名前の通りVR空間(仮想空間)の中で開催されるライブイベントのこと。
出演者やスタッフ、参加者も全員自宅から参加できるのがVRライブの特徴です。それぞれ異なる場所にいながらも、全員が同じVR空間に集まることで同じライブを体験することができます。また、VRヘッドセットを装着することでより没入感溢れるVRライブを実現できるのでオススメです。

 

下記の記事ではVRライブ配信サービスをまとめているので、開催ではなく、参加者としてVRライブを体験したいという方はぜひご覧ください。

 

■関連記事:VRライブ配信サービスを5つ紹介【自宅でライブに参加する時代へ】

VRライブを実現できるプラットフォーム5選

VRライブについてなんとなくイメージができたでしょうか。
それでは、VRライブを開催できるプラットフォームを5つご紹介します。サービスによって特徴が異なりますので、それぞれチェックしてみてくださいね。

1.cluster

cluster

まずご紹介するのは「cluster」です。
こちらは株式会社クラスターが企画開発から運営まで行っているサービスで、バーチャル空間内でライブの開催・参加が可能です。こちらのサービスの特徴は、アカウント登録すれば誰でも無料で開催することができる点。PCだけでなくスマートフォンにも対応しているので気軽に利用ができます。
また、多数のユーザーにブロードキャストできるので多くの方を招くことも可能。音楽ライブやファンミーティング、トークイベントなど様々なシチュエーションで活用できるのも嬉しいですね。

 

■cluster公式サイトはこちら

2.Virtual Cast

Virtual Cast

こちらのサービスは「Virtual Cast」。
3DアバターになってVRライブやコミュニケーションを楽しむことができます。こちらのサービスの魅力は「凸機能」があること。様々なスタジオに遊びにいくことができる機能で、他のユーザーと一緒にお絵描きやゲームをしたり、同時中継で生放送を行ったりと、多くの方と交流を楽しむことができます。また、配信時にはコメントや画像をバーチャル空間に反映することもできるので、視聴者とのコミュニケーションを楽しむことができますよ。

 

バーチャル空間でもユーザーと「近い」コミュニケーションをとることができるので、一人一人と密な交流ができそうですね。

 

■Virtual Cast公式サイトはこちら

3.YouTube Live

続いてのサービスは「YouTube Live」です。
有名動画サイトYouTubeと合わせて、YouTube Liveを観たことがある人も多いのではないでしょうか。
Webカメラを活用して配信する場合は必要なアプリなどはなく、PCのブラウザから直接ライブ配信することができますが、360度映像を配信する場合はエンコーダの設定を行ってから動画を配信する必要があります。エンコーダを設定することで外部機器や、360度カメラからの配信が可能になります。
360度動画を配信する場合は、エンコーダ機器や専用の外部カメラが必要になるので注意が必要です。

 

■YouTube Live 360度ライブ動画のエンコーダ設定 詳しくはこちら

4.VARK

VARK

「VARK」はVR空間でライブイベントを楽しめるアプリケーションです。
Oculus Quest、PlayStation VR、スマートフォン(Android・IOS対応)からインストールできます。利用にはアカウント登録が必要になりますが、無料で利用することが可能です(アプリ内課金有り)。

ライブを開催する際はVARKへのお問い合わせが必要になります。VRライブサービスのプラットフォームとして有名なサービスですので、クオリティーの高いライブを行うことが期待できます。

 

■VARK 公式サイトはこちら

5.ぐるりVR LIVE

ぐるりVR LIVE

最後に「ぐるりVR LIVE」をご紹介します。
ぐるりVR LIVEは、視聴者へリアルタイムで360度VR動画を配信するサービスです。イベントや音楽ライブ、講演、施設案内など多くのシーンで活用できます。従来の平面VR動画だけでなく3D立体視のVR動画にも対応可能なので、より没入感の高いライブ配信を行うことができます。
また、事前の下見や機材のセッティング、撮影から配信までをプロの方が行ってくれるので、安心して対応をしてもらえるのも嬉しいポイントですね。

 

■ぐるりVR LIVEページはこちら

まとめ:VRライブサービスを活用してライブを行おう!

今回はVRライブを実現できるプラットフォームをご紹介しました。
VRライブを行う際のサービスによっては、必要なデバイスやアプリなど、用意するものが多いこともあるので自分の希望に合わせたサービスを活用することが大切です。

 

VRライブは開催者側も参加者側も自宅にいながら楽しめるので、今の時代には嬉しいコンテンツです。VRライブ配信サービスの知名度はまだ高いとは言えませんが、これからの時代ますますVRライブの活用の幅が広がっていきそうですね。

Lipronext編集部
Lipronext編集部
編集部
リプロネクストのサービスに関連するお役立ち情報などを日々配信中。