お問い合わせ

バーチャル展示会をわかりやすく解説!【メリット・デメリット&事例】

バーチャル展示会をわかりやすく解説!【メリット・デメリット&事例】

新型コロナウイルスの影響で、大人数が集まるイベントの開催が難しくなっています。開催予定だったイベントの中止や、延期となっているところも少なくありません。
そんな中、バーチャル空間で開催される「バーチャル展示会」に注目が集まっています。

 

この記事では、バーチャル展示会を開催するメリットとデメリット、事例をご紹介します。今後、バーチャル展示会を開催しようと考えている方や展示会の開催スタイルについて悩んでいる方はぜひチェックしてください。

 

 

バーチャル展示会とは

バーチャル展示会とは、リアルな会場で行っていた展示会をオンライン上で再現する方法です。

 

これまでは会場に人が集まって対面で行うことがほとんどでしたが、コロナ禍で人の動きに制限が生まれ、リアルな展示会の代替手段としてバーチャル空間での開催が注目を集めています。
開催スタイルは大きく二種類に分けられ、実際の会場を撮影or完全CGで再現する方法があります。

バーチャル展示会のメリット

それでは、バーチャル展示会を開催するメリットはどのようなものがあるのか見ていきましょう。

1.場所や時間の制約を受けない

バーチャル空間上で開催される展示会は、場所の制約を受けません。
オンライン上でどこからでもアクセスができるので、世界各地から参加を募ることも可能です。
また、Web上にコンテンツを残しておくことでいつでもアクセスができるようになり、時間が合わずに参加ができないということがなくなります。自然災害や交通の影響を受けることもないので、広い範囲から参加者を呼び込むこともできるでしょう。

2.密を避けて開催できる

新型コロナウイルスの影響でリアルなイベントの開催が困難となっていますが、バーチャル展示会は仮想空間で開催されるので、コロナ禍の中でも密を避けた上で安心して開催できます。そのため、主催者側だけでなく、参加者側にも安心を届けることが可能です。

3.若年層にPRできる

バーチャル展示会は、若年層へのPRにも効果的です。
デジタルネイティブと呼ばれる若年層は、会場へ行くよりもバーチャルの方が手軽にアクセスできるから便利、と思う方も多いでしょう。若者をターゲットとした展示会なのであれば、バーチャル空間を活用して開催するのもおすすめです。

バーチャル展示会のデメリット

次に、バーチャル展示会のデメリットをご紹介します。

1.サイト設備が必要

バーチャル展示会は、サイト構築や来場管理等のシステムづくりが必要です。
それらのシステム制作には専門知識が必要になってくるので、はじめて開催する場合は余裕を持った準備が必要でしょう。また、コスト面に関しても物理的な会場費は抑えられますが、サイト構築時の費用がかかってくるので事前確認が必須です。

2.リアルな「体験」の提供が難しい

バーチャル空間は臨場感の高い空間を作ることができますが「商品を手に取る」「触って使ってみる」といった、リアルな体験はできません。
最近ではテクノロジーの発展により様々なサービスが登場していますが、実際を完全に再現することは難しいでしょう。参加者に満足してもらうための+αのアイデアも重要になります。

3.その場でのやりとりが難しい

名刺交換や、その場で生まれる会話を楽しむといったアクションが、リアルと比べると困難になります。データ上で名刺交換や、訪問者数等の自動集計を行う機能もありますが、現場で生まれるコミュニケーションをそのままに表現をするという面ではまだ課題が多いです。

バーチャル展示会の開催事例3選

それでは、実際のバーチャル展示会の事例を見ていきましょう。ここでは3つの開催事例をご紹介します。

1.オートサロン

オートサロン

こちらは、東京オートサロンを3D空間で体験できる「バーチャルオートサロン 」です。
東京オートサロンとは「チューニングカーの祭典」とも呼ばれるモーターショーで、毎年1月第2週の週末に開催されているイベント。こちらのバーチャルオートサロンでは、実際のイベント空間をそのままにスマートフォンやPCからアクセスすることができます。

365日無料でアクセス可能なので、ファンの方には嬉しいですね!

 

■バーチャルオートサロンページはこちら

■バーチャルオートサロン 詳細情報はこちら

2.DMG森精機

続いては、大手機械メーカー「DMG森精機」が提供する「デジタルツインショールーム」。
このショールームは「伊賀グローバルソリューションセンタ」をフルCGで忠実に再現しています。展示されている機械は40種類以上あり、ボリュームのある展示会を楽しめそうです。
また、マップ内に動画や商品紹介のリンクを埋め込むことで、来場者が情報を捉えやすくする工夫も施されています。

 

■DMG森精機 デジタルツインショールームはこちら

3.イグス

イグス

こちらは、機械部品の開発・製造・販売を行う企業「イグス株式会社」が提供するバーチャル展示会です。
バーチャル展示会は実写で再現されているので、実際の展示会のようにブース内を見て回り、製品紹介やサイトに埋め込まれている動画から情報を得ることができます。こちらの展示会の特徴は、関連パンフレットや製品カタログがもらえる点。まさに実際の展示会と同じような感覚で、バーチャル展示会を楽しめます。

 

■イグス バーチャル展示会はこちら

まとめ:バーチャル展示会で24時間365日、商品をPRしよう!

今回の記事では、バーチャル展示会のメリット・デメリット、開催事例をご紹介しました。

 

バーチャル展示会は、場所や時間の制約を受けずコロナ禍でも安全に開催できるメリットがありますが、反対にリアルな「体験」の提供が難しいというデメリットも存在します。
しかし、大人数のイベントの開催が困難となる中、今後はニーズが高まり、さらに注目を集めていく開催スタイルになっていくでしょう。

Lipronext編集部
Lipronext編集部
編集部
リプロネクストのサービスに関連するお役立ち情報などを日々配信中。