お問い合わせ

LIPRONEXT BLOG

リアル×WEBマーケティング情報に

関する情報をお届けします

スキル 経営
2019.09.25

人手不足がIT化を促進する!?【中小企業が導入できるITを紹介】

人手不足と度々叫ばれる中で、地方企業はより深刻な状況です。

・人を募集しても全く来ない

・仕事量が多すぎで現場が疲弊している

・営業マンがいないから売上が伸びない

 

など、皆さんの会社でも当てはまることもあるかもしれません。

そんな、人手不足はどの会社でも苦しい悩みですが、裏を返すと会社が変わるチャンスと捉えることもできるのではないでしょうか。

特にIT化を進めることで、改善できる部分もあるはずなので、今回は中小企業向けに簡単にIT化ができる部分を紹介したいと思います。

中小企業のIT化におすすめのサービス

無料求人サイトへの掲載

IT化の前にどうしても人が足りないという方向けに最初に無料で掲載できる求人サイトを紹介します。

実際に、リプロネクストでも掲載して効果があったもので「これだけ使えて無料なの!?」と思うサイトを2つ紹介します。

Indeed

テレビCMでもおなじみのIndeedですが、その圧倒的な知名度があってかなりの人が利用しています。

特に地方企業だと、求人広告に予算を割かない傾向もあり、大手求人サイトには情報が少ないため最初からIndeedを見るという方もいるくらいです。

 

デメリットとしては、無料掲載だと新しい求人が追加される毎にIndeed内の検索順位が下に行ってしまう点ですが、掲載してみて損はないサービスです。

 

求人ボックス

Indeedに比べると知名度は低い求人ボックスですが、検索順位に強いのが特徴です。その理由は、Indeedは一定期間を過ぎると求人情報を消す方針ですが、求人ボックスは自分で公開を止めない限り常に求人情報が表示されます。

 

良い人がいれば常に採用したい会社であれば、求人ボックスに一度登録しておくのはおすすめです。

 

業務効率化に社内チャット

人手不足と合わせて働き方改革も進んでおり、少しでも業務効率化を行いたい場合は、社内の連絡ツールを見直すことがおすすめです。

緊急時以外で、社内の連絡を電話でやりとりをすると、電話を受ける側は一旦仕事の手を止めて受けなければなりません。

また、メールの場合も「◯◯さん、お疲れさまです」をつけなければならないことや「取引先とのメールと混ざってわからない」なんてこともあり、1日数分かもしれませんが、それが1週間1ヶ月、3人10人と考えるととても時間のロスがあります。

 

ちなみにリプロネクストで使っているツールをいくつか紹介します。

 

LINE WORKS

プライベートで馴染みのあるLINEの仕事バージョンです。

特徴としては、年齢関係なく使い慣れているLINEと同じ感覚で仕事ができるので、導入のハードルが低く、「了解しました」「お願いします」などの連絡もスタンプ1つで終わらせることができるので非常に楽です。

 

ちなみに、「プライベートのLINEは仕事で使いたくない」という方も新しいアカウントを作成して使用することができるので安心です。

 

Slack

IT系の会社で使用することが多いSlackですが、リプロネクストでも以前はメインで使っていました。プロジェクト単位でグループ(チャンネル)を分けることや他のサービスとも連携することができるのが特徴です。

 

デメリットとしては、ITツールに慣れていない人だとやや使い方が複雑な印象があります。

 

ChatWork

Slackは難しそうで嫌だという方には、ChatWorkはおすすめです。使い方がとてもシンプルで、個別のやり取りやグループでのやりとりができて、画像素材もバンバン送ることができるので、「外出先で写真を撮って共有しよう」とかも簡単にできます。

 

メールの延長上で、もっと気軽に使いたいという方にはおすすめです。

 

ちなみにリプロネクストでは、社内用としては使用していませんが、関係の深い取引先の方とはChatWorkでやりとりしています。

 

タスク漏れ対策なら「Trello」

1人当りの仕事が多いと、どうしてもやらないといけないことを忘れてしまったり、漏れてしまったりということが発生してしまいます。

そんな、個人の能力頼りになっていた仕事を管理することができるのが「Trello」です。

 

特徴は、個人やチームでやらなければいけないことを付箋で貼っているような感覚で使用することができ、作業や確認が終わったら移動して現在の仕事がどうなっているかを一目で確認することができます。

営業電話に出るのが大変!?電話代行サービス

少人数の会社だと会社にかかってきた電話に出そびれてしまったり、営業の電話が毎日のように来て嫌になったりしないでしょうか?

取引先との電話は、直接担当者の電話に来て会社に来るのは営業電話が多いという方であれば、電話代行サービスの活用がおすすめです。

 

会社に来た電話を、しっかりと会社名を名乗って受け取ってくれて、担当者の携帯電話に転送してくれたり、不在と伝えて内容をメールで送ってくれたりします。

どこまで対応してくれるかで料金が変わりますが、電話の度に手を止めて仕事が終わらないということであれば、電話代行サービスを一度検討してみてはいかがでしょうか。

 

営業マン不足にインターネット広告

新規営業というと飛び込みやテレアポを想像する方がいるかもしれませんが、どうしても契約になるまでの時間がかかります。

人手不足の状態だと、十分にアプローチすることも難しく営業マンの能力の差など個人の力にどうしても左右されてしまうリスクがあります。

 

効率的なアプローチを続けたいということであれば、インターネット広告はおすすめです。

 

おすすめの広告も一部紹介します。

リスティング(検索連動型)広告(Google/Yahoo)

GoogleやYahooで指定のキーワードを入力した際に自社の広告を出すことができるサービスです。特徴は、ユーザーが検索する=ニーズがある人に対して広告を配信することができ、クリックされた場合のみ1クリックおおよそ100~300円程の広告費がかかります。

 

リプロネクストの場合:「オリジナルVRゴーグル」などのキーワードで配信しています。

 

Facebook広告

年齢/地域/関心毎などのターゲットを絞って広告を配信することができるのが特徴です。

Facebookユーザーは年齢層が高い傾向にあり、またmessengerを仕事で使う方も多いのでビジネス系の告知に使うとより効果があります。

 

事例

 

その他、ビジネスに合わせてInstagram/Twitter/LINEなども効果的に活用できるので一度低単価で試してみて反応を見ながら予算を増やしていくのがおすすめです。

 

YouTube(動画)広告

他社と差別化を図る広告を行いたいならYouTubeの活用はおすすめです。最近では、動画が普及していると言われながらまだまだ効果的に活用できている会社は一部です。

 

広告コストの削減にストリートビュー

これは、会社の告知も入っていますが、自信を持っておすすめしているので紹介させてください。

ストリートビューは、月額/更新費用がなくGoogleサービス/イベント/ホームページなどに会社・店内の雰囲気を掲載することが可能です。

 

何かを告知をする時に各広告を制作すると思いますが、ストリートビューは一度制作すれば半永久的に活用することができるため、リプロネクストでも一番問い合わせの多いサービスです。

 

まとめ

中小企業が導入できるITサービスについて紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

人手不足の解消は、簡単には解消できないかもしれませんが、ITの導入は比較的時間もかからずに実施することが可能です。

 

まずは、お試しで1つでもIT化を進めてみてはいかがでしょうか。

積極的に導入したい場合などは、サポートもしておりますのでお気軽にご相談ください。